映画『台北の朝、僕は恋をする』あらすじとネタバレ感想

台北の朝、僕は恋をするの概要:2009年製作の台湾・アメリカ映画(原題:頁台北)。平凡な主人公の男と可愛いらしい本やに勤める女性の交流を周囲を巻き込んで展開していくラブストーリー。

台北の朝、僕は恋をする あらすじ

台北の朝、僕は恋をする
映画『台北の朝、僕は恋をする』のあらすじを紹介します。

恋人がパリに留学することになって寂しい気持ちのカイ。
いつかは自分もフランスに行きたいとフランス語の勉強をする。
そんな時、通っている本屋で勤める可愛らしいスージーと会話を交わすようになっていった。
しかし彼女の心が変わってしまうのではと心配なヤオは、不動産業を営む叔父に頼み金を借りる。
そしてパリに行くことを決めたのだ。

しかし叔父から借金に条件をつけられた。
それは小包を運んでほしいということ。
パリへ行く夜、カイは親友と屋台へ食事に出かけた。
するとそこで書店で働いているスージーと会い、3人で食事をすることになる。

その帰り、小包をねらった叔父の親戚ホンから襲われてしまう。
そこに巻き込まれるスージー。
小包は何なのか?
実は大したものではなく、ホンをおびき寄せるためのおとりだったのだ。

ホンは警察に逮捕され、カイはパリへ再び向かうためタクシーに。
しかしスージーのことが気がかりなカイは、タクシーで書店へ向かう。
そこでお互いの気持ちに気が付くのだった。

台北の朝、僕は恋をする 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:85分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:アーヴィン・チェン
  • キャスト:ジャック・ヤオ、アンバー・クォ、ジョセフ・チャン、クー・ユールン etc

台北の朝、僕は恋をする ネタバレ批評

映画『台北の朝、僕は恋をする』について、感想批評です。※ネタバレあり

台湾の魅力が溢れた映画

作品の内容が男女がトラブルに巻き込まれ台湾の町を逃亡、そして結局二人は恋愛関係に発展というありがちでわかりやすいラブストーリーである。
この台湾逃亡劇で出てくるのが、台湾が一番賑わう夜の繁華街、深夜に嘘みたいに静けさが漂う町並み、屋台が日常の騒がしく人が集まる早朝の喧騒。
これを非常に魅力的に撮影していて、台湾の観光ガイドのビデオでも見ているようだ。
この映画を見ていると思わず台湾に行きたくなってしまう。
台湾愛をこれでもかというくらいに感じるのだ。
だからこそその愛が映像に滲み出て、何てことない風景やシーンでさえ楽しめるのだろう。

ドタバタ感が他より薄い

台湾の映画やドラマはドタバタ劇がうりである。
恋愛関係になりそうな二人をあの手この手でトラブルに巻き込み、あげくコメディ映画かと思わせる演出で日本人はたまにきまづさを感じる人もいるのでは?
要はジャンルの方向性が変わることがあるのだ。
しかし本作品はそのドタバタ感はうすめで、心地よさが漂う。
作品としてのバランスはほかの台湾映画よりも良く、あの
騒々しさが苦手だと言う人にも楽しんでもらえる作りとなっている。

主役たちのほのぼのさが可愛らしい

ボーッとして憎めない男性と、アクティブなのにどこか引き込まれる謎めいた可愛さがあるヒロインがこの作風にぴったりである。
よくぞこの二人を探してきてくれたと言いたくなる俳優で、最後には感情移入してしまう自分がいる。
自然に入れこんでしまうのがこの作品の特徴である。
ありがちな出会いとありがちな恋模様だが、なぜか新鮮でどこかイレギュラーな作風に感じる。
この主人公たちでなければまた違ったものになってしまったであろうし、映画の世界観を壊していたかもしれない。
この配役だからこその作品である。

台北の朝、僕は恋をする 感想まとめ

台湾映画はほんわかしたイメージがあることが多い。
緑や田舎の風景も登場し、ぼーっとした男性とアクティブなヒロインが織り成すドラマが多かったりもする。
しかし、ラブコメのドタバタさといったら群を抜いている。
アニメや漫画をモチーフにしているのかと思わせるくらいのコミカルさも珍しくはない。
そんな中御約束通りのドタバタを見せながらも、全体をうまくまとめている本作品はかなり面白く魅力的である。
配役のセンスの良さも監督ならでは。
この2人じゃなければ実現することが無かったであろう映画の雰囲気が非常に可愛い。
台湾映画を見たいが何を見たらよいかわからないという人にはぜひ、おすすめしたい。

Amazon 映画『台北の朝、僕は恋をする』の商品を見てみる