映画『TAJOMARU』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「TAJOMARU」のネタバレあらすじ結末

TAJOMARUの概要:代々管領職を担う家柄の次男が画策によって家を追われ、盗賊多襄丸と出会う。愛する女や全てを奪われた次男。多襄丸を倒し名前と剣を継承後、新多襄丸となり陥れた家臣への復讐と、愛する女を取り戻す姿を描いた作品。

TAJOMARUの作品概要

TAJOMARU

製作年:2009年
上映時間:131分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:中野裕之
キャスト:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ etc

TAJOMARUの登場人物(キャスト)

畠山直光 / 新多襄丸(小栗旬)
代々管領職に就いてきた畠山家の次男。聡明で賢く気概もあるが、純粋。相次いで裏切りに遭い、絶望の果てに盗賊多襄丸の名を継ぐことになる。
阿古(柴本幸)
大納言家の娘で直光の許嫁。直光を守るために彼を裏切る。信綱に汚されたことを酷く悔いており、自ら命を絶とうと地獄谷へ投身するほど、一途で強い心を持つ。
桜丸(田中圭)
天涯孤独の盗人だったが、畠山家へ盗みに入った際、直光により家臣へ取り立てられる。その後、将軍足利義政に気に入られ、欲をかいて畠山家と大納言家を貶め、全てを手にしようと画策する。
道兼(やべきょうすけ)
盗賊の頭。多襄丸の刀と名を継いだ直光を快く受け入れ、手下となる。直光の事情を全て把握しており、頭の回転も良く世事に通じている。
畠山信綱(池内博之)
直光の兄。大納言家の金塊に目が眩み、阿古を強引に我が物とするも桜丸に殺害される。能力的には直光より劣っている。
旧多襄丸(松方弘樹)
代々受け継がれてきた盗賊多襄丸の刀を持った壮年の男。阿古を人質に取って直光を脅すも、不意打ちされ多襄丸の名と刀を直光へと継承する。実は人情味溢れる好人物。

TAJOMARUのネタバレあらすじ

映画『TAJOMARU』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

TAJOMARUのあらすじ【起】

代々管領職に就いてきた畠山家次男の畠山直光は、当主となる管領職の座は兄の信綱が継ぐものとして、幼い頃から自らを律し兄を立てて育った。直光には許嫁として大納言家の娘、阿古がおり共に暮らしている。
信綱と直光と阿古はいつも3人で遊んでいたがある日、畠山家へ盗人に入った少年の捕縛場面に遭遇。直光は少年に桜丸と名付け、彼を家臣として取り立てるのだった。
歳の近い少年少女達は兄弟のように過ごすも、将軍足利義政にて桜丸が密かに取り込まれてしまう。

それからしばらく後、少年少女は成人を迎える。ある日、将軍が畠山家へ訪問。大納言一族が疫病にて亡くなったため、唯一残った阿古と婚姻した者に大納言家の財産を相続し、管領職に就けと命じられる。信綱はそれに意を唱えるも、直光が間に入って命を受けることにした。

直光は阿古と結婚できればそれだけで良いと言う。財産も家督もすべて信綱に捧げると話すも、命令は阿古と結婚しろという話である。直光は渋る兄をどうにか説得した。
大納言家は金塊を持っていると噂されている。金塊の隠し場所は阿古だけが知っていると思われ、誰もがその金塊を狙っているのだった。

桜丸に唆された信綱は、強引に阿古と既成事実を作る。その知らせを桜丸により知らされた直光は、阿古がいる邸へと乗り込み彼女を連れて逃亡。その日は山内にて1夜を明かす。
翌朝、桜丸は直光の近臣を殺害。盗人根性は簡単には治らないと言い、更に他の家臣をも消す。その後、信綱の元へ戻った桜丸は彼をも殺害してしまう。
残された直光と阿古は、たった2人で山の中をさまよい歩くことになる。

TAJOMARUのあらすじ【承】

飲まず食わずで、山を進んでいた阿古と直光。2人は朽ちた大木がある場所で、1人の男と遭遇。見るからに山賊である男は多襄丸と名乗り、阿古をもらい受けると言う。直光は男と対決するも、負けて気絶。必死に抵抗する阿古だったが、女の力で敵うはずもなく。

意識が戻った直光。体は縄で縛られており身動きが取れない。眼前では阿古が多襄丸の嫁になり、直光を殺して欲しいと言う。そんな彼女の言動が信じられず茫然となる直光だったが、多襄丸が彼を諭している内に阿古が逃亡。多襄丸は直光の縄を解くも、直光は隙を突いて奴を倒す。すると多襄丸は死に際、自分の刀と名前を継承。刀は波切の剣という神剣で、多襄丸であるという証であった。

数々の裏切りに絶望した直光。受け継いだ刀を持って移動し、盗賊のアジトへ辿り着く。彼はそこで自らを多襄丸と名乗り、頭目道兼の刀を波切の剣で断ち折ってしまうのであった。
盗賊達と仲良くなった直光。乞われるままに、道兼率いる盗賊の頭目に就任。それらしく、身なりを整えた多襄丸一味は、盗賊稼業に精を出すことになるのであった。

そんなある日、貧しい村人たちの小競り合いに遭遇した一味。喧嘩の仲裁をし、奪うばかりではなく食料や酒などを分け与える。気楽で気ままな盗賊稼業、気安い仲間達に囲まれ過ごす直光は、少しずつ前向きになり心を癒していくのだった。

だが、その夜。道兼から畠山家の情勢を耳にした直光。兄信綱が急死し、弟直光が家督を継ぐと言う。自分に成りすまし、直光として家督を継ごうとしている者がいる。彼は馬を走らせ単独で邸へと向かった。

TAJOMARUのあらすじ【転】

しかし、盗賊風情の様相をした直光は即刻、牢へぶち込まれてしまう。そこへ桜丸が登場。本物の直光は盗賊で、今は自分が直光だと笑って言うのだ。しかも、家臣や将軍までもが桜丸の味方として動き、更に極めつけは阿古が妻として姿を現すのだった。
最早、直光として生きることはできず、彼に残されているのは多襄丸としての生き方のみである。

そこへ、所司代の改めが入る。道兼が通報したのだ。対応は桜丸が直光として行ったが、彼は直光ではないと阿古が進言。桜丸も捕縛され、所司代の審議が行われることになった。
直光は多襄丸として生きることになった経緯を訥々と語る。だが、将軍がそこへやって来て、桜丸の擁護をする。形勢は一気に逆転。阿古も捕縛され処刑となり、直光は畠山家へ戻ることも許されず、多襄丸として制裁されることになってしまうのであった。

御白州に残された道兼と直光。道兼が静かに語り始める。先代の多襄丸とのやりとりを全て見ていたと言う道兼。直光が気絶していた間のことを明かす。
阿古は直光を愛するが故に彼を救うため、別れの道を選び多襄丸と結託して芝居を打った。だが、戻った先には桜丸が待っており、彼女は捕まってしまう。故に、この御白州で全てを明かし、直光へと家督を戻すことが最後の賭けだった。しかし、将軍が現れたことにより、阿古の画策は泡と消えてしまったのである。

直光はやるせなさと情けなさに咆哮。それを機に盗賊の手下たちが、御白州へ乗り込んで来る。渡された刀は波切の剣。直光は決意を新たに、阿古の処刑場へと馬を走らせた。

TAJOMARUのあらすじ【結】

処刑場は地獄谷という場所。そこは疫病に侵された死体を投下したりする、ゴミ捨て場であり死の匂いが漂う不浄の地であった。
運良く間に合った直光だったが、全ての端は大納言家の金塊である。阿古は疲れ果て、自らが地獄谷へと身を投じてしまう。桜丸に宣戦布告した直光も、即座に後を追った。

落下後に気絶してしまった直光。意識を取り戻し、阿古を探す。女の叫び声を頼りに向かうと、そこには変わり果てた阿古の姿があった。彼女は信綱に汚されたことを酷く悔いており、自分を殺して欲しいと懇願。だが、直光は阿古を抱き締め、変わらぬ愛を告げるのであった。

翌朝、盗賊の手下たちが地獄谷の入り口を覗き込み、多襄丸を心配していると、桜丸の軍勢に襲われる。手下たちはそれぞれに手練れであり奮闘するも、桜丸の手によって殺害されてしまう。
その頃、阿古と直光は地獄谷をさまよい歩いていて、大納言家の金塊を発見。阿古の父親が馬車に乗せて捨てたものだった。

地獄谷の壁際に垂れている鎖を発見した直光は、阿古を背負って地獄谷から脱出。しかし、辺りを見渡し仲間達の死体を発見。辛うじて道兼の息が残っており、最期を看取るのだった。

亡くなった仲間達の装備を身に着けた直光。阿古と共に畠山家へ。家臣を斬りたくないと説得後、桜丸と対峙。激しい戦闘を繰り広げた結果、直光が勝利した。
直光は阿古と暮らせるだけで良かった。桜丸が盗まなくても、初めから何も要らなかったと呟く。桜丸は自分のしたことを悔い、直光との出会いを思い出しながら息を引き取った。

近臣に直光の名を継がせ、畠山家の存続を頼んだ直光は、阿古と共に旅へ出る。2人は好きな場所へ行き、好きなように暮らす自由をようやく手に入れたのであった。

この記事をシェアする