映画『たまごラブストーリー』のネタバレあらすじ結末

たまごラブストーリーの概要:2014年公開の日本のアニメーション映画。2013年まで放映していたたまこマーケットの続編で映画版である。同じ餅やの子供として生まれたたまこともち蔵が、高3になり将来を考え始め、お互いの気持ちにも気がついていく青春ラブストーリー。

たまごラブストーリーの作品概要

たまごラブストーリー

公開日:2014年
上映時間:83分
ジャンル:アニメ、ラブストーリー
監督:山田尚子
キャスト:洲崎綾、田丸篤志、金子有希、長妻樹里 etc

たまごラブストーリーの登場人物(キャスト)

北白川たまこ(州崎綾)
うさぎ山商店街の餅やの長女。性格は天然系おっとりで、早くに母を亡くしていることから家族思いの優しい高校三年生。家業を継ぐことに疑問を感じずに、餅のことで頭がいっぱいの元気な女の子。
大路もち蔵(田丸篤)
うさぎ山商店街の餅屋の息子でたまこの家の向かいに住んでいる。将来は餅屋を継がずに映像製作の勉強がしたいと東京の大学を受けることになる。たまこに気持ちを伝えられないでいる優しい青年。
常磐みどり(金子有希)
たまこの親友でバトンクラブのリーダー。テキパキとした性格でおっとりしているたまこを支えてくれるしっかりした女の子。

たまごラブストーリーのネタバレあらすじ

映画『たまごラブストーリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

たまごラブストーリーのあらすじ【起】

うさぎ山商店街で餅屋の娘として暮らすたまこ。
現在高校三年生の彼女は、餅が好きで常に餅の新作のことを考えている。
友人達からは変態だと冗談を言われるほどである。
彼女は幼い時に母を亡くしていることもあり、父と祖父の家業を継ぐと当たり前に思っていた。

たまこの家の前に住む幼なじみのもち蔵。
小さい時から一緒に育った彼とは、お互い楽な存在だった。
しかも向かいに住んでいるのに、たまこと同じ餅屋。
だが、たまことは違い、もち蔵は東京の大学で映像関係の勉強をしようと密かに思っている。

ある日、バトン部に所属しているたまこの友人が大会に出ようと持ちかける。
しかし、たまこは中々うまくバトンを掴むことが出来ない。
それでもやってみようと思うたまこに、みどり始め仲間が必死でサポートをする。

一方でもち蔵は東京の大学に行きたいという意思をたまこに伝えることが出来ないでいた。
そしてもう1つ言えないこと。
それはたまこが好きだということだった。

たまごラブストーリーのあらすじ【承】

たまこに気持ちを伝えることが出来ないもち蔵に、みどりは告白するように仕向けてくる。
それに対しもち蔵は、たまこに告白することを決めていると言った。
もち蔵に気持ちがあるみどりは複雑だった。

約束通り、学校帰りの河原でもち蔵は東京の大学に行くこと、そしてたまこが好きだと告白する。
そんなことを思いもしなかったたまこは動揺し、何も考えられなくなってしまう。
川に落ちたたまこはもち蔵を残し、急いで自宅に帰ってしまう。
何が起こったのか理解出来ないたまこだった。

翌日からたまこの餅スランプが始まる。
あれほど餅の新作や売れ行きを考えていたたまこだったのに、餅のことを考えられず体調不良を理由に店の手伝いも休ませてもらった。
たまこの様子がおかしいことを父親たちは心配したが、たまこが商品の餅の話をする時も「もち蔵」と蔵をつけて話すことで何かあったのだと気がついた。
初めてたまこはもち蔵を男性だと実感する。
意識しすぎてしまいもち蔵とは話せなくなってしまったのだった。

たまごラブストーリーのあらすじ【転】

そんな矢先、たまこの祖父が餅を喉につまらせて救急搬送される。
配達でいない父親の代わりに自分が救急車に乗り込もうとするが、動揺でどうして良いかわからない。
調度その現場に居合わせたもち蔵が一緒に乗って病院まで行くことにした。

幸い祖父の容態は大事には至らず、一晩病院で過ごすだけで良さそうだった。
病院に残るというたまこに、もち蔵の母親はたまこに付いているようにもち蔵を促す。
そして一晩付き添うことにしたもち蔵。

今日までのことで色々考えたもち蔵だったが「告白は無かったことにしてくれ」と言った。
それを聞いたたまこはどこかショックだった。
今までは告白されたことで動揺し、意識し始めてどうしてよいか分からなかったたまこだったがここにきてはっきりもち蔵の存在の大きさを認識し始めていたのだ。
みどりや仲間に相談しても中々解決案も見当たらない。
そして周りから指摘されはじめ、ようやくたまこはもち蔵への自分の気持ちに気がつき始めたのだった。

たまごラブストーリーのあらすじ【結】

練習の甲斐もあり、バトン部の大会でたまこは今まで失敗続きだったバトンも見事キャッチ。
自信をつけていた。

ある日インフルエンザが広がり、休校の連絡が入った時のこと。
連絡網は、たまこの次はもち蔵で終わりだった。
自分の気持ちを伝えなければいけないと考えていたたまこは、連絡をしなければいつも通りもち蔵が学校に来るのでは無いかと考える。
そして本当は連絡をしなければいけなかったのだが、たまこは敢えてしなかった。

翌朝、同じ時間にたまこは教室にいた。
もち蔵をまっていたのだった。
しかしたまこの前に現れたのはみどりだった。
みどりはもち蔵が急に東京に転校することにしたのだと話した。
東京の大学を受験するために、早くから転校して準備をするのだと言う。
ショックを隠せないたまこは、急いで駅まで追いかける。

新幹線が発車しようとしたそのとき。
もち蔵の耳にたまこの声が聞こえた。
振り向くとそこには本当にたまこがいる。
いつも二階の窓を開けてお互い話していた糸電話を、もち蔵に投げたたまこ。
そして言った「もち蔵が大好き」と。

東京に転校する話は、告白させようとしたみどりの作り話だった。

Amazon 映画『たまごラブストーリー』の商品を見てみる