映画『塔の上のラプンツェル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「塔の上のラプンツェル」のネタバレあらすじ結末

塔の上のラプンツェルの概要:グリム童話の『ラプンツェル』を題材にした、2010年公開のディズニー長編アニメーション。長い髪に傷を癒す魔力を秘め、塔の上に閉じ込められたプリンセス・ラプンツェルの冒険を描く。

塔の上のラプンツェルの作品概要

塔の上のラプンツェル

公開日:2010年
上映時間:101分
ジャンル:ファンタジー、ミュージカル、アニメ
監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード
キャスト:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット etc

塔の上のラプンツェルの登場人物(キャスト)

ラプンツェル(18歳:マンディ・ムーア / 幼少時:デラニー・ローズ・ステイン)
森の高い塔から出たことのない18歳の少女。金色のとても長い髪には、歌うと傷や病気を癒すという魔法の力が秘められているが、その力は髪を切ると失われてしまう。王国の姫だったが、生まれてすぐに魔女ゴーテルによってさらわれた。自分の誕生日に飛ばされる灯りを外で見るのが夢。
フリン・ライダー / ユージーン・フィッツハーバート(ザッカリー・リーヴァイ)
王宮から冠を盗んだ大泥棒。通り名はフリン・ライダーだが本名はユージーン・フィッツハーバート。親がおらず貧しかった過去から、金持ちになることを夢見て泥棒となった。ナルシストで宝のためなら仲間を裏切ることも厭わない性格だったが、ラプンツェルの脱走を手助けするうちに彼女に恋をし、自分の人生を考え直すようになる。
ゴーテル(ドナ・マーフィー)
ラプンツェルを誘拐した魔女。怪我や病気を治す金色の花で何百年も若さを保ってきたが花を奪われ、その力を宿したラプンツェルを花の代わりとしている。ラプンツェルには自分が母親だと思わせており、王に見つからぬよう高い塔に閉じ込めている。
マキシマス
王国の警護隊長の乗馬。仕事熱心で頭が良く、冠を盗んだフリンを執拗に追い続ける。ラプンツェルに手懐けられてフリンとの停戦協定を結んでからは、フリンを牢獄から助け出す活躍を見せる。
スタビントン兄弟(ロン・パールマン)
フリンと共に冠を盗んだ兄弟。逃げる途中で自分たちを裏切ったフリンを恨んでいる。冠奪還とフリンへの復讐のためゴーテルと手を組むが、ゴーテルに騙され捕まってしまう。
パスカル
小さなカメレオン。塔の中にいるラプンツェルの唯一の友達。

塔の上のラプンツェルのネタバレあらすじ

映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

塔の上のラプンツェルのあらすじ【起】

昔々、太陽の雫が地面に落ち、そこから一輪の黄金の花が咲いた。花は歌に反応して傷や病気を治す魔力を持っていた。数世紀後、その土地には王国が誕生した。王国の妃が懐妊したが、重い病気にかかってしまう。妃の病気を治すため、国中が伝説の黄金の花を探した。魔女ゴーテルは、その黄金の花を人目から隠し、花の力で何百年も若さを保ってきていた。しかし国の衛兵が花を見つけ、持ち去ってしまった。花の力で妃の病気は癒され、黄金に輝く髪を持った姫・ラプンツェルが生まれた。しかしすぐに、ゴーテルが城に忍び込んだ。ゴーテルはラプンツェルの髪が花と同じ魔力を持っていることに気付くが、髪は切ると魔力を失ってしまった。ゴーテルはラプンツェルをさらって高い塔に閉じ込め、自分の子として育てた。王と妃はひどく悲しみ、毎年姫の誕生日になると、国中が姫の帰還を願って灯りを飛ばすのだった。塔から出られないラプンツェルは、窓からその灯りを見て憧れの念を抱くのだった。

時が経ち、ラプンツェルは成長し、明日が18歳の誕生日だ。友達はカメレオンのパスカルだけで、ずっと塔の中で過ごしながら、外の世界への憧れを強めていた。彼女は毎年自分の誕生日に現れる灯りの群れの正体を知りたがっていた。ゴーテルはラプンツェルのとても長い髪を梯子代わりにして、毎日塔を訪れていた。ラプンツェルは灯りを見に外へ行きたいとゴーテルに頼むが、まだ子供でか弱い子を恐ろしい外の世界から守らねばならないとはぐらかされてしまう。

同じ頃城では、泥棒のフリン・ライダーとスタビントン兄弟が、姫のための冠を盗み出していた。衛兵に追われたフリンはスタビントン兄弟を裏切り、冠を持って1人森の奥へ逃げた。しかし衛兵の乗馬マキシマスの執拗な追跡に遭い、谷の下へ落ちてしまう。そこで見つけたのは、ラプンツェルの暮らす塔だった。

塔の上のラプンツェルのあらすじ【承】

フリンをフライパンで倒したラプンツェルは、自分がもう子供ではないことを証明できると喜ぶ。しかし塔を訪れたゴーテルは外の話を蒸し返そうとする彼女に怒り、一生外に出す気が無いことを知られてしまった。ラプンツェルはショックを隠し、誕生日プレゼントとして遠い土地の貝を使った絵具を頼む。ゴーテルは3日で絵具を持って戻ってくると言い残し、塔を出発した。

ラプンツェルはフリンを戸棚から引っ張り出し、誕生日の灯りを見に連れて行ってくれたら冠を返すと要求した。フリンは仕方なくその要求を呑み、ガイドを務めることとなった。ラプンツェルは、初めて触れる外の世界への興奮と、同時に母親を裏切ってしまう事への罪悪感に苛まれていた。王国から追われる身であるフリンは、ラプンツェルの計画を諦めさせようと悪党の集まる食堂へ連れて行く。

まだフリンを追っていたマキシマスは、ゴーテルと鉢合わせした。マキシマスが王宮の馬だと気付いたゴーテルは、ラプンツェルが見つかったのではと心配し急ぎ塔へ戻る。しかし塔はもぬけの殻。ゴーテルは階段の床板から冠とフリンの手配書が入った鞄を見つけ出し、短剣を手に後を追う。

フリンは食堂の悪党達を使ってラプンツェルを怖がらせようとするが、自分が賞金首だとばれて捕まえられてしまう ラプンツェルはフリンを助けるため悪党達を説得し、本当の夢を思い出させる。そこへ知らせを受け、食堂に衛兵と捕えられたスタビントン兄弟がやってきた。フリンとラプンツェルは悪党達に隠し通路から逃がしてもらうが、マキシマスが匂いで隠し通路を見つけてしまった。衛兵達は2人を追い、手枷から抜け出したスタビントン兄弟も後を追ってきた。

ラプンツェルとフリンは辛くも追手を逃れたが、ダムの水が決壊しすべてが水に呑まれてしまった。2人は竪穴に逃げ込むが、そこもだんだんと水量が増えてくる。ラプンツェルは歌で自分の髪を光らせ、竪穴から脱出した。

隠し通路の出口で待ち伏せるゴーテルの前に、スタビントン兄弟が現れた。彼女は兄弟に冠を渡し、フリンへの復讐をさせるという条件で協力させることにする。

塔の上のラプンツェルのあらすじ【転】

ラプンツェルは自分の髪に傷を癒す力があることを打ち明ける。フリンも自分の過去を打ち明けた。2人は惹かれあい始めていた。フリンが席を外した隙にゴーテルが現れる。フリンとのロマンスを信じるラプンツェルに対しゴーテルは、彼が求めているのはラプンツェルの愛ではなく冠、これを手に入れたら彼は消えるだろうと言い放った。ゴーテルはラプンツェルの心に一筋の疑いを残し、冠を渡して立ち去った。

翌朝、マキシマスがラプンツェルとフリンを見つけ出した。ラプンツェルはマキシマスを手なずけ、今日1日だけフリンと停戦協定を結んでくれるよう頼んだ。2人はパスカルとマキシマスを連れ、城下町に辿り着く。引きずるほどの長い髪を編んでもらい、2人は夜までの間城下町を散策する。そこでラプンツェルは、王国のお姫様が行方不明だと知った。

夜になり、フリンはラプンツェルをボートに乗せ、灯りのよく見える海へ漕ぎ出した。その頃城には、娘と再会できずに18度目の誕生日を迎えた王と妃がいた。国中が姫の帰りを願って灯りを空へ飛ばす。ラプンツェルはその幻想的な光景に目を奪われた。ラプンツェルは冠を返そうと差し出したが、フリンは冠よりもラプンツェルを大切に思っている自分に気が付く。2人は手を取り合うが、フリンの視線の先に、スタビントン兄弟が映りこむ。フリンは冠を渡して片を付けるため、ラプンツェルを残しスタビントン兄弟の元へ向かう。

フリンは冠を渡そうとするが、スタビントン兄弟はラプンツェルを狙っていた。1人松ラプンツェルの元にスタビントン兄弟が現れ、フリンは冠を持って船で逃げたと言い放つ。兄弟に捕まえられそうになった彼女を救ったのは、ゴーテルだった。ラプンツェルはフリンを信じたことを後悔し、塔へと戻る。しかしフリンは彼女を裏切ったのではなかった。気を失い船にくくりつけられていたのだ。フリンは衛兵に捕まり、死刑を宣告される。

塔の上のラプンツェルのあらすじ【結】

落ち込むラプンツェルの手には、王家の紋章が描かれた旗1枚。ふとラプンツェルは、自分が塔に描いた絵の中に王家の紋章がいくつも隠れている事に気が付いた。自分こそが王国の失われた姫だったのだ。母だと思っていたゴーテルが、自分をさらって利用していたのだと気付いたラプンツェルは、ゴーテルに反旗を翻す。

死刑台へと向かうフリンの元には、食堂で出会った悪党達が駆けつけた。マキシマスが彼らを呼んできてくれたのだ。フリンは彼らに助けられ、マキシマスと共にラプンツェルの元へ走る。フリンの呼びかけに、塔からラプンツェルの髪が降ろされた。しかし塔に上ったフリンが見たのは、鎖に縛られたラプンツェルの姿だった。隠れていたゴーテルが、フリンを短剣で突き刺す。瀕死の重傷を負った彼を見て、ラプンツェルは一生ゴーテルに従う代わりに傷の手当てをさせてくれるよう頼んだ。

ラプンツェルはフリンの傷を癒そうと彼の上にかがみこんだ。しかしフリンは、ラプンツェルを救おうと、自分の命を犠牲にしてラプンツェルの髪を切り取った。彼女の髪は色が変わり魔力を失った。魔法が解け若さを失った魔女ゴーテルは、ラプンツェルの切られた髪に足を取られ、塔から落ちて消滅した。髪の魔力を失ったラプンツェルに、フリンの傷をいやすことはできない。死にゆくフリンを前に、ラプンツェルは涙を流す。その涙がフリンの頬に落ちた途端、彼女の涙が傷を癒した。魔力は彼女の中にも宿っていたのだ。フリンは息を吹き返し、2人は口づけを交わした。

王と妃の元にラプンツェルが戻り、王国は歓喜に包まれた。フリンは盗みをやめ、2人は結婚し幸せに暮らしたのだった。

Amazon 映画『塔の上のラプンツェル』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この作品は、子の親離れがテーマの作品です。ラプンツェルはゴーモンに党の外へ出ることを許されず、迷い込んできた男と共に外の世界へ踏み出します。あからさまな親離れのモチーフですね。冒険の中で他人との付き合い、世界の素晴らしさを学び、ゴーモンから逃れ元の地位である王女として城で暮らすようになる。彼女に世界のすばらしさを教えたユージーンは婿として迎えられる……。これが今のディズニーが理想とする女の子像ですね。塔にやってくるのは王子様ではなく大泥棒。彼女は自ら外の世界へ足を踏み入れる。受け身ではダメだ、強くなくてはいけない。人生は自らの手で切り分けなければいけないんだというメッセージが高く評価され、世界中で大ヒットしました。