映画『ターゲット(2010)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ターゲット(2010)」のネタバレあらすじ結末

ターゲット(2010)の概要:殺し屋のヴィクターは、詐欺師のローズの始末を依頼される。いつものようにローズを尾行し殺す機会を伺うが、ローズは自由奔放な女性でタイミングが上手く掴めなかった。そんな時、ローズを狙う他の人物が現れ、ヴィクターは思わずローズを助けてしまう。

ターゲットの作品情報

ターゲット

製作年:2010年
上映時間:98分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:ジョナサン・リン
キャスト:ビル・ナイ、エミリー・ブラント、ルパート・グリント、ルパート・エヴェレット etc

ターゲットの登場人物(キャスト)

ヴィクター・メイナード(ビル・ナイ)
54歳。殺し屋。殺し屋の家系に生まれる。生真面目で融通が利かない性格。常にスーツを着用している。ローズやトニーには殺し屋であることを隠すため、私立探偵だと嘘を吐いた。
ローズ(エミリー・ブラント)
詐欺師であり、窃盗犯でもある。贋作を販売したことで、ファーガソンに命を狙われる。自由奔放な性格。
トニー(ルパート・グリント)
ローズが襲われている現場に偶然居合わせてしまい、一緒に逃走することになる。好青年。ヴィクターから私立探偵の技(殺し屋の技)を伝授される。
ヘクター・ディクソン(マーティン・フリーマン)
依頼主のファーガソンに頼まれ、ローズを狙う殺し屋。ヴィクターの次に支払う代金が高い。目撃者は必ず始末する。部下を常に従えている。プライドが高い。

ターゲットのネタバレあらすじ

映画『ターゲット(2010)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ターゲットのあらすじ【起】

殺し屋のヴィクター・メイナードは、ターゲットに自分の名前を名乗り手際良く仕事をこなした。しかし、犯行現場にいたオウムが、ヴィクターの名前を覚えてしまう。ヴィクターはオウムに銃を突きつけるが、そのオウムが「愛している」と言ったため殺せなくなってしまう。ヴィクターは仕方なくオウムを連れて帰った。

老人ホームにいる母は、息子のヴィクターが独身でいることを心配していた。結婚しない理由を聞かれるが、ヴィクターには答えることができなかった。居づらくなったヴィクターが席を立つと、母は仕事の依頼が来たことを話した。メイナード家は代々殺し屋を生業としており、母はもちろん息子が殺し屋であることを知っていた。

ローズは美術館の修復課で働くジェリーを誘惑し、レンブラントの自画像の贋作を作ってもらった。本物とすり替え、偽物を販売しようとしているのだ。ローズは見事すり替えを成功させ、大金を手に入れる。絵を購入したファーガソンは、ローズが帰った後絵のすり替えに気づき、怒りを募らせた。

仕事の依頼を受けたヴィクターは、ローズの尾行を行った。ローズは歩きながら、スリや盗みを平然と行う女性だった。服装をコロコロ変え、色んな店に出入りするローズの尾行は骨が折れた。ヴィクターは部屋に入ったローズを狙撃することにした。だが、ローズの元に男性がやって来てしまう。ヴィクターは1人でチェスをやりながら時間を潰した。しかし、ローズを殺せないまま、夜が明けてしまう。ヴィクターは仕事を失敗してしまったのだが、ローズのことを見ているのが何だか楽しく感じた。

ターゲットのあらすじ【承】

母はヴィクターが仕事を失敗したことを知り、激しく怒った。ヴィクターがどうすればいいか相談すると、母は依頼人に謝罪し、ターゲットを殺して金を返すよう進言した。ヴィクターがローズを殺しに行くと、男性(ファーガソンの護衛)がローズのことを殺そうとしていた。ヴィクターは思わず男性を殺してローズを助けてしまう。ローズに言われるまま車に乗って逃げようとしていると、その車には男性の仲間(マイク)が潜りこんでいた。ヴィクター達は車から出て壁に行くよう脅される。すると、そこに見知らぬ男性が現れ、マイクのことを撃った。偶々洗車に来て、騒動に巻き込まれた男性だった。ヴィクターは男性を宥め、逃がした。

ローズはヴィクターに抱きつき、お金を払うから守ってくれと頼んだ。ヴィクターは断るが、ローズは折れなかった。とりあえず一緒に車に乗りその場を逃げることにしたのだが、追って来たマイクが銃を撃ってきた。しかも、先程逃がした男性が、また騒動に居合わせてしまう。ヴィクター達は男性を車に乗せ、一緒に逃げた。

ヴィクター達は一緒に逃げてきた男性、トニーと共にホテルに泊まった。ヴィクターは高級ホテルならバレないと思ったのだが、同じ階にローズを殺すよう依頼したファーガソンが泊まっていた。ヴィクター達はそれに気づかず、部屋の中で口論していた。ヴィクターは生意気な態度のローズに苛立ち、ローズは口煩いヴィクターに辟易していた。トニーは耳を塞ぎ、口論が終わるのを待った。

マイクはファーガソンに、ローズの始末を失敗したことを報告した。ファーガソンは新たな殺し屋(ヘクター・ディクソン)を雇い、ローズ達に対抗することにした。ヘクターはマイクからローズを守っている殺し屋の特徴を聞き、すぐにヴィクターだと気づく。ヴィクターは顧客にも姿を見せなかったが、風の噂で容姿のことが囁かれるほど、有名な人物だった。

ターゲットのあらすじ【転】

マイクは近くの部屋の外に置かれているブーツを見て、ローズ達が泊まっていることに気づく。そのブーツは、ローズがマイクの相棒から盗んだ物だった。マイクはその部屋に侵入すると、風呂に入っていたトニーを襲った。しかし、反撃され、銃を奪われてしまう。トニーは動揺しており、思わず引き金を引いてしまう。弾はマイクの耳を撃ち落とした。マイクが落ちた耳を探している間に、トニーは逃げ出した。

ヴィクター達は車に乗り、逃走した。マイクはファーガソンにローズがいたことを報告し、一緒に車で追跡した。しかし、途中で事故を起こしてしまう。ヴィクター達はその間に街を出ることにした。

ヴィクターは父から譲り受けた家に、ローズとトニーを招いた。そこで、安全を期すためにルールを課した。その1、敷地の外に出ないこと。その2、外部と連絡は断つため、携帯の電源を切ること。相手はプロの殺し屋であるため、この生活がいつ終わるかは誰にも分からなかった。

ローズはヴィクターにお礼をするため庭に花を植えようとするが、勝手に穴を掘るなと怒られてしまう。それをきっかけに、ローズは今までの鬱憤を爆発させた。ヴィクター宅の家具には埃が被らないようにシートが被せられており、息苦しさを感じていたのだ。

ヘクターはローズを調べ、ヴィクター達の居場所を突き止めることにした。一方、ローズは昼間怒鳴った件をヴィクターに謝罪していた。一緒にいると楽しいことを伝えると、ヴィクターも同じ気持ちであることを話した。ヴィクターは眠れないローズの足をマッサージし、一緒に穏やかな時間を過ごした。

ローズが目を覚ますと、車椅子に乗った女性が刃物を振りかざしていた。何とか部屋から抜け出し、ヴィクターに助けを求めた。その女性は、ヴィクターの母親だった。ヴィクターが母を宥め、ローズはトニーの部屋で眠ることになった。その時、ローズはヴィクターに恋をしていることを、トニーに打ち明けた。

ターゲットのあらすじ【結】

ローズとトニーはヴィクターの誕生日パーティーを開いた。ヴィクターも珍しく騒いで楽しんだ。ヴィクターはローズをベッドに運び、キスをした。次の日、ヴィクターは生まれ変わったかのように生き生きとしだし、家具に被せられているシートを外した。一方、ローズは秘密の棚を発見し、中に入っていた殺人のスクラップ記事と「最初の仕事は私の銃で撃て 誕生日おめでとう 父より」という手紙がついた銃を発見する。さらに、罰印がついた写真の中に、自分の顔写真があることに気づく。ローズはヴィクターが殺し屋で、自分を狙っていることに気づく。ローズはヴィクターを非難し、棚の中にあった銃を持って逃走した。

トニーはヴィクターが殺し屋だったことを知り衝撃を受ける。だが、ヴィクターはトニーを殺すつもりはなかった。それよりも、家を出れば殺されると忠告した。ヴィクターは自分の次にヘクターが雇われただろうと、予測していた。トニーは話を聞き、ヘクターを捕まえようとヴィクターに持ち掛けた。ヴィクターはそれを了承し、トニーを鍛えることにした。一方、シェリーの元に向かったローズは、待ち構えていたヘクターに捕まっていた。

ヴィクターがトニーと銃の練習をしていると、ヘクターが現れる。ヴィクター達はローズを人質に取られていたため、命令されるまま銃を床に置いた。ヘクターはローズを殺せばトニーを助けると言って、ヴィクターに銃を渡した。ローズはヴィクターに愛の告白をし、殺してくれと頼んだ。ヴィクターが迷っていると、ヴィクターの母親が助けに現れる。しかし、ヴィクター達が母親に気を取られている隙に、ヘクターの手下がヴィクターを殺そうとナイフを投げた。トニーはナイフを掴み取るが、そのせいで隙ができてしまいヘクターに銃を突きつけられてしまう。だが、ヴィクター達は余裕の態度だった。ヘクターが持っていたのは、ローズから奪ったヴィクターの父の銃だった。ヘクターが銃を撃つと、銃が壊れヘクターの頭に部品が突き刺さった。父の銃は長年手入れされておらず、壊れていたのだ。その後、ヴィクター達は協力して遺体を埋葬した。

3年後。ヴィクターとローズの間に子供が誕生していた。傍にはトニーの姿もあった。

この記事をシェアする