映画『TATARI タタリ 呪いの館』のネタバレあらすじ結末

TATARI タタリ 呪いの館の概要:ホラー映画「TATARI タタリ」の続編のオリジナルビデオ。スタッフに殺された患者たちの幽霊が出ると噂があり、数年前にも事件が起こった呪われた館の謎を、事件の生き残りサラの妹が解いていく。

TATARI タタリ 呪いの館の作品概要

TATARI タタリ 呪いの館

公開日:2007年
上映時間:81分
ジャンル:ホラー
監督:ヴィクター・ガルシア
キャスト:アマンダ・リゲッティ、エリク・パラディーノ、セリナ・ヴィンセント、アンドリュー・リー=ポッツ etc

TATARI タタリ 呪いの館の登場人物(キャスト)

アリエル(アマンダ・リゲッティ)
数年前に“呪いの丘の館”に閉じ込められ、生き残ったサラの妹。雑誌の編集者をしていて、多忙な日々を過ごしている。呪いの丘の館で幽霊に殺されそうになった、というサラの話を信じていなかった。
ポール(トム・ライリー)
プロカメラマン。アリエルの雑誌の写真も担当している。アリエルに気がある。
ハマー(スティーヴン・ペイシー)
考古学と中世史を教えている大学教授。悪魔教のシンボル、バフォメット像を探して20年以上も世界中を回っている。
カイル(アンドリュー・リー=ポッツ)
ハマーの助手。
デズモンド(エリク・パラディーノ)
ハマーの元教え子。サラを自殺に見せかけ殺害した。依頼を受け、バフォメット像を探している。欲しいもののためなら裏切りも暴力も厭わない。腕自慢の部下たちを連れている。
バナカット(ジェフリー・コムズ)
“呪いの丘の館”の幽霊。人格者で優秀な医者だったが、突然患者に虐待を始めた。

TATARI タタリ 呪いの館のネタバレあらすじ

映画『TATARI タタリ 呪いの館』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

TATARI タタリ 呪いの館のあらすじ【起】

雑誌編集者のアリエルは、忙しさにかまけて姉サラからの電話もメールも返せずにいた。
しばらくして母から、サラが自殺したという連絡を受ける。

仕事仲間のカメラマン・ポールに付き添ってもらい、サラの部屋に向かうアリエル。
“呪いの丘の館”で幽霊に襲われたと言い続けた、姉のサラ。

そこに、大学教授のハマーが現れる。
サラから連絡をもらい、価値のあるバフォメット像が館にあると教えられたのだと言う。
悪霊と対決する決意をしたサラの案内で、館へ行く予定だったらしい。
サラが館から持ち帰った日記の在処を聞かれ、それが原因でサラは命を狙われていたとも聞かされるアリエル。

ポールに送ってもらい、自宅に帰るアリエル。
郵便受けにはサラが送ってきた日記が入っていた。
部屋のインターホンが鳴り、ポールだと思って出たアリエルだったが、そこにいたのは武装した集団と捕らえられたポール。

彼らもバフォメット像を探していて、サラがアリエルに送った日記が目的だった。

TATARI タタリ 呪いの館のあらすじ【承】

武装集団のボス・デズモンドは、バフォメット像を探していた。
そしてサラを自殺に見せかけ殺害し、見当たらない日記を探してアリエルの元にやって来たのだった。
日記を手にしたデズモンドは、アリエルとポールを連れて“呪いの丘の館”へ向かう。

その頃、ハマーは助手のカイルと生徒のミシェルを連れ、像を探しに“呪いの丘の館”へ侵入していた。

ポールを人質として車に残し、サラから館の話を聞いていたアリエルを連れ、数人の仲間と共に館に侵入するデズモンド。
館の中で、ハマーたちとデズモンドたち、そしてアリエルは顔を合わせる。
デズモンドはハマーの元教え子で、ミシェルはデズモンドに情報を流していたのだった。

やがて館が封鎖される。
患者の逃亡を防ぐものだったが、サラが館に入ったときも閉じ込められたという。

全員で主調整室へ向かい、封鎖扉が閉じないようにした。
そして2人1組になり、地下にあると思われるバフォメット像を探すことになる。

だが、デズモンドの部下たちが次々と幽霊に殺されていく。

TATARI タタリ 呪いの館のあらすじ【転】

デズモンドと行動していたアリエルも幽霊に襲われ、過去の映像を見せられる。
バナカットを止めるため、暴動を起こした男性患者の幽霊だった。
ようやくサラの言っていたことすべてを信じたアリエル。

違和感を感じたデズモンドは、部下たちに招集をかける。
しかし屋敷の中にいた部下は全員死んでいて、1人はカイルの目の前で幽霊に殺された。
ポールを監視するため外にいたサミュエルは、ポールを連れて館に入るようデズモンドから指示を受ける。
そして2人は館に入るが、館が完全に封鎖されてしまう。

デズモンドの隙をついて外に出たアリエルは、ポールが館の中に入ってしまったことに気付く。
車にあった拳銃を手に、アリエルは再び館に足を踏み入れる。

ポールと一緒に館に入ってきたサミュエルは、幽霊に殺されてしまった。
デズモンドの動きを封じ、全員で協力して脱出することになる。
シャワー室の地下が出口だと目星を付け、歩き始めるアリエルたち。

バフォメット像を諦めきれないデズモンドとミシェルは、治療用プールにカイルを突き落として逃げる。

TATARI タタリ 呪いの館のあらすじ【結】

カイルを助けるためにプールに飛び込んだアリエルだったが、2人は幽霊たちに襲われ、カイルは命を落とした。
デズモンドとミシェルは仲間割れを起こし、一人になったミシェルは館に殺された。

幽霊から像を壊してほしいというメッセージを受け取り、像のある場所を教えられたアリエル。
館から出るには、像を壊して館の呪縛を解くしかなかった。
館の心臓部でバフォメット像を見つけるが、像を壊すことができない。
下水道に流せばいいと考えたアリエルは、像を手にしてシャワー室へ急ぐ。

デズモンドは像を狙ってアリエルに銃を突きつける。
しかしデズモンドは幽霊に殺されてしまう。

ポールが囮になり、アリエルとハマーはシャワー室にたどり着く。
しかし像に魅了されたハマーは、アリエルを殺して像を手に入れようとする。
ハマーを気絶させたアリエルの前には、バナカットの幽霊がいた。

ハマーは命がけでアリエルを守り、像は館の外へと流れ出た。
幽霊たちは消え、館の呪いは解けた。

生き残ったアリエルとポールは、館の外に出た。

Amazon 映画『TATARI タタリ 呪いの館』の商品を見てみる