映画『テッド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「テッド」のネタバレあらすじ結末

テッドの概要:可愛いクマのぬいぐるみが少年の願いによって命を宿すという一見ファンタジックなお話だが、大人になったクマはマリファナと女に溺れる不良グマになっており、大親友の主人公をダメにしてしまう。キュートなルックスで下ネタ満載の毒舌を披露するテッドの破天荒なキャラクターが大ウケし、映画は大ヒットした。

テッドの作品概要

テッド

公開日:2012年
上映時間:106分
ジャンル:コメディ、ファンタジー
監督:セス・マクファーレン
キャスト:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン、ジョエル・マクヘイル etc

テッドの登場人物(キャスト)

テッド(セス・マクファーレン)
ジョンの親友のクマのぬいぐるみ。ジョンが8歳の時にクリスマスプレゼントとして贈られ、ジョンの祈りによって命を宿す。生きているクマのぬいぐるみとして注目され、人気セレブとなるが、現在ではマリファナを愛用するエロ親父になっている。
ジョン・ベネット(マーク・ウォールバーグ)
大親友のテッドに引きずられ、35歳になっても大人になりきれない。レンタカー会社に勤務するうだつの上がらないサラリーマンで、特に取り柄もない。おバカさんだが憎めない男。雷が怖い。
ロリー・コリンズ(ミラ・キュニス)
ジョンと同棲中の恋人。大手広告会社に勤務する有能な女性。ジョンが大人になれないのはテッドといるせいだと考え、テッドと離れるようジョンに迫る。ジョンのことは心から愛している。
レックス(ジョエル・マクヘイル)
ロリーの上司。セレブなキザ野郎で、ロリーを口説きまくる。
ドニー(ジョヴァンニ・リビシ)
テッドの狂信的なファンで、息子のためにテッドを買いたがる。イカれ気味の危ない男で、テッドを誘拐する。

テッドのネタバレあらすじ

映画『テッド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

テッドのあらすじ【起】

1985年のクリスマス。ボストン郊外の町で暮らす8歳のジョンは、友達のいない孤独な少年だった。両親はそんな息子にクマのぬいぐるみを贈り、ジョンはクマをテッドと名付ける。“テッドが話せるようになって欲しい”というジョンの願いは天に届き、テッドは動いてしゃべる、命を宿したクマのぬいぐるみとなる。

生きているクマのぬいぐるみのニュースは全米を駆け巡り、テッドは一躍有名セレブとなる。それでもジョンとテッドの友情は変わらず、雷が苦手な2人は“雷兄弟”の固い絆で結ばれていた。

それから27年後。35歳になったジョンはロリーという恋人と同棲し、レンタカー会社で働いていた。同居しているテッドとは今も大親友で、ロリーもテッドを受け入れている。しかしテッドはすでに世間から飽きられ、マリファナと女に溺れる不良グマと化していた。テッドに引きずられてジョンも自堕落な生活を続けており、大人になりきれずにいた。

ジョンとロリーは付き合い始めて4年の記念日を迎え、高級レストランでデートを楽しむ。ロリーはジョンとの結婚を望んでいたが、ジョンは真剣に2人の将来を考えようとしない。ロリーはこのままではジョンがダメになってしまうと感じ、テッドと離れるようジョンに忠告する。しかしジョンは親友のテッドと離れるつもりはなかった。

テッドのあらすじ【承】

テッドは2人の留守に複数のデリヘル嬢を家に呼び、乱痴気騒ぎをしていた。デリヘル嬢はリビングの床にウンチまでしており、帰宅したロリーは激怒する。さすがのジョンもテッドをかばいきれず、テッドに別居の話を切り出す。

離れて暮らしても親友であることに変わりはなく、いつでも遊べるのだからというジョンの言葉を聞き、テッドも納得する。ジョンから独立するため、テッドはスーパーに就職し、アパートを借りる。そんな2人にドニーという男が“息子のためにテッドを買いたい”と申し出てくる。もちろんその話は断るが、ドニーは自分の連絡先を渡してくる。

いつでも会えるとはいえ、やはりジョンは寂しかった。それはテッドも同じで、仕事中のジョンを自宅に誘う。ジョンはロリーが怪我をしたと嘘をついて早退し、テッドの家で楽しい時間を過ごす。テッドはなぜかスーパーでも昇進し、彼女もできて、それなりにうまくやっていた。

ジョンが嘘をついて会社をサボっていたことを知り、ロリーは本気で別れを切り出す。ジョンは二度とこんな真似はしないとロリーに約束し、最後のチャンスをもらう。ロリーはジョンの言葉を信じて、会社の創立20周年記念パーティーに、ジョンを連れていく。

テッドのあらすじ【転】

パーティー会場はロリーの上司レックスの自宅だった。レックスはロリーをしつこく口説いている男で、自分のセレブぶりをジョンに見せつける。テッドはジョンの携帯に電話をして、自宅に2人のヒーローである俳優のサム・ジョーンズが来ているからすぐに来いと誘う。ジョンはサムに会えるという誘惑に負け、レックスに“ロリーには内緒にして欲しい”と頼んでテッドのアパートへ向かう。

ジョンはすぐ帰るつもりだったが、憧れのサムと対面して完全に舞い上がってしまう。サムの誘いでコカインをキメてすっかりハイになり、時間を忘れてテッドと大騒ぎする。ようやく正気に戻ったジョンは、急いで帰ろうとするが、ロリーには全てバレていた。ジョンは同棲を解消され、安ホテルに身を寄せる。

ロリーに振られてしまい、ジョンは絶望していた。ジョンは深く反省し、テッドとも縁を切ることにする。テッドはジョンを引き止めるが、ジョンは振り向いてくれなかった。

ロリーがジョンと別れたことを知ったレックスは、傷心の彼女をデートに誘う。ロリーはレックスのしつこさに負け、一度だけの約束でデートをオッケーする。

それを知ったテッドはジョンが滞在中のホテルへ行く。そこで2人は本音をぶつけ合い、殴り合いの大喧嘩をする。しかし最後には仲直りをし、ロリーを取り戻すためデート場所の野外音楽堂へ向かう。

テッドのあらすじ【結】

テッドは昔馴染みのノラ・ジョーンズと話をつけ、ジョンに1曲歌わせてもらう。ジョンはロリーに向かって下手なラブソングを歌い、観客から大ブーイングを浴びる。ジョンは失敗したと感じていたが、ロリーの心は動いていた。

テッドはロリーに“自分は永遠に消えるから、ジョンと会って欲しい”と頼む。ロリーはテッドの説得に応じ、ジョンのいる店へ行く。

一方、ロリーと別れたテッドは誘拐され、ドニーの自宅に監禁される。息子のロバートにいきなり耳を引きちぎられ、テッドは身の危険を感じる。テッドはジョンに電話で助けを求めるが、ドニーに気づかれてしまう。テッドの危険を察したジョンは、ロリーとテッドの救出へ向かう。

ドニーはテッドを車に積んで逃走し、ジョンとロリーがその後を追う。2台の車は激しいカーチェイスを繰り広げ、ドニーの車は事故を起こして停車する。テッドは野球場へ逃げ込み、鉄塔へ登る。しかしドニーに足をひっぱられ、真っ二つになって地上へ落下してしまう。ジョンはテッドに駆け寄って“絶対に救ってやる”と励ますが、テッドは“二度とロリーを失うな”と言い残して、ただのぬいぐるみに戻ってしまう。ドニーは駆けつけた警察に逮捕される。

ジョンとロリーは自宅でテッドを縫い直すが、テッドは生き返らなかった。その夜、ロリーは夜空にテッドの復活を願う。

翌朝、失意のジョンは元通りに動き出したテッドを見て驚く。ロリーの祈りが天に届いたのだ。ジョンはロリーに感謝して、その場で彼女にプロポーズする。その後2人は結婚し、ジョンとロリーとテッドは幸せに暮らす。

テッドの解説・レビュー

これぞアメリカン・コメディの決定版

アメリカでも日本でも大ヒットを記録したコメディ映画「テッド」。今作の面白さとは、テディベアのテッドのキャラクターの魅力に尽きるだろう。監督は、テッドの声も担当しているセス・マクファーレン。彼は元々コメディアンでもあるため、軽妙な声の演技は見事の一言だ。しかし、彼が描くコメディ世界のブラックさは、かなり人を選ぶところがあるので要注意だろう。

可愛さとエロさが同居する絶妙感

今作で登場するギャグのほとんどは下ネタである。それもとてつもないほど下品なセリフの応酬なのだ。エロシーンが皆無にも関わらず、R15指定がつけられているのはそのせいだ。そのため、子供がいる家庭で見るのは禁物であろう。しかしこの映画のうまさ(というかしたたかさ)は、下ネタをテッドにしゃべらせている点にある。

これを普通の中年の男性がしゃべっていたら、ただの下品な映画でしかなかっただろう。飲み会などでセクハラと言われてしまう男性のような感じである。しかし、見た目だけは可愛いテディベアのテッドがしゃべる事によって、その下品さがマイルドになり、その上笑いにまで昇華されてしまっているのはよく出来ている。

おそらく、この原点はアニメの「サウスパーク」にあるのではないかと思う。実写で実在の人物が辛辣な事をいうとリアルな問題になってしまうが、それをアニメの可愛いキャラに言わせると笑いになるという構図である。

日本でヒットしたアメリカン・コメディ

本来アメリカン・コメディというのは風刺が効いていて毒々しいものである。これは日本の観客には受け入れられない事が多く、だいたいのアメリカン・コメディ映画は日本ではヒットしないか劇場未公開扱いとされてしまう。しかしセス・マクファーレンは、テッドという誰からも愛される新たな人気キャラを生み出した事によって、日本でのヒットを記録するという偉業を成し遂げたのだ。

テッドの感想まとめ

日本でも大ヒットを記録した「テッド」。吹き替え版や字幕版などでは大分マイルドになっているらしいが、英語がわかる人がこの映画を見ると、筆舌に尽くしがたいほどのひどいセリフの応酬なのだという。だがらこそ、そこをテディベアで上手にくるんだセス・マクファーレンのアイディアには脱帽するしかない。しかしこの映画は、少年が大人になるという事の責任や、友情と愛情との間で揺れる男心、そして奇跡を信じる童心なども描いている所も見逃せない。それがあったから、この映画はたくさんの人の心を摑んだのだから。

Amazon 映画『テッド』の商品を見てみる

関連作品