映画『天空の蜂』あらすじネタバレ結末と感想

天空の蜂の概要:ベストセラー作家、東野圭吾が日本の原子力発電所の在り方について描いた小説「天空の蜂」を、堤幸彦監督が映画化した作品。主演は江口洋介、本木雅弘。他綾野剛、仲間由紀恵が出演。

天空の蜂 あらすじネタバレ

天空の蜂
映画『天空の蜂』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

天空の蜂 あらすじ【起・承】

仕事にばかり熱中して、妻や息子との関係が芳しくない設計士湯島が主人公である。1995年の夏、自分の設計した自衛隊用の新型ヘリコプター、ビッグBを妻子に見せようと家族で基地を訪れた。湯島の息子は、勝手に施設をうろついてビッグBに誤って乗り込んでしまう。本来飛ぶはずのないビッグBだが、突然何者かにハイジャックされ、自動操縦のまま上空へと飛び立つ。自分の息子を乗せ、飛び立つビッグBを茫然と見上げる湯島と、半狂乱に泣き叫ぶ妻。

ビッグBは、そのまま原子力発電所「新陽」の真上でホバリングをし始める。ビッグBを操っている何者かは、「天空の蜂」という名で犯行声明を発表した。それは、日本全国の原子力発電所の稼働を止めないと、このビッグBを「新陽」に落とす、というものだった。

息子を助けるため、同じく設計者の三島と共に対策を考える湯島。ヘリに子供が乗ったままであることを知った犯人は、その救出作戦を明示すれば許可をするという。湯島の息子の救出作戦とともに、犯人の捜査が進められていく。捜査線上に浮かびあがったのは、元自衛隊員だった。

天空の蜂 あらすじ【転・結】

なんとか救出作戦は成功し、湯島の息子は助け出された。しかし、犯人として追い詰められた「雑賀」と名乗っていた元自衛隊員は、捜査官から逃れる最中にトラックにはねられなんと死亡してしまう。しかし、ホバリングを続けるビッグB。実は、真犯人はもう一人いて、それは湯島の同僚である三島だったのだ。

実は三島の息子は、原発開発者の息子、といういじめにあい、自殺していた。三島は逮捕されるが、ビッグBの操縦にはもう介入できないよう手が施されていた。このままではビッグBの燃料が切れ、「新陽」に向かって墜落する。湯島は、ビッグBに可能な限り近づき、信号を送ることで一瞬だけビッグBの稼働を止め、墜落の軌道を変えるという決死の作戦を考案する。

自らがその作戦の実行に立候補し、別のヘリに乗り込んでビッグBに接近する湯島。無事、彼の作戦は功を奏し、ビッグBは「新陽」の近くの海へと墜落。しかし三島は「日本にはきっと、ビッグBが新陽に落ちておけばよかったと思う日が来る」と叫ぶのだった。

天空の蜂 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:139分
  • ジャンル:アクション、ミステリー
  • 監督:堤幸彦
  • キャスト:江口洋介、仲間由紀恵、綾野剛、光石研 etc

天空の蜂 批評・レビュー

映画『天空の蜂』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

イメージと違った

原作は知らないので、話題になったときただひたすら「父親が息子のためにテロに立ちむかう」的な煽り文句だったので、そういう「親子の絆を取り戻す」的な話かと思えば、このパートはほとんど比重がない。ほぼ前半で息子は無事救出されるので、アメリカ映画のハイジャック系の話とは全く別物である。まずそこが拍子抜けの点だった。

また、どちらかというと江口洋介演じる湯島よりも、本木雅弘演じる三島が主人公ではないのかと思う描き方だった。ある意味湯島はテンプレートな主人公で、特徴がない。三島の言葉がこの作品の原子力発電所への問題提起というテーマを一心に背負っていたように思う。

問題提起のための作品

原子力には恩恵もあるけれど、今の自分たちでは解決できない問題を抱えていて、それに無関心でいる国民への怒り、がずんと重く横たわっている作品だ。三島の子供は「原発を作ったやつの子供」ということで壮絶ないじめにあい、投身自殺をしているが、そうやって自分の身に不幸がやってきて初めて、人は自分の行いの業の深さのようなものに気が付く。気が付いてしまった三島は、気が付かずにのうのうと暮らしている政府も含めた「その他大勢」に一石を投じたのだ。当事者になって初めて考えていては、遅いのだと。

まさしく東日本大震災、福島の原発の問題を経験した日本に、ひいては世界に問う問題であり、現実でも答えの出ていない「問いかけ」を真正面から描いた作品である。だからこその消化不良や中途半端なアクションなどは少々大目に見なければならないだろう。

天空の蜂 感想まとめ

考えるきっかけになる映画としては、深い。深すぎて頭が痛くなるほどの重いテーマに貫かれている。その反面、「子供のためにがんばるお父さん」が見たくて、「ハイジャックもの」が好きで、などといってチョイスするとガッカリしてしまうくらいにはお粗末な部分は多々ある。

しかしそういった箇所に目をつぶっても見て損はないテーマと向き合った作品になっている。家族でとか恋人とデートで観るというよりは、勉強するくらいのつもりで、一人で黙って観るのにぴったりの作品だった。

Amazon 映画『天空の蜂』の商品を見てみる