映画『天の茶助』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「天の茶助」のネタバレあらすじ結末

天の茶助の概要:あの世で茶番頭をしている主人公は、自分の一言で気になっていた女性が死んでしまうことを知る。彼は下界へ降りる決意をし、彼女を助けることにする。天国で人のシナリオを脚本家が書いているという発想が面白い。

天の茶助の作品概要

天の茶助

公開日:2014年
上映時間:105分
ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー
監督:SABU
キャスト:松山ケンイチ、大野いと、大杉漣、伊勢谷友介 etc

天の茶助の登場人物(キャスト)

早乙女茶助(松山ケンイチ)
茶番頭。あの世でひたすら茶を淹れ、渡して歩く仕事をしている。新城ユリが気になっている。優しい男。元は人間だった。
新城ユリ(大野いと)
話すことを止めた女性。大人しく控えめ。人を救う茶助に心を打たれる。
種田潤一(大杉連)
茶助を助ける脚本家が担当している男性。紆余曲折後、現在は骨董品店の店主。気の優しい親切なおじさん。
彦村ジョー(伊勢谷友介)
茶助を助ける脚本家が担当している男性。運動神経抜群で現在はラーメン屋の店主。
チャーリー・ポン(田口浩正)
茶助を助ける脚本家が担当している男性。スリの母親亡き後、伝説の手品師に師事。現在はタレント。茶助に命を救われ、師匠と呼ぶようになる。

天の茶助のネタバレあらすじ

映画『天の茶助』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

天の茶助のあらすじ【起】

あの世には、人間1人に対し脚本家が1人いて、人生のシナリオを書く所がある。茶助はそこで、ひたすら茶を淹れ渡して歩く茶番頭だった。
あの方は全てを見通しており時折、大雑把な指示を脚本家達へ与える。今回は『斬新』がテーマだった。斬新とは何だ。ざわざわする脚本家達。

茶助は1人の脚本家に意見を求められ、適当にコメントした。しかし、それが元で彼が気になっていた、新城ユリの人生が終わってしまうことを知る。人の人生は全てが連動しているため、1人の行動が変わることで全ての行動が変化するのだ。

新城ユリの脚本家は茶助に助けを求めた。下界で強制的にシナリオを変えるには、下界に存在しない者が手助けするしかない。何人かの脚本家も手伝ってくれるらしいので、彼は心を決めてユリを助けるべく、あの世から密かに下界へと飛び降りたのだった。

新城ユリは3歳の時、両親の離婚が原因で突然、話さなくなった。彼女が亡くなる時間は、8時50分。それまでに、彼女を救わなければならない。
下界に降りた茶助は、まず種田潤一と出会う。茶助を手助けする脚本家が、担当する人物だった。しかし、種田は過去の経歴から見ても、あまり頼りになりそうにない人物である。彼は骨董品店を経営していた。それでも、いないよりはマシ。種田の助けを借り、衣服を着替えて食事に出る。

近所のラーメン屋で食事をした。ラーメン屋の店主、彦村ジョーも茶助をサポートする脚本家が、担当する人物だった。彦村は運動神経が抜群である。過去にサッカーやボクシングに、才能を発揮していた。彦村なら頼りになりそうであった。

種田も彦村もユリと直接の接点がある人物だ。3人は事が起こるカラオケボックスへ向かう。込み合った店内は、人で溢れ返っていた。そこへ、通り掛かった市議会議員の息子に彦村が絡まれてしまう。彦村と因縁のある人物だった。

天の茶助のあらすじ【承】

彦村と市議会議員の息子は、店内で乱闘騒ぎを起こす。ナイフを出した息子を、羽交い絞めにした茶助だったが、目の前をきっかけの女性が素通りして外へ出て行った。同時に白塗りの警官が現れ、茶助に銃を向ける。茶助は警官の出現で、他の脚本家に自分の存在が知れ渡っていることを知る。警官は銃を発砲。市議会議員の息子が撃たれる。直後、ユリを殺害すると思われるマサオが外へ。茶助は慌てて走った。

近道を爆走。時間前にユリと遭遇した。これで助けられると思った矢先、車はユリと茶助を無情にも撥ね飛ばした。
救急治療室へ運ばれた茶助だったが、そもそも今の彼は人間ではない。目を覚ました彼は、ユリを助けられなかったことに絶望した。

夜の町を彷徨い歩いて朝。街角に天使の羽をつけた、何者かの姿を見た茶助。その者を追いかけて行くと、彦村のラーメン屋へ辿り着いた。だが、ラーメン屋は破壊されて、滅茶苦茶にされている。裏路地へ向かうと、市議会議員の息子の取り巻きが、彦村へ暴行を働いていた。茶助は見えない力で奴らを倒す。俗に言う超能力のようなものである。茶助が念じると取り巻き達が吐血。彼は逃げ出した1人を追いかけた。

ヤクザの巣窟へ辿り着いた茶助。ヤクザの兄貴と対峙する。彼は兄貴を操って、舎弟を刺し兄貴の左指を4本、斬り落とした。
ふらつきながら外へ出た茶助は、天使の羽を発見。それを身に着けて、あの世へ戻ろうとするが、戻れるはずもなく。振り向くと両足の不自由な少年がいた。彼の足を念じて治癒。少年の家族は茶助を天使様と呼んだ。

力を使い過ぎた茶助は種田に救助された。種田はたまたま、茶助が少年の足を治す様を動画に撮っており、それを勝手にYouTubeへアップしていた。すると、爆発的に閲覧数が増えたと言う。しかも、ツイッターで自宅にいるとまで呟いたらしい。骨董品店前では数多の人垣が出来ていた。

色々考えた末に、人々の病を癒すことにした茶助。そうすることで、シナリオを滅茶苦茶にしてやろうと思った。彼は不治の病を次々と治していく。だが、力を使えば酷い頭痛と吐き気に見舞われる。茶助は何度も嘔吐した。
その日の夜、彦村がやって来る。どうしても、診てもらいたい人がいるらしい。彦村の案内で病院へ向かうと、そこには意識不明のユリがいた。

天の茶助のあらすじ【転】

死んだと思っていたユリは、辛うじて一命を取り止めていたのだ。茶助は力を振り絞ってユリを助けた。喜びも束の間、覚醒したユリの前で嘔吐してしまう茶助。

種田骨董品店には病人が長蛇の列を成していた。そこへ、退院したユリが飛び込んで来る。彼女も何か手伝いたいらしい。茶助はユリが気になって仕方なかった。
最後の病人が帰ると、彦村と種田が気を遣って買い出しに行った。茶助はユリと2人きりの時間を過ごす。2人の気持ちが寄り添い合う。幸せな時間だった。

テレビ出演のオファーが入り、テレビ局へ来た4人。番組の司会はチャーリー・ポン。ポンは手品師でタレントだ。ユリとは接点のない人物であるため、きっと何かあると茶助は気構える。

番組が始まり、席へついたその時だった。客席にいたマサオが立ち上がり、全部バラすぞと叫ぶ。そして、白塗りの警官が登場。警官はユリを狙って銃を発砲。続いてポンへと発砲した。ユリには当たらなかったが、ポンが腹部を撃たれてしまった。茶助は倒れたポンを癒した。

警察へ連行された茶助は、経歴を調べられる。茶助の名字は早乙女、年齢は30歳。土佐出身だった。ふざけた経歴だと憤慨する茶助。彼は最終的に極道へ入り、身を挺して親分を守った後、行方不明になっていたらしい。人間だった頃の記憶が蘇ると、全身の入れ墨が復活した。

迎えに来たユリとの帰り道、ヤクザに絡まれるも力を使って回避。その後、ポンが現れて茶助を師匠と呼び始める。無事に種田骨董品店へ辿り着いた茶助は、皆の経歴を言い当てていく。そして、自分がユリを救うために、下界へ降りて来た存在であることを明らかにした。仲間達は一様に驚いていたが、茶助を快く受け入れてくれる。

天の茶助のあらすじ【結】

ポンを救った特別番組が放送されたせいで、病人の列は更に伸びていた。
そんなある日、茶助の前にテレビを観た妹が現れる。彼女は兄に、病を癒す力が世界中に知れ渡った。そのせいで、兄自身が抱えきれないものを背負うことになったと忠告。そして、何かあったら必ず助けると言って去って行く。

その頃、茶助に散々痛めつけられたヤクザと市議会議員が、それぞれに暗殺者を雇っていた。
町では祭りが開催中で、病人達は待ちくたびれて次第に文句を言い始める。
妹に忠告されたにも関わらず、茶助は副作用を押してでも、病人の病を癒し続けていた。

暗殺者は2人。所定の位置で準備を始める。シナリオは淡々と進み続けた。様子を見て来ると言って外へ出たユリはふと、天井に目を向け何かが狙っていることに気付く。彼女は急いで茶助の元へと走った。だが、ユリの目の前で茶助が撃たれる。茶助は1人にやり返すも、もう1人が発砲。弾は茶助を庇ったユリに当たった。
力を使い過ぎた茶助は、ユリの傷を癒すことができない。脚本家達に文句を叫んだ彼の前に、マサオと警官が現れる。万事休すかと思われたが、種田が警官へ飛び掛かった。すると、警官の弾はマサオへ命中。これにより、マサオの人生は終わりを告げた。アーケード街はたちまち騒然となる。

茶助はユリの魂が抜けて行くのを見る。彼は自らの体を捨てて、ユリを呼び戻した。異変を察した仲間達が集まって来て、茶助を病院へ連れて行こうとするが、祭りと病人のせいでアーケード街はごった返している。一向に前へ進めない状態のため、ユリが茶助の元へ。彼の身体を抱いた彼女は力の限り、何度も何度も茶助の名前を呼んだ。

すると、茶助は大量の吐血をして意識を取り戻す。ユリの叫びが彼へと届いたのだ。
彼は死の淵でユリの声を確かに聴いた。故に、茶助は永遠よりも彼女と生きることを決めたのだった。
人の祈りの力は絶大で尊い。だから、祈り続けていれば、きっと新しいシナリオを生み出すことも可能なのだ。強く願えば、運命は変えられるのだから。

Amazon 映画『天の茶助』の商品を見てみる