映画『ターミネーター』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ターミネーター」のネタバレあらすじ結末

ターミネーターの概要:今もなお新作が作り続けられている「ターミネーター」シリーズの原点にして頂点とも言える、記念すべき第1作。言わずと知れたアーノルド・シュワルツェネッガーの代表作。

ターミネーターの作品概要

ターミネーター

公開日:1984年
上映時間:108分
ジャンル:アクション、SF
監督:ジェームズ・キャメロン
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン、ポール・ウィンフィールド etc

ターミネーターの登場人物(キャスト)

ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)
未来から送られてきた殺人マシン。T-800と呼ばれ、サラの命を狙う。
カイル・リース(マイケル・ビーン)
ジョンの命令の元、未来から送られてきた。サラを守るという使命を持つ。
サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)
飲食店で働いていた女性。ある日突然ターミネーターに命を付け狙われる。

ターミネーターのネタバレあらすじ

映画『ターミネーター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ターミネーターのあらすじ【起】

今より未来、舞台は2029年のアメリカ、ロサンゼルスである。何とその世界では、人類が自分たちが作ったマシンによって絶滅の危機に陥れられていた。しかし、人類もこのまま黙ってやられるわけにもいかない。抵抗軍を筆頭に、人間達はマシンに抗い始めたのであった。

一方、時代は遡り1984年。とある工事現場で働く作業員の男性が、ある日現場で不思議な稲妻を目撃するのだった。不思議に思った男性がその光が見えた場所へ向かうと、何とそこには全裸の男が一人立ち尽くしていたのだった。その男は近くをたむろしていた若者3人を見かけると、彼らの洋服を自分にくれないかと声をかける。しかし、若者達はそれを拒否。すると何と、その男は彼らを殺し、無理やり衣服を奪っていったのだった。

また、同じ頃少し離れた場所でも似たような光に包まれ一人の男が現れた。その男はパトカーからショットガンを盗むと、何故か電話帳から”サラ・コナー”のページを取っていくのであった。

ターミネーターのあらすじ【承】

そして日は変わって翌日、最初に現れた謎の男は武器を手に入れるべく銃砲店へと向かっていた。そして、銃を手に入れたその男は、もう一人の男と同様何故か電話帳からサラ・コナーのページを入手するのであった。電話帳からサラ・コナーの居場所を突き止めたその男は彼女の家へと向かう。そして何と、彼女の事をその男は殺害してしまうのであった。

一方舞台はとある飲食店へと移り変わる。その店には、サラ・コナーという女性が殺害されたニュースがテレビに映し出されていた。その放送を見ていた店員か、同僚に「あんた死んだね」と声をかけた。実はその同僚の名前もサラ・コナーで、死亡した人物と同姓同名だったのだ。そして実は彼女こそが、2人の男が探し求めている本当の”サラ・コナー”だったのだ。

夜、サラは家を留守にする為友達に家を預ける。バイクに乗っていた彼女だったが、そんな彼女を2番目の男が尾行していた。更に、一人目の男が人物違いであることに気付きサラの家に向かっていた。そして、サラの家にいた友人を殺害するのだった。しかし、そこにサラからの留守電が入ってくる。そして男は、サラがバーに向かっていることを知るのだった。

ターミネーターのあらすじ【転】

そして、第一の男はサラを始末するべく電話で聞いたバーへと向かう。絶体絶命のピンチに陥るサラであったが、そんな彼女の前に彼女を救う人物が現れた。彼女を尾行していた、第二の男である。彼は助かりたければ自分について来いとサラに伝え、そしてその男は現在サラの周りで生じている不可解な現象について話し始めた。

その男は自らをカイル・リースと名乗ると、何と自分は未来から来たと打ち明けるのだった。彼はサラの子供となるジョン・コナーより、母親を助けるべく送られて来たのである。そして、サラ・コナーを執拗につけ狙っている一人目の男は”ターミネーター”、通称”T-800″と呼ばれている殺人マシンであるというのだ。

突然そのようなことを伝えられても、サラは信じることが出来ない。しかし、その最中にもターミネーターの魔の手は休むことなく2人に襲いかかってくる。その都度、サラを命がけで守ってくれるカイルを、サラは少しずつ信頼するようになってきた。

ターミネーターのあらすじ【結】

そして、様々な困難を共に乗り越えた2人の間には、次第に愛が芽生えるようになっていく。そして2人は逃走中の一夜、とあるモーテルで互いの愛を確認するのであった。しかし、やはり平穏な時は長くは続かなかった。ターミネーターがサラを追ってきたのである。

2人は協力して、ターミネーターの乗るタンクローリーを破壊することに成功する。しかし、屈強な肉体を持つターミネーターはそれで死ぬことは無かった。身体の皮膚部分が溶け、中身の機械部分を剥き出しにしながら、ターミネーターは2人を追ってくる。彼らの最終決戦の場は、とある廃工場へと移り変わる。

カイルは傷を負いながらも、必死にターミネーターと渡り合う。そして、カイルは自らを犠牲にしてターミネーターの下半身を潰してみせた。しかし、ターミネーターは驚異の生命力で上半身になってもサラを追い続ける。そしてサラがプレス機でターミネーターの残りを破壊し、戦いは終わりを迎えた。そして数ヶ月後、サラのお腹の中にはカイルとの子供が宿っていたのだった。

Amazon 映画『ターミネーター』の商品を見てみる