映画『ターミネーター』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ターミネーター」のネタバレあらすじ結末

ターミネーターの概要:映画に限らず漫画、小説とあらゆる娯楽に影響を与えている『ターミネーター』の記念すべき第一作。観客を退屈させないための、あらゆる工夫が凝らされた最強の商業映画と呼べる一本。

ターミネーターの作品概要

ターミネーター

公開日:1984年
上映時間:108分
ジャンル:SF、アクション
監督:ジェームズ・キャメロン
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン、ポール・ウィンフィールド etc

ターミネーターの登場人物(キャスト)

ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)
ジョン・コナー率いる人類たちを滅亡させるために開発された殺人機で、骨格は超合金で出来ている。人間社会に潜入するため、外見上は人間と同じように作られており、犬の嗅覚でないとターミネーターを察知できないほど精巧に作られている。
カイル・リース(マイケル・ビーン)
2029年の「可能性としての未来」からサラ・コナーを守るべく送り込まれた男。イケメンだがサラ・コナーに恋するチェリーボーイでもある。
サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)
核戦争の起きた未来で人類を滅亡の危機から救うことになる指導者ジョン・コナーの母と目される人物。ハンバーガーショップで働いており、仕事は不得意である。

ターミネーターのネタバレあらすじ

映画『ターミネーター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ターミネーターのあらすじ【起】

1984年、ロサンゼルス。稲光とともに全裸のターミネーターが出現し、町の不良から衣服を奪う。同じくカイルが稲光とともに出現し、ホームレスからズボンを奪ったのが見つかり警察に追われる。カイルは警察から逃げる際に銃とライフルを奪い、公衆電話の電話帳から「サラ・コナー」が並ぶページをちぎって持ち去る。
ターミネーターはガンショップでライフルと大口径銃を奪い「サラ・コナー」という名の35歳で2児の母親を射殺する。サラ・コナーは女性の友人と同棲しており、彼氏にデートをドタキャンされたため1人で映画を観に出かける。サラは食事をしているとTVニュースから2人目の「サラ・コナー」が殺されたことを知る。

警戒心を強めたサラはカイルにつけられているのを不審に思い、クラブに入り助けを求めて警察に電話するも繋がらないので自宅に電話する。しかし、サラの同棲相手は彼氏と情事に勤しんでおり電話に気付かない。しばらくするとターミネーターが乗り込んできて、サラの同棲相手と彼氏を殺す。そこにサラから電話がかかって来て、留守電に自身の居場所を入れてしまいターミネーターに聞かれてしまう。

ターミネーターのあらすじ【承】

サラのもとにターミネーターがやって来て殺されかけるも、カイルに救われる。ターミネーターから逃げる際、車からターミネーターを振り落とすさまを警察に見つかり、カイルたちの車は手配をかけられてしまう。ターミネーターはその警察官のパトカーを奪ってカイルたちを追跡する。

カイルは逃げる車中でサラに、自分は君を助けに来た者だと伝える。サラを狙っているのは殺人鬼(サイバーダイン101型)で、人間社会に潜入するために外面上は人間と同じで、骨格は超合金で出来ている。そして、カイルやターミネーターが「可能性としての未来」から来ており、サラが狙われている理由も述べる。今から数年後、思考力を持ったコンピューターが人間全体を敵とみなし核戦争を起こし、人類を滅亡寸前に追い込んだ。しかし、ある男が人類の指導者となり、滅亡の危機から救った。その男の名前はジョン・コナーで、これから生まれるサラの息子だという。ターミネーターはサラ・コナーを殺すことで、ジョン・コナーの誕生自体を阻止しようとしているのだ。

ターミネーターに見つかったカイルたちはカーチェイスの果てに壁に衝突しかけて急ブレーキを踏み、ターミネーターは壁に激突。追手のパトカーがたくさん来て、カイルは捕まり、サラは保護される。ターミネーターは激突したパトカーの中から消えていた。

ターミネーターのあらすじ【転】

カイルは警察署で正直に事実を語るも、犯罪心理学者からは「妄想」として扱われ、取り合ってもらえない。ターミネーターは自らを手術して損傷を直し、サラの友人と偽り署に入ろうとするが止められる。署内にサラがいると判断したターミネーターは車で入り口に突撃して乗り込み、マシンガンで署内を蹂躙する。カイルはパニックに乗じて拘束を解き、サラを救出する。

逃げた先の洞窟でサラはカイルの手当てをしつつ、未来の話を聞く。カイルは志願してタイムスリップしてきたようで、目的はサラ・コナーに会うためだったと言う。サラ・コナーは未来ではジョン・コナーに戦闘と組織についてを教授した伝説の人物と目されているようだ。サラに未来を語るカイルは、ジョン・コナーにもらって大事にしていたサラ・コナーの写真を思い出す。

カイルとサラはモーテルに着く。カイルの外出中に、サラは母と電話しており、モーテルの電話番号を教える。しかし、サラの電話相手は母の声色を発するターミネーターであった。その夜、カイルはサラに「ずっと愛していた」と告白し、2人は体を重ね合わせる。事の後、ターミネーターが来て銃を乱射してくる中、カイルとサラは逃げる。

ターミネーターのあらすじ【結】

チェイス中にカイルは銃弾を受け負傷する。カイルたちの車と、ターミネーターのバイクはクラッシュして各々に転覆する。ターミネーターが起き上がろうとしたところを巨大なタンクローリーにひかれる。ターミネーターはタンクローリーを奪って運転し、カイルたちに突進してくるが、カイルは爆弾を管に投げ入れタンクローリーを大爆発させる。火の海の中歩くターミネーター。肉体は燃え尽き、超合金の骨格のみになった状態でもカイルたちに迫ってくる。

2人は工場に逃げ込み、カイルは捨て身でターミネーターの骨格に爆弾を挟むんで爆発させる。ターミネーターは上半身だけになってもなお、サラに迫ってくる。サラはプレス機のすき間をかいくぐり捕まる寸前でプレス機を抜け、プレス機に柵をつけてターミネーターを閉じ込め、プレスして破壊する。

サラは救急車で運ばれる際、息を引き取ったカイルの姿を見る。

数カ月後、サラは車で砂漠を走りながらボイスレコーダーに、お腹の中にいるジョン・コナーが将来聞けるように、カイルとのことを記録している。立ち寄ったガソリンスタンドで、サラは現地の少年にポラロイドカメラで写真を撮られ購入する羽目になる。その時買った写真が、カイルがジョン・コナーからもらうことになるサラ・コナーの写真であった。

Amazon 映画『ターミネーター』の商品を見てみる

関連作品

次作 ターミネーター2

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    SFの世界というのは理解出来ないほど面白い。それを読んだり観たりする人間の想像力が無限に広がるからであり、最初からあり得ない話として見せてくれる方が与えられる側は楽しいのだ。大人になって知恵がつくと何でも白けてしまうというのは人が成長するからであり、体験や知識というものに想像力を阻まれるゆえにつまらなくなるのである。このターミネーターは基本的にタイムスリップものであるが、大人の視線で観ると確かにつまらない。B級映画として扱われたのもよく分かるが、エンターテインメントとして若い頃のシュワちゃんの暴れっぷりや、ロボットのSFXや、追走劇のアクションやスリルを単純に受け止め楽しめば良いのである。

  2. 匿名 より:

    核戦争の恐怖を体験しなければならない運命を知りつつ、子供のために生きてゆかなければならないサラの心情は複雑だろう。自分の事はさておき、核戦争で生き残り、さらにその未来で絶滅の危機を迎える時に、リーダーとなっている息子に託すのは果たして夢と言えるのだろうか。それともその先にある夢にまで及び考えて生きてゆくのか。そう考えざるを得ないエンディングである。そのさりげない日常的な場面がこの映画の価値を高めている。