映画『顔のないスパイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「顔のないスパイ」のネタバレあらすじ結末

顔のないスパイの概要:ロシアとの間に緊張が高まるアメリカ。ロシアとの繋がりを噂されていたダーデン議員を監視していたFBIはダーデン議員が何者かに暗殺された現場を目撃した。ソ連時代に名を馳せた暗殺者カシウスによる犯行に違いないと睨んだCIA長官は、現役時代にカシウスを追っていたポールという名の捜査官を招集する。

顔のないスパイの作品概要

顔のないスパイ

公開日:2011年
上映時間:98分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:マイケル・ブラント
キャスト:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン etc

顔のないスパイの登場人物(キャスト)

ポール・シェファーソン(リチャード・ギア)
元CIA捜査官。議員殺害に関与していると疑われているカシウスの捜索を長官であるトムに依頼される。しかし、実は彼の正体こそがカシウスであり、議員殺害に関しては無実だった。彼は犯行現場から次々と自分に関わる証拠を隠蔽しながら、真犯人を探す。
ベン・ギアリー(トファー・グレイス)
FBI捜査官。学生時代に書き上げたカシウスに関する論文がCIA長官の目に留まり、捜査に加わる。その正体はロシアが送ってきた工作員の潜入を手引きする二重スパイ。

顔のないスパイのネタバレあらすじ

映画『顔のないスパイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

顔のないスパイのあらすじ【起】

山岳地帯を越えようとする集団。彼らはメキシコからアメリカへの不法入国を目的としたグループだった。破れたフェンスを越えると、エスコート役のロシア人が他の者に、他人の目を惹かぬよう、装備を捨てて服を脱ぐように指示する。すると、そこに国境警備隊のパトカーが現れる。乗っていたのは、警備隊に扮したロシア人だった。ロシア人は連れて来た不法入国者の内の数人を銃で殺し、やってきた国境警備隊員に挨拶を交わした。それからロシア人たちはパトカーの荷台に積んであった死体を不法入国者の死体に紛れ込ませた。

それから六か月後、ロシアの不穏な動きにアメリカは冷戦の再来を予感していた。ロシアと繋がりのあるダーデン議員は過熱するマスコミの様子をテレビで見ていた。そんなダーデンを監視する影があった。FBIだ。逮捕に踏み切ろうとした矢先、彼に近付いた捜査員の一人が物陰から現れた何者かの手によって殺され、ダーデンを取り逃してしまう。

殺人現場となった路地でCIAとFBIが捜査権を争って対立していた。そこに一人の男が現れた。それと同時にFBIの電話が鳴る。電話は長官からのものだった。長官の命令によりFBIは渋々手を引くことにした。

顔のないスパイのあらすじ【承】

FBI捜査員が殺された件について捜査を任されたトムは、ポールの家を訪ねた。トムはポールにカシウスが復活したと告げる。カシウスは過去の人間だ。そう言ってポールはトムの言うことを一蹴した。

トムは自分の下に集められたCIA捜査官に容疑者の話をする。カシウス7。ソ連の暗殺者にCIAがつけた暗号名。七人いた暗殺者はカシウス本人が今もまだ生きている。FBIの若手捜査員のギアリーはカシウスだと断定する証拠をポールに提示した。しかし、現場経験が全くない若手の言うことに彼は耳を貸さず、ポールはその場から立ち去ろうとした。ブルータスに会え。帰ろうとするポールにトムはそう言った。

帰宅したポールは異変に気付いた。窓から外をうかがうと、こちらを監視する車を見つけた。トムの仕業だろうと思ってCIAに電話をかけるが、家の外にいる車はCIAのものではなかった。

ポールはカシウスが既に死んでいるということをトムに証明するため、ギアリーを連れて捜査を開始した。

顔のないスパイのあらすじ【転】

トムに言われた通りポールはブルータスに会うことにした。ブルータスはカシウスに育てられた暗殺者の一人だった。ポールの手によって捕えられ、今は刑務所に収容されているブルータスは、カシウスについての情報を話す代わりにラジオをくれと要求してきた。ギアリーに知っていることを話したブルータスは手に入れたラジオに入っていた電池を呑み、病院に移送されると脱走を試みた。ブルータスの前にポールが現れた。ポールはブルータスがこれ以上余計なことを話さないよう、彼を暗殺した。カシウスというのは、ポールのもう一つの顔だったのだ。

カシウスの手掛かりが増えたことをギアリーは歓び、捜査に熱が入る。その折、ギアリーはブルータスが殺されたことを知る。現場検証中、ギアリーは野次馬の中に不審人物を見つける。ポールと共に不審人物を追うギアリー。しかし、二人はその不審人物を逃してしまった。

ポールはギアリーの家の夕食に招待された。熱心にカシウスのことを話すギアリーに、ポールは警告した。カシウスは敬意を示すべき相手じゃない。それから、ポールはカシウスに近付きたいなら殺しの手段よりもまずは動機を考えろとアドバイスした。

顔のないスパイのあらすじ【結】

国境警備隊からCIAに新情報がもたらされた。不法入国民を装って数名のロシアの工作員がアメリカ入りした痕跡が発見されたという。ポールは容疑者の写真を見て苦笑した。そこにはまだソ連とアメリカが冷戦下ににあった時代、ポールが血眼になって負っていたKGB工作員のヨハンが映っていたのだ。

ヨハンの捜索中、姿を消したことと、カシウスと犯行の手口が同じ死体を見つけたことで、ギアリーはポールがカシウスではないかと疑い始める。一方、ポールはギアリーの妻に捜査から外れるよう夫を説得するように訴えた。

調査の結果、ギアリーはポールがカシウスだと確信してしまう。そして、ポールの家族がヨハンの手によって殺されていたことも知る。今まで身を潜めていたカシウスが動き出したのは、全て家族の復讐のためだったのだ。ヨハンを追っていたポールもあることに気付く。ギアリーの正体はロシアのスパイがアメリカ入りするのを手伝う二重スパイだったのだ。お互いの素性を明るみにしたくない二人は、ヨハンにカシウスの罪を被せることで合意し、共闘する。ヨハンを始末することに成功した二人だが、戦闘の直後、ポールは敵の凶弾に倒れてしまう。通報に駆け付けたトムは、現場検証が済んだ後、ギアリーをCIAに誘った。しかし、彼は何も答えず、家族の下に帰って行った。

Amazon 映画『顔のないスパイ』の商品を見てみる