映画『天使のくれた時間』あらすじネタバレ結末と感想

天使のくれた時間の概要:2000年公開のアメリカ映画。大会社の社長がクリスマスイヴの日に善意で助けようとした男により、別の人生を歩んでいる自分に変えられてしまうというハートウォーミングファンタジー。

天使のくれた時間 あらすじネタバレ

天使のくれた時間
映画『天使のくれた時間』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

天使のくれた時間 あらすじ【起・承】

1987年、ジャック(ニコラス・ケイジ)は彼女のケイトと空港で別れを惜しんでいる。
彼は一流銀行のロンドン研修に行くことを決め、ケイトは残りロースクールに通い自分の人生を切り開くためであった。
しかし出発前、ケイトは二人でいれば大きな夢なんて要らないのではないか、いかないで欲しいとジャックに頼む。
しかしジャックは「僕らは大丈夫だ」とロンドンに向かった。

時は2000年、あれから13年が経った。
クリスマスイヴの浮かれた雰囲気が漂うマンハッタンで、ジャックはあと2日で大きな商談が決まるかどうかの瀬戸際にいる。
彼は今や大手金融会社の社長に出世、高級タワーマンションの最上階に暮らす地位の持ち主であった。
大事な会議の後、秘書からかかってきた電話番号に折り返すよう言われる。
その名前はケイト、13年前飛行場で別れた彼女だった。
クリスマスに一人で寂しいのだろうと、ジャックはかけないことにした。

その夜、ジャックが店に入ると、レジでロトの当選金を引き変えて欲しいと頼む黒人がいた。
しかしナンバーをろくに見もせずに、偽装したんだろうと疑う店員にその黒人が銃を出した。
ジャックは咄嗟に「自分がそのロトを現金で買おう」と提案する。
その提案に乗った黒人男性と外に出た。
ジャックはそこで真面目に働いた方が良いと、要らぬお世話をした。
そしてその男性に「人生で必要なことは?」と聞かれたジャックは「全部持っている」と答えた。
男性は「面白いことが起こるからな」と言い捨て、どこかに言ってしまった。
帰宅後ジャックは眠りこけた。

天使のくれた時間 あらすじ【転・結】

翌朝、目が覚めると、そこは見たことも無い家で、子供が二人と、ケイトがいた。
何が起こったのかわからず気が動転したジャックは、車でマンションや会社などあちこちいってみるがどこにも自分の存在は無い。
誰も自分を知らないのだ。
そこに昨日の男性が現れる。
「時間はあるからよく考えろ」と言い残し、自転車のベルを渡した。

親友だというアーニーに自分のことを聞いてみる。
するとケイトとは結婚し、子供にも恵まれていた。
仕事はタイヤの小売業者を営んでいる。
ケイトは弁護士にはなっていたが、ボランティアのような仕事をしていて無報酬。

ジャックも最初は動揺したものの、次第にこの現実を受け入れ始める。
いや、受け入れようとし始めたのだ。
するとどうだろう。
自分のこの今の人生がとても幸せに思えてきた。

そして偶然にも自分の職場に、以前社長として働いていた会社の現社長が来る。
このおかげで社長にうまく取り入り、再びそこで雇用してもらえることが決まった。

そんな時、訪れたコンビニで再びあの黒人男性に出会う。
今の自分の人生が良いと言うジャックに、否定的な彼。
そしてその夜、子供達に別れを告げた後眠りについた。

翌朝、いつものマンションのベッドにいた。
さっきまでケイト達と住んでいた家ももう別人が暮らしている。
大事な商談を控えているジャックだったが、現在のケイトの暮らすマンションに行ってみる。
すると敏腕弁護士として活躍するケイトは、フランス事務所へ移動をするための準備中であった。
呆然とするジャックだった。

夜、ジャックは気になり空港に向かった。
ケイトに会うためである。
そこで自分が体験した夢のような話をして、フランスに行かないで欲しいと頼む。
今度は立場が逆である。
ケイトは行かなかった。

天使のくれた時間 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2000年
  • 上映時間:125分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ブレット・ラトナー
  • キャスト:ニコラス・ケイジ、ティア・レオーニ、ドン・チードル、ジェレミー・ピヴェン etc

天使のくれた時間 批評・レビュー

映画『天使のくれた時間』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

人の幸せは見えないところにあるという教訓

仕事で成功していくら金持ちになったとしても、気づいていないところで満たされていない物がある。
それは人によって違うのだろうが、大体が愛情である。

本作品のジャックも金融会社で一旗揚げ、社長にまで上りつめた。
しかし頭は仕事のことばかりで、クリスマスのことすらお構い無いである。
無論、彼には一緒に祝いたい家族も恋人もいないのだ。

これがどんなに寂しいことなのか、ジャックが本当はこうだったらというパラレルワールドに踏み込んでからが面白いのだ。
別れたはずの彼女と二人の子供。
何をとっても幸せそのもののジャックは、いつしかこんな生活も良いかもしれないと思い始めるのだ。
最初は若く、体も動き一人でも大丈夫だと強気な姿勢でいる若者は多い。
しかしそんなのは若いうち、やはり年齢を重ねて見ると人とのぬくもりが心を癒やしてくれることも多くあるのである。

繰り返すラストシーン

ここでは自分の選択が全てを変えることがあると気がついた。
最初に別れて勉強することを選んだジャックに対し、ケイトは残ることを選んでくれた。
それはきっと自分の立場もわかるから。
同じようにどこか寂しく有能な彼女もまたジャックを必要としたのだ。

くっつかないでくれれば最初のラスト通り終わり、時代は結局繰り返すという雰囲気になる。
敢えてここでケイトが前と同じように拒否していたら、それはそれでオシャレであったかもしれない。

天使のくれた時間 感想まとめ

ニコラス・ケイジが出演している作品は数多く観ている。
その中でこの映画は珍しくキュートでコミカルな要素も見せてくれた。
昔の彼女との運命的なやり直し。
力ではどうしようもなく偶然であった男に変えられるという不思議なストーリーはファンタジー要素たっぷりで男女ともに人気がある。

誰しもが経験のある恋愛を結婚や孤独をテーマに、上手くまとめてコンパクトになっているのも見やすい特徴である。
またケイジの出来る男演技もここでしか見られないので、是非注目したい。

Amazon 映画『天使のくれた時間』の商品を見てみる