映画『ザ・ギフト』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ザ・ギフト』のネタバレあらすじ結末

ザ・ギフトの概要:引っ越した先で高校時代の友人と再会した夫と、何も知らない妻が、復讐を込めた贈りものに脅える様子を描いた。ゴード役を演じた俳優ジョエル・エドガートンが、監督と脚本を担当した。

ザ・ギフトの作品概要

ザ・ギフト

公開日:2015年
上映時間:108分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:ジョエル・エドガートン
キャスト:ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホール、ジョエル・エドガートン、アリソン・トルマン etc

ザ・ギフトの登場人物(キャスト)

ロビン(レベッカ・ホール)
サイモンの妻。フリーの企業コンサルタントで、デザイナーでもある。人付き合いが苦手で、いじめられていた過去があるらしい。シカゴで流産してしまったため、新しい子供を望んでいる。薬に依存していた時期があったが、克服している。ゴードは高校時代の友人でいい奴だった、というサイモンの言葉を信じて、ゴードに対して親切に接する。父親が名付け親の、愛犬ボージャングルを可愛がっている。
サイモン(ジェイソン・べイトマン)
セキュリティシステム会社に転職したばかりの、ロビンの夫。カリフォルニア出身で、地元に戻る形で転職した。ジョーンという妹がいる。高校時代は生徒会長をしていて、グレッグという悪友がいた。いじめっ子体質で、ロビンに対してもひどい態度をとることがある。自分が良ければ、他人はどうでもいいという考えを持つ。
ゴードン(ジョエル・エドガートン)
通称ゴード。サイモンの高校時代の同級生。サイモンと親しかった友人としてロビンたちの前に現れ、執拗にプレゼントを贈り続ける。実は、サイモンのせいで人生を狂わされている。

ザ・ギフトのネタバレあらすじ

映画『ザ・ギフト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・ギフトのあらすじ【起】

転職が決まった夫サイモンは、妻ロビンを連れて、サイモンの出身地であるカリフォルニアに引っ越してきた。
買い出し中、高校の同級生ゴードンと再会したサイモン。
電話番号を交換して、その日は別れた。

次の日、隣人のルーシー、夫ロンと挨拶を交わしたロビン。
いつの間にか玄関に、ゴードからの引っ越し祝いのワインが置いてあった。
住所を教えていなかったため、サイモンとロビンは不思議に思う。

ロビンが家で仕事をしていると、ゴードが訪ねてくる。
地元の業者リストを持ってきたというゴードを家に招き入れ、帰宅したサイモンと一緒に夕食をとる。
サイモンと親友だと思い込み、はしゃぐゴードとギクシャクした夕食を共にした。

サイモンの会社のパーティーに出席し、帰宅したサイモンとロビンは、庭の池に鯉をプレゼントしたというゴードのメッセージを見つける。
サイモンは、不法侵入だと言って怒る。

別の日、ロビンがジョギングから戻ると、ゴードが訪ねてくる。
テレビの設置を手伝ったゴードだったが、サイモンが書き残していた高校時代のゴードの悪口を見て、慌てて帰っていった。

ザ・ギフトのあらすじ【承】

ゴードから夕食に招待された、サイモンとロビン。
悪口を見たはずなのに、誘ってきたゴードを不気味に思うサイモン。

別の夫婦も招待したと聞き、安心してゴードの家に向かうと、そこは豪邸だった。
もう一組の夫婦は来られなくなったと言い、急ぎの仕事ができたと言って外出してしまうゴード。
サイモンは、ロビンを連れて勝手に屋敷の中を調べ回る。
結婚してないと言ったゴードだったが、女物の服や子供部屋があった。

戻ってきたゴードは、妻が2人の子供を連れて出て行ったと話し出す。
家もカードも妻のもので、自由にならないらしい。
サイモンはゴードに、しつこく家に来るのは止めてほしいと頼み、ゴードの家から去った。

その後、鯉が全滅して、愛犬ボージャングルが行方不明になる。
ゴードの仕業だと思ったサイモンは、ゴードの屋敷に向かう。
屋敷の本当の持ち主は別にいて、持ち主夫婦が旅行に行っている間に、運転手をしていたゴードが入り込んでいたのだ。
警察に通報するが、犬の誘拐の捜査は無理だと言われる。

ルーシーに話を聞いてもらったロビンは、ルーシーの家から睡眠薬をくすねてしまう。
ロビンは、ストレスで疲れ過ぎていた。

ザ・ギフトのあらすじ【転】

夜中、ボージャングルが戻ってくる。
そして、ゴードから謝罪の手紙が届く。
その中の言葉に違和感を覚えたロビンだったが、サイモンに聞いてもはぐらかされてしまう。

ジョギングから戻ったロビンは、侵入者の気配を感じ取るが、疲れのせいで気を失ってしまう。

その後、サイモンに、ゴードに謝罪の電話をしてほしいと頼むロビン。
だがサイモンはそれを拒絶し、ロビンがくすねた薬を見つけて怒り出す。
倒れた原因も薬だと言い切るサイモン。

やがてロビンは妊娠。

ルーシーと一緒に買い物に行ったロビンは、ゴードの姿を見かける。
サイモンの妹ジョーンに、ゴードのことを聞いてみるロビン。
年上の生徒から性的虐待を受けていたゴードは、サイモンと親友グレッグが事件を届け出たことで、虐待から解放された。
しかし、ゲイだという噂が流れ、いじめられて高校を退学していた。

サイモンのデスクを勝手に調べたロビンは、ゴードの身元調査書類を発見する。
ルーシーに相談し、事情を知るはずのグレッグを探し出す。

ゴードが虐待されたというのは、サイモンの作り話だった。
それがきっかけでゴードは父親に殺されかけ、彼らは運命を狂わされていた。

ザ・ギフトのあらすじ【結】

ロビンに言われ、サイモンはゴードに謝罪に行く。
だが、手遅れだと言い、謝罪を受け入れないゴードに暴力を振るったサイモン。
ロビンには、すべて終わったと嘘をついた。

国内営業担当に出世が決まったサイモンを祝うパーティーを、自宅で開くことになった。
だが、何者かが家に石を投げ入れ、パーティーは台無しになる。
国内営業担当のポストを争い、サイモンが流した嘘の情報で会社をクビになったダニーが、嫌がらせに来たのだった。

産気づいたロビンは、ルーシーとサイモンに付き添われ、病院で出産した。
出産後、ロビンはサイモンに別れを切り出す。
会社から電話が来て、サイモンがダニーを陥れた証拠が見つかったから、オフィスを明け渡すよう宣告された。

家に帰ると、ゴードからのギフトが玄関に置いてあった。
中身はベビーカーと、数枚のディスク。
ディスクの中身は、ロビンとサイモンの会話だった。
そして、倒れたロビンに暴行したとにおわせる映像もあった。

その頃ゴードは、ロビンに出産祝いを届けていた。

病院に向かったサイモンは、ゴードの姿を追うが見失ってしまう。
ゴードからサイモンに電話が入るが、ロビンに触れたかどうかは教えなかった。

Amazon 映画『ザ・ギフト』の商品を見てみる