映画『ホリデイ』あらすじとネタバレ感想

ホリデイの概要:2006年のアメリカ映画(原題:The Holiday)。恋愛適齢期で人気を博したナンシー・マイヤーズ監督の作品でホームエクスチェンジをする男女4人を描いたロマンティックラブストーリー。

ホリデイ あらすじ

ホリデイ
映画『ホリデイ』のあらすじを紹介します。

クリスマス直前。
ロンドン郊外に住む新聞記者アイリス(ケイト・ウィンスレット)とロサンゼルスで映画の予告制作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)はネットを通じて知り合った。
2人は偶然にも失恋をしたばかりで息があった。

そんな2人は環境を変え気持ちを整理しようとお互いの家を交換する「ホームエクスチェンジ」をすることに決めた。
雪が舞うロンドン郊外にやってきたアマンダ。
そこでアイリスの兄(ジュード・ロウ)と出会う。
最初は軽い男だと思い、気が合いながらベッドインしてしまうが実は彼は妻を亡くし2人の子供を育てている誠実な男だと知る。

その実情を知ったことで彼に本気になっていくアマンダ。
一方でロサンゼルスのアマンダ豪邸に到着したアイリス。
彼女はアマンダの仕事仲間の映画音楽作曲家のマイルズ(ジャック・ブラック)と出会う。
彼もまた彼女の浮気で失恋をしており気が合った2人の距離は縮み、次第に恋に発展していく。

こうしてそれぞれが新しい人生、恋に奮闘していく様を描いている。
見事心が通いあった4人は一緒にパーティーを開くのだった。

ホリデイ 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:135分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:ナンシー・マイヤーズ
  • キャスト:キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック etc

ホリデイ ネタバレ批評

映画『ホリデイ』について、感想批評です。※ネタバレあり

ホームエクスチェンジという新しい映画の演出

ありそうで無かった家の交換。
それもネットで知り合った女性2人は共に失恋組。
このご時世これがリアルだったら非常に悩んでしまうところ。
素性も大して知らないネットの知り合いに家を貸すなんて怖すぎる。
しかし映画の演出として見ると非常に憧れを持つような描き方になっている。
お互いの人生を相手の場所でやり直すという不思議な内容だが、こんなことが本当にあったら毎日ワクワクしてさぞ楽しみが増えることだろう。
今までの恋愛映画に中でもこのようなストーリーは珍しいので必見である。

キャストが豪華で最高

女性2人はキャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレット、そして男性はジュード・ロウとジャック・ブラックというかなり強力なメンバー。
だからこそ観客の興味を惹けたし興行成績に結果がでたのだろう。
ジュード・ロウは意外にもジャンル問わず出演作品が多い。
しかし個人的には恋愛映画が一番向いている、しかも一見プレイボーイなのに真面目という役柄は妙にはまっていた。

またジャック・ブラックが素晴らしい。
それまではコメディのイメージが強かった彼だが、この作品で一変。
まさに見た目とのギャップを使った見事なイメチェンを謀られてしまった。
普段彼が苦手だという人でもこの映画を見るとジャックへの見方が変わり、好意的な印象を持つ人が増えるだろう。

安心して見ることができるラストのハッピーシーン

あまりドギマギせずに見ることができる恋愛映画。
「もちろんそうなるよね」というラストの4人のパーティーシーンは、心に響いて余韻を残してくれた。
安心して4人の恋模様を観察できるので、仕事などで疲れた女性の方必見。
最後はほんわか心が暖かくなるのが実感できる作品である。

ホリデイ 感想まとめ

ラブコメ女王、キングと言えばまさにキャメロン・ディアスとジュード・ロウである。
キャメロンのくしゃっと笑った顔と、いかにも寂しげに泣く顔は本当にキュートで愛らしい。
そんな彼女とプレイボーイ役が板についてきたジュード・ロウが共演というとラブコメファンとしては見逃すわけにはいかない。
しかも予想を上回って良いできになっている。
恋愛映画だと大抵は同じような流れで、ラストシーンになってしまう。
ホリディも全く同じ匂いがしていたが、実際鑑賞してみると大きく外れていた。
意外にも構成もしっかりしており、他の恋愛映画よりもしっかりとした作りになっている。
そのため見ごたえがあり、見終わったあとは心の余韻として残りやすいのだろう。

Amazon 映画『ホリデイ』の商品を見てみる