映画『めぐり逢わせのお弁当』あらすじ・ネタバレ結末と感想

めぐり逢わせのお弁当の概要:「スラムドッグ$ミリオネア」のイルファン・カーン主演の恋愛映画。共演はニムラト・カウル。夫への愛情弁当が誤配されてしまったことから起きる出会い、交流を描く。リテーシュ・バトラ監督の2013年印・仏・独映画。

めぐり逢わせのお弁当 あらすじ

めぐり逢わせのお弁当
映画『めぐり逢わせのお弁当』のあらすじを紹介します。

インド、ムンバイ。夫からの愛情を取り戻したいと張り切って4段重ねのお弁当を作った、主婦イラ(ニムラト・カウル)。残さず食べられて弁当が戻ってくるが、夫にお弁当について聞いてもつれない様子。やがて弁当が誤配されている事に気づく。

インドには弁当宅配サービスがあり、夫の会社にお昼時届けられるようになっているのだ。一方、主婦イラの弁当が誤配され、その弁当を食べたのは妻を数年前に亡くした会計士のサージャン(イルファン・カーン)だった。一口食べて、イラのカレーの味に虜になってしまう。

やがて、2人は弁当の中に忍ばせた手紙を通して交流を始めます。ある時、夫の不倫を知ったイラは手紙でその事を相談し、サージャンの言葉に励まされるのでした。また、幸せの国ブータンに行きたいと思うイラに対して、サージャンもまた一緒に行きたいと夢見るのです。

サージャンは退職目前のため、新入りの会計士がやってくるが、ミスばかり。サージャンは仕事を教えなかった事を反省し、彼に関わるようになります。風変りな新人だったが、孤児である彼の結婚式に身内代表として参加した。

めぐり逢わせのお弁当 ネタバレ結末・ラスト

イラはある日、手紙に”私達は会うべきだわ。”と書き、2人はカフェで会うことになった。

しかし、何時間待ってもサージャンは現れなかった。実は、彼もカフェにいたのだが、イラが想像していたよりも若いので気後れしてしまったらしい。

翌日、空の弁当が彼に届けられます。

2人の想いはすれ違うのか?イラは思いきって、弁当の配達員から彼の会社を聞き、娘と共に訪ねます。ところが、サージャンは退職し、ナーシクに行くと言っていたと教えられます。

イラは装飾品を売ったお金で、娘と共にサージャンを追って旅立つ!”まちがった電車でも正しい場所に届くかしら。”と呟きながら。

めぐり逢わせのお弁当 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2013年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:リテーシュ・バトラ
  • キャスト:イルファン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー etc

めぐり逢わせのお弁当 批評・レビュー

映画『めぐり逢わせのお弁当』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

今日もカレー曜日!誤配されたお弁当が紡ぐ普遍的な愛の物語

歌わない、踊らないインド映画です。大人のしっとりとしたプラトニックな愛を楽しみたい方におすすめ。メールが主流の世の中ですが、お弁当と共に届けられる手紙での交流が胸をキュンとさせます。

インドに弁当宅配サービスがあったなんていうのも新鮮です。日本と違い、お昼頃に温かいお弁当が届くシステム。毎日、カレー弁当でもきっと飽きが来ないだろうなぁ。主婦イラの作るお弁当が美味しそう。

時にカレーが辛すぎた日もあったけど、観ているだけでお腹がすきます。インド映画を観る楽しみの1つに、食事などインドの日常生活を知ることができるのが嬉しい。インドの満員電車は日本と比べようもないほど、人であふれているし、食事風景にはスパイスの効いたカレーの匂いが画面から伝わってきます。

2人の恋も素敵なのですが、主婦イラと隣りに住むおばさんとの声と物を使った会話もいい。夫への弁当作りをしていると、味付けのアドバイスや悩みを聞いてくれます。また主人公の気持ちを「私のサージャン」という歌で代弁している点にも注目して下さい。

サージャン役を演じた、イルファン・カーンの魅力

スラムドッグ$ミリオネア」(08)や「ダージリン急行」(07)等に出演し、柔らかな存在感を魅せる俳優です。この映画では、退職前の会計士を演じ、風変わりな新人会計士に振り回されたり、イラとの恋にときめく役どころです。嫌みがなく、まじめな感じが共感できるのではないでしょうか。

インド映画は、主役や主要人物が風変りな人物にあたふたする構図が多い。特に大事な書類の上で野菜を刻む新人にはびっくり!日本人でもこんな人はいないでしょう。コメディなのか、本当にそんな人がいるのか気になります。そんな新人に悩まされても、安定した演技と抑えた表現なのが、イルファン・カーンの素晴らしい点です。

インドの俳優の派手さはないけれど、親しみやすい魅力があります。2015年には、ハリウッド映画「ジュラシック・ワールド」にも出演。これからの活動が楽しみです!

めぐり逢わせのお弁当 感想まとめ

インド映画に描かれる恋愛はいつだって波乱づくめだ。弁当の誤配で偶然に出会うなんて、そんなきっかけも面白い。主演のニムラト・カウルとイルファン・カーンの演技がいい。歌ったり、踊ったりといった派手さはないけれど、お弁当&手紙の古典的な道具が作品のスパイスになっています。

映画のラストに関しては、これで良かったのかなと消化不良な気持ちになりました。実際は娘もいるからサージャンを追いかけないんじゃないかと筆者なら思います。”まちがった電車でも正しい場所に届くかしら。”と考える、主婦イラ。

まちがったと思ったなら、人生を軌道修正する勇気も必要。この映画を支える2人の演技が心地よくて何度も観たくなります。ハリウッド映画でも活躍中のイルファン・カーンの最新作は、2016年秋に公開予定の「インフェルノ(原題)」です。ぜひ、ご期待下さい。

Amazon 映画『めぐり逢わせのお弁当』の商品を見てみる