映画『めぐり逢わせのお弁当』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『めぐり逢わせのお弁当』のネタバレあらすじ結末

めぐり逢わせのお弁当の概要:カンヌ国際映画祭をはじめ、世界各国で受賞歴のある印・仏・独合作のヒューマンドラマ。誤配率600万分の1という驚異の正確性を誇るインドの弁当配達システムが生んだ、奇跡の出会いの物語。

めぐり逢わせのお弁当の作品概要

めぐり逢わせのお弁当

公開日:2013年
上映時間:105分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:リテーシュ・バトラ
キャスト:イルファン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー etc

めぐり逢わせのお弁当の登場人物(キャスト)

サージャン(イルファーン・カーン)
保険会社に勤続35年の損害査定部員。妻を亡くし、弁当屋の配達弁当を食べる毎日。人嫌いで孤立している。
イラ(ニムラト・カウル)
料理上手な専業主婦。夫の愛を取り戻そうと、お弁当作りに奮闘。娘と三人暮らし。
シャイク(ナワーズッディーン・シッディーキー)
早期退職するサージャンの後任者。孤児。サウジアラビアで職を転々としていたが、恋人を得てムンバイに定住。
おばさん(バーラティー・アーチュレーカル)
イラの上階に住み、寝たきりの夫を介護している。イラの良き相談相手で、料理も指導。

めぐり逢わせのお弁当のネタバレあらすじ

映画『めぐり逢わせのお弁当』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

めぐり逢わせのお弁当のあらすじ【起】

ムンバイに暮らすイラは、毎日娘の世話をし夫のお弁当を作る普通の専業主婦。上階に住むおばさん仕込みの料理で、冷めきってしまった夫との仲を修復したいと願い、今日も緑色のバッグに入ったお弁当箱を配達人の手に託す。配達人はそうして何百ものお弁当を集め、自転車や電車でムンバイ中に配っていく。

イラの緑色のランチバッグも順調に運ばれていくが、その日辿り着いたのは夫の元ではなく、リタイア目前の会計係サージャンのデスクだった。彼は紹介された後任の青年シャイクをむげに追い払い、一人昼休みに入ってしまうような男だった。

お弁当箱のふたを開け、サージャンはふと、いつもと香りが違う事に気が付く。4段重ねのお弁当箱を次々と開け、中を確認し、勢い込んで食べ始めた。そして、お弁当箱は再びイラの元へ。舐めたように綺麗になった様子を見て喜び、夫の帰りを待つイラ。化粧にも身が入る。しかし、帰ってきた夫はいつも通りで、お弁当について尋ねても、入れたはずのないカリフラワーがおいしかったという始末。

一方、サージャンは約束の時間に現れなかったシャイクを見捨て、数分と待たず退社してしまう。そして帰路、弁当屋に寄って退職と配達契約解消の旨を告げるのだが、去り際に今日の弁当はおいしかった、と礼を言う。弁当屋は驚き、明日もまたカリフラワーを入れてやろうと決めた。

自宅の敷地にボールを入れてしまい困る子供たちを放って家に入るサージャン。ベランダで煙草を吸い隣家の食卓風景を眺めていると、視線に気づいた中の子供に窓を閉められた。夕食は一人わびしく、テイクアウトのカレーを食べる。しかし、イラもまた、テレビの音しかしない食卓を夫と娘と囲んでいるのだった。

めぐり逢わせのお弁当のあらすじ【承】

翌日、サージャンはお弁当の香りに再び心を弾ませる。いざ食べ始めようとしたところで、お弁当箱の中に手紙を見つけた。手紙には、イラが夫に料理で愛を伝えたかったが間違って配達されたこと、綺麗に食べてくれて嬉しかったことが綴ってあった。この手紙はおばさんのアイディアで、もし夫が読んだとしても妻の気持ちがわかるだろうという算段だった。それに対しサージャンは、一言だけ、“今日のは塩辛かった”と返事を書いた。こうして、イラとサージャンの文通が始まった。

次第に、イラは個人的な事も手紙に書くようになっていく。15年間寝たきりで天井のファンを見つめるだけのおじさんのこと、それを看病するおばさんのこと、そして携帯を見るばかりでおじさんと変わらない夫のこと。サージャンは夫が忙しいのは現代の急激な発展のせいだから仕方がない、他界した妻も土地が無く立ったまま埋葬された、それより子供を増やしたらどうかと提案する。イラもその気になるが、夫は相変わらずで、毎日カリフラワーは止めろというだけだった。

翌朝、町中がものすごい渋滞に。母娘がビルから飛び降りたらしい。お弁当が届くまで、気が気じゃないサージャン。配達されたお弁当箱の香りを恐る恐る嗅ぎ、ようやく安堵する。イラも飛び降りのニュースを聞いていた。彼女は以前自殺した弟を想い、人は彼らの心が弱いというが、心が弱ければ自殺なんてできるはずがないと綴っていた。サージャンは通勤電車で老婆からチカンされた話を書き、イラを笑わせる。おばさんにどんなことでも話していたイラだが、いつしかサージャンとの手紙のことは話さなくなっていた。

だんだんと、サージャンはシャイクにも心を許すようになる。孤児で何でも独学で身に着けてきたシャイクは人懐こく、会社を出てもサージャンにまとわりついた。職場では猫殺しの噂があるようなサージャンだが、シャイクは彼に身の上話をし、恋人の写真を見せ、得意料理を食べに家に来るよう約束させるのだった。

めぐり逢わせのお弁当のあらすじ【転】

イラとの文通が、サージャンの生活を変えていた。妻が生前好きだったTV番組を見て妻の笑顔を思い出し、街を歩いて絵を買い、思い出の建物を探した。イラもサージャンの健康を心配し、好物を弁当に入れてやった。

一方、イラの母は肺がんの父の看病と薬代の工面に疲れ果て、そんな母を見たイラは幸せの国ブータンに憧れるようになる。それを手紙に書くと、サージャンも彼女とブータンに行きたいと返すのだった。シャイクが教えてくれた、“間違った電車が正しい場所に辿り着くこともある”という言葉もサージャンの背中を押していた。そして、ついにイラはサージャンと会うと決心し、彼をカフェに誘う手紙を書いた。

その晩は、業務でクビになりそうになったシャイクをサージャンがかばったお礼に、シャイクの家で夕食がふるまわれた。結婚式を控えたシャイクの後見人を引き受け、仕事の面倒も見なければならないし、サージャンはムンバイで仕事を続ける気になっていた。

翌日、イラに会うつもりで身支度をしたサージャンは、自分の体臭が祖父にそっくりだと気が付いてしまう。そして、通勤電車では若者に席を譲られた。仕事を続ける気は失せ、若く美しいイラの前に姿を現すことはできなかった。一人待ち続けたイラから届いた空っぽのお弁当箱に、サージャンは謝罪と感謝の手紙を入れた。今まで夢を見させてくれてありがとう、と。

めぐり逢わせのお弁当のあらすじ【結】

シャイクの結婚式の日がやって来る。サージャンは恋人を連れて行くと約束していたが、結局一人でシャイクの後見人を務めることになった。別れ際、シャイクが一等車で通勤するサージャンと一緒に帰りたいがために、わざわざ一等車の定期券を買い直したと聞かされる。心揺れるも、ムンバイを去りナーシクに引っ越すサージャン。

一方でイラは、父の訃報を聞き母の元へ駆けつけていた。介護に疲れ、父を疎ましく思っていたと告白する老いた母。家に帰ればおばさんが、ファンを見つめるだけのおじさんのため、ファンを止めずに掃除することに成功したと報告してくる。

たまらずイラはお弁当の配達人にカマをかけ、サージャンの会社の住所を聞き出すことに成功した。そして、娘を連れてタクシーに飛び乗るも、サージャンの席は既にシャイクのものになっていた。しかし、シャイクはイラを連れ、ナーシクへとスクーターを走らせる。ところが、二人はすれ違い、サージャンは思い直して元の自宅へ帰ってしまっていた。彼は遊ぶ子供のボールを拾ってやり、隣家の子供も窓を閉めずに手を振ってくれる。

イラは再びサージャンに手紙を書いた。アクセサリーを売って、ブータン行きのお金を工面したこと。夕方娘が学校から帰ったら家を出ること。この手紙をナーシクの郵便局に託すか、手元に置いておくか考えあぐねていること。間違った電車が正しい場所に着くことなんてあるのかどうか。

サージャンは一人電車に乗っている。行先は書いていない。しかし彼は、間違った電車が正しい場所に辿り着くこともあると信じている。

めぐり逢わせのお弁当の解説・レビュー

今日もカレー曜日!誤配されたお弁当が紡ぐ普遍的な愛の物語

歌わない、踊らないインド映画です。大人のしっとりとしたプラトニックな愛を楽しみたい方におすすめ。メールが主流の世の中ですが、お弁当と共に届けられる手紙での交流が胸をキュンとさせます。

インドに弁当宅配サービスがあったなんていうのも新鮮です。日本と違い、お昼頃に温かいお弁当が届くシステム。毎日、カレー弁当でもきっと飽きが来ないだろうなぁ。主婦イラの作るお弁当が美味しそう。

時にカレーが辛すぎた日もあったけど、観ているだけでお腹がすきます。インド映画を観る楽しみの1つに、食事などインドの日常生活を知ることができるのが嬉しい。インドの満員電車は日本と比べようもないほど、人であふれているし、食事風景にはスパイスの効いたカレーの匂いが画面から伝わってきます。

2人の恋も素敵なのですが、主婦イラと隣りに住むおばさんとの声と物を使った会話もいい。夫への弁当作りをしていると、味付けのアドバイスや悩みを聞いてくれます。また主人公の気持ちを「私のサージャン」という歌で代弁している点にも注目して下さい。

サージャン役を演じた、イルファン・カーンの魅力

スラムドッグ$ミリオネア」(08)や「ダージリン急行」(07)等に出演し、柔らかな存在感を魅せる俳優です。この映画では、退職前の会計士を演じ、風変わりな新人会計士に振り回されたり、イラとの恋にときめく役どころです。嫌みがなく、まじめな感じが共感できるのではないでしょうか。

インド映画は、主役や主要人物が風変りな人物にあたふたする構図が多い。特に大事な書類の上で野菜を刻む新人にはびっくり!日本人でもこんな人はいないでしょう。コメディなのか、本当にそんな人がいるのか気になります。そんな新人に悩まされても、安定した演技と抑えた表現なのが、イルファン・カーンの素晴らしい点です。

インドの俳優の派手さはないけれど、親しみやすい魅力があります。2015年には、ハリウッド映画「ジュラシック・ワールド」にも出演。これからの活動が楽しみです!

めぐり逢わせのお弁当の感想まとめ

インド映画に描かれる恋愛はいつだって波乱づくめだ。弁当の誤配で偶然に出会うなんて、そんなきっかけも面白い。主演のニムラト・カウルとイルファン・カーンの演技がいい。歌ったり、踊ったりといった派手さはないけれど、お弁当&手紙の古典的な道具が作品のスパイスになっています。

映画のラストに関しては、これで良かったのかなと消化不良な気持ちになりました。実際は娘もいるからサージャンを追いかけないんじゃないかと筆者なら思います。”まちがった電車でも正しい場所に届くかしら。”と考える、主婦イラ。

まちがったと思ったなら、人生を軌道修正する勇気も必要。この映画を支える2人の演技が心地よくて何度も観たくなります。ハリウッド映画でも活躍中のイルファン・カーンの最新作は、2016年秋に公開予定の「インフェルノ(原題)」です。ぜひ、ご期待下さい。

Amazon 映画『めぐり逢わせのお弁当』の商品を見てみる