映画『シャイニング(1980)』あらすじとネタバレ感想

シャイニング(1980)の概要:スティーヴン・キングの小説を原作とした、スタンリー・キューブリック監督・脚本・製作の1980年のホラー映画。ジャック・ニコルソンが、壊れたドアから顔を覗かせるシーンを使ったジャケットが有名な作品。

シャイニング あらすじ

シャイニング
映画『シャイニング(1980)』のあらすじを紹介します。

山の中にある“展望ホテル”で、冬の5ヶ月間、雪によってホテルに閉じ込められる形での管理人職をすることになったジャック。
かつて管理人をしていたグレイディーという男が突然おかしくなり、妻と娘を殺害した後に自殺したという“1970年の悲劇”という事件が起こったという曰く付きの仕事でもあった。

ホテル閉鎖日、ジャックは妻ウェンディと息子ダニーを連れてホテルにやってきた。
コックのハロランという黒人男性は、ダニーが自分と同じ“シャイニング”、超能力を持っている事に気が付いて語りかける。
ダニーは自分の中にいる“トニー”から未来を見せられることが多々あったが、それらに関してはダニーとトニーだけの秘密だった。
237号室が気になるダニーはハロランに尋ねるのだが、近寄ってはいけないと注意をされるだけだった。

閉鎖中のホテルで小説を書き上げようとしていたジャックは次第に神経質になっていき、例年にない大雪で電話が通じなくなってしまったと気が付くウェンディ。
そんな時、237号室におびき寄せられたダニーはそこで亡くなった女性の幽霊に襲われ、危険を察知した休暇中のハロランは“展望ホテル”へと急ぐ。
やがて“1970年の悲劇”のグレイディーの幽霊に出会ったジャックは、ウェンディとダニーの命を狙い始める。

シャイニング 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1980年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:ホラー
  • 監督:スタンリー・キューブリック
  • キャスト:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザース etc

シャイニング ネタバレ批評

映画『シャイニング(1980)』について、感想批評です。※ネタバレあり

原作とは別物で超能力はオマケ

大雪で交通手段が失われる間の、冬のホテルの住み込み管理人をしていた父ジャックがおかしくなり、妻ウェンディと超能力を持つ息子ダニーが脱出しようと画策するストーリー。
原作のスティーヴン・キングと監督スタンリー・キューブリックとの間に大きな確執が生まれた作品でもあり、原作とは全く違うストーリーになっている。

トニーという、ダニーの中の存在に関しては謎のまま終わってしまい、超能力もおまけ程度にしか使われておらず、どこか腑に落ちない作品。
ジャックはホテルの幽霊たちによっておかしくされたのか、それともダニーに怪我をさせた過去や「はずみだった」と言い訳している事から元々暴力的な一面があったのか、どっちつかずの中途半端なストーリーになってしまっている。
ハロランはホテルに駆けつけた後すぐにジャックに殺害されるので、後半に登場する意味がほとんど無い。

有名なジャック・ニコルソンのパッケージ

ミステリーなどに使われることもある、鏡に映すと意味のある言葉になるという「REDRAM」の原点でもあり、ダニーの書いた落書きが鏡に写って「殺人」という意味になった時の演出が絶妙に怖い。
ギネス記録にも残ったと言われる、100テイク以上かけて撮影されたジャック・ニコルソンの狂気に満ちた表情はパッケージにも使われているが、そのテイク数だけでも監督と出演者の気迫が感じられる。
ダニーを演じた子役のダニー・ロイド、幸薄で気弱な妻ウェンディを演じたシェリー・デュヴァルの、2人の緊張感に満ちた演技も引き込まれる。

不気味な雰囲気を漂わせる双子の少女が、一瞬だけ殺された直後の姿となって現れたり、237号室の美女が一瞬目を離した隙に死体に変わっているという、思わずドキリとするような怖がらせ方の演出はさすがとしか言いようが無い。
加えて、正気を失ってしまった父親ジャックから逃げなければならない、というのもスリルを味わうのには丁度良い。

シャイニング 感想まとめ

洋画ホラー映画の定番ともいえる作品のひとつで、スタンリー・キューブリック監督の知名度を上げた映画でもあります。
不名誉なことに、アカデミー賞授賞式の前日に行われている、最低な賞を決める第1回ゴールデンラズベリー賞を受賞した作品ですが、今では評価が高い作品になっています。

終盤で映されたホテルが創立された年の記念パーティーにジャックと同じ人物が映っている事から、ジャックがホテルに取り込まれた可能性、生まれ変わりという可能性、そして全てジャックの妄想だったという可能性も考えられるという、見る人それぞれに違った解釈を与える作品になっています。
原作者のスティーヴン・キング脚本・製作総指揮で1997年に作られたドラマ版もあり、そちらではダニーの超能力“シャイニング”やハロランの活躍も描かれ、トニーの正体にも触れられていました。

Amazon 映画『シャイニング(1980)』の商品を見てみる