『デフロスト』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2009年のアメリカ映画、地球温暖化で氷が解け太古のマンモスが地表に現れたことで巻き起こる寄生虫の恐怖を描いた作品。監督はマーク・A・ルイス、出演は「バットマン・フォーエヴァー」のヴァル・キルマー。

あらすじ

デフロスト』のあらすじを紹介します。

一人の男がカメラの前に座り語り始めた“私はデビッド・クルーペン、犠牲とは何か?”カナダ北極圏バンクス島晩春、氷がほとんど溶けてわずかに残った場所で餌を貪るように食べている白クマを観察する一団がいた。その白クマへ向けて一人が銃を発砲し見事命中、麻酔で眠ったそのクマを調査のため拠点へと運ぼうとしていた。そこへ現地のガイドがあるものを見つけたと報告に来た、それは氷が溶けて露出したマンモスの頭だった。白クマはマンモスの肉を食べていたのだ。

白クマはその後死亡、その2日後3人の学生とクルーペン博士の娘エヴリンがそのキャンプを訪れた。だが誰もいない、電気も水もない・・何があったのだろうか。やっと電気が通った時一行が目にしたのは白クマの死体だった。同行していたヘリコプターのパイロットは悪ふざけでクマに手を置き記念写真を撮ってもらうがその時虫に噛まれてしまう。ダニだからそのうち治るよと言われ気にも留めずにいたのだが一向にかゆみが収まらない。それどころか出血までするようになった。それは彼だけでなく学生2人にも表れ始める。

一体博士たちはどこに行ってしまったのか、無線で必死に呼びかけるとクルーペン博士の妹ジェーンが応答した。ジェーンはクルーペンと仲間をショットガンで撃ってキャンプに戻ってきた、そしてこん睡状態で発見される。死の直前意識を取り戻したジェーンはエヴリンに“ごめんなさい・・行かせられない”と謎の言葉を残して絶命。その死に方に疑問を持ったエヴリンたちは部屋を閉鎖する事にしたのだが・・

評価

  • 点数:20点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★☆☆☆☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:93分
  • ジャンル:ホラー
  • 監督:マーク・A・ルイス
  • キャスト:ヴァル・キルマー、マーサ・マックアイサック、アーロン・アシュモア、カイル・シュミット etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『デフロスト』について、考察・解説します。※ネタバレあり

クルーペン博士の目的とは?

ヴリンの父親クルーペン博士は有名な環境学者で自然を守るためなら少々手荒なこともやってのける人物です。“人は変わる事ができない”という持論を持っているためこの太古の寄生虫を使ってあることを考えます。それは人々が地球温暖化を陰謀だとか幻想だと一蹴し目をそむける限りこの状況を変える事ができないと悟り、自らの体に寄生虫を入れてそれを人間の世界へ解き放つという一種の環境テロをしようとしていたのです。

その声明ビデオを観た娘のエヴリンはそれを必死で止めようとしますが博士の決意は固く娘達をそのキャンプに置き去りにして自分だけ救助ヘリに乗り込みます。それを阻止するためエヴリンはヘリに向かって発砲し小屋へと墜落させます。

その後救助された彼女は博士の研究を発表して人々に意識を変えるように呼びかけますが反応は様々です。この世の終わりだという人もいますが大抵はデマだとかペテンだというばかりで信じようとしません。やはり現実を突き付けない限り人々の意識は変わらないのかもしれません。キャンプで死んだ学生の一人は博士の行動は正しいと言い、エヴリンはそれは間違っていると言って対立しますが果たしてどちらが正しいのでしょうか。

まとめ

物語の冒頭でテレビのインタビューシーンが流れ、思わせぶりに“人口が増えすぎて浪費している、地球は破滅寸前だ”と話している人物が映し出されます。その人物の正体は不明ですが演じているのはX-ファイルに登場するシガレット・スモーキング・マン(肺がん男)ことウィリアム・B・デイヴィスです。肺がん男のイメージが強すぎて彼が何かいうとその言葉の中に何か陰謀があるのではないかとつい考えてしまうのは製作者の思うつぼなんでしょうね。

メインのヴァル・キルマーはあまり登場せず娘のエヴリンを中心に進みますが、この方の演技はちょっと物語に入り込むことを邪魔する感じです。一緒にいる学生たちに助けられてなんとかなっていたのがひとりまた一人といなくなっていくとどうしても彼女の演技がわざとらしくて気が散ってしまうのが残念。それを除けば地球温暖化について考えるいい機会になると思いました。

Amazon 映画『デフロスト』の商品を見てみる