『シャレード(1963)』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

シャレード(1963)の概要:「シャレード」(原題:Charade)は、1963年のアメリカ映画。監督は「踊る大紐育」、「雨に唄えば」などで知られるミュージカル映画の巨匠スタンリー・ドーネン 。主演は「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」のオスカー女優、オードリー・ヘプバーン。共演に「北北西に進路を取れ」など数多くの名作に出演した名優ケーリー・グラント。ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディなど、脇を固める布陣も豪華なキャストである。

シャレード

シャレード あらすじ

映画『シャレード(1963)』のあらすじを紹介します。

フランスの冬の観光地。レジーナ(オードリー・ヘップバーン)はフランスの友人シルヴィーとスキーを楽しんでいた。彼女は夫との離婚を決意している。彼女はそのスキー場で偶然ピーター(ケーリー・グラント)と知り合い互いに強く心を惹かれる。彼女はパリのアパートに帰ったが、部屋は荒らされもぬけの殻になっており、唖然と立ち尽くすところへ警察が訪れ夫が殺害された事を知る。そして警察の事情聴取で、遺品からは夫名義の4冊もの偽装パスポートが発見され、彼女は愕然とする。夫の葬儀には弔問客として見知らぬ三人の男、テックス(ジェームズ・コバーン)、スコビー(ジョージ・ケネディ)、ギデオン(ネッド・グラス)が訪れる。呼び出しを受けたアメリカ大使館で、彼女は情報部長バーソロミュー(ウォルター・マッソー)から、夫はチャールズ・ランパートという名前ではなくチャールズ・ボスと言い、会葬に来た男たちと戦時中に共謀しアメリカ政府から25万ドルを盗み、山分けをすることになっていたと聞かされる。そしてチャールズはそれを裏切り、金を持って逃げるところを殺されたと付け加えられた。レジーナは街でピーターと再会し二人でクラブに出かけるが、そこに現れたテックスとギデオンに金を返せと次々に脅迫される。そしてピーターと別れて帰ったホテルの部屋にはスコビーが侵入しており、金を返せと彼女に迫る。レジーナの悲鳴を聞いて駆けつけたピーターは、窓づたいに逃げるスコビーを追って別の部屋に飛び込んだ。しかしピーターは裏で三人と共謀しており、各々に勝手な振る舞いでレジーナへ近づくことを戒めた。そしてレジーナの部屋にスコビーから電話が入り、ピーターが金目当てに彼女へ近づいたことを聞かされる。レジーナはやがてピーターの部屋でスコビーが死体となって発見された。そして、エレベーターの中でギデオン、自分の部屋でベンスロー、レジーナはバーソロミューに助けを求めホテルから飛び出し、彼と会ったとき事件の全貌を聞かされる。果たしてピーターは犯人なのか。話はそこから二転三転し意外な結末へと展開する。

シャレード 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1963年
  • 上映時間:113分
  • ジャンル:ミステリー、サスペンス、コメディ
  • 監督:スタンリー・ドーネン
  • キャスト:オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン etc

シャレード 批評 ※ネタバレ

映画『シャレード(1963)』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

オードリーが目立ち過ぎず、作品全体のバランスが良い

寝耳に水のような事件に巻き込まれながらも、オードリーの演技には悲壮感がなく、その状況を楽しんでいるような雰囲気でもあり、それぞれの出演者の演技もシリアスながら、どこかコメディタッチの空気感で描かれている。ストーリーは伏線にもひねりが利かされ、それぞれの共演者も一癖あるメンツが揃っているが、メインの相手役であるケイリー・グラントが、オードリーの相手としては幾分オジサン過ぎるところもあり、お互いに恋心を抱くような設定なら、もうちょっと若くてイキのいい相手役はいなかったのだろうかと思ったりもする。どう見ても親子にしか見えないキャスティングには少し無理があるような気がする。それを除けば事件の展開のプロセスなど、細かいディティールの描写には見所も多く、出演者の描きなども個性が発揮され、飽きることのない演出が随所に見受けられてユニークである。冒頭からオードリーを狙う拳銃のアップがあり、それが実は友人の子供が持つ水鉄砲だというようなシーンで始まるところなど、コメディとしてお楽しみくださいと言わんばかりの演出が心憎い。オードリーのファッションも幾分控えめであり、彼女のキャラクターを目立ちすぎないように配慮し、ストーリー重視の作りが作品全体のバランスを整えている。

スタンリー・ドーネン監督の辣腕が見える

美人女優が主演のミステリー映画と言うのは定番ではあるが、いい加減な内容でキャラクターが立ちすぎがっかりする場合が多い。しかし本作はストーリーが充分に練られており、二転三転のストーリー展開も楽しめる秀逸さが窺える。オードリーの存在感は言うに及ばずだが、ウォルター・マッソーの役作りがいい味を出している。ジェームズ・コバーンとジョージ・ケネディは悪役としてさすがの演技を見せ主役にヒケを取っていない。単なるミステリーやサスペンスという括りではなく、多くの要素を盛り込んで万人が楽しめるバラエティ豊かな方向性は、ミュージカル映画の巨匠、スタンリー・ドーネンの手腕がいかんなく発揮されたところである。

シャレード 感想まとめ

アルプスのモンブラン近くのスキー場からスタートして、パリへ移動するゴージャスな展開は、オードリーが出演する映画であるからこその舞台設定だろう。ヘンリー・マンシーニの主題曲も映画の作風に彩りを添えた洒落た音楽だ。クレジットに「MISS HEPBURN CLOTHES BY GIVENCHY」と表記され、ジバンシーが提供したオードリーの衣装も。33歳という大人の風貌を備えた彼女に相応しく、控えめでありながらも実にエレガントである。しいて言えば少々取って付けたような合成シーンが目についたぐらいだが、パリの地下鉄のシーンや街の風景など当時の雰囲気が至る所で楽しめる。そしてクライマックスのどんでん返しも意外な展開を見せ、ストーリー途中の何気ないシーンに上手く絡めているところなど、コメディタッチながらミステリーらしい結末で締めくくられて、スッキリした気持ちでエンディングを迎えられるところが良い。ラストでようやくケーリー・グラントがらしくなるのもお約束的なところだが、やっぱりもう少し若い俳優が良かったかなぁ。せめて白髪くらいは染めてくればいいのにと感じてしまった。

Amazon 映画『シャレード(1963)』の商品を見てみる