映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』あらすじネタバレ結末と感想

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの概要:2007年アメリカ映画。原作は「石油!」で20世紀初頭のアメリカ西部で油田開拓に人生を捧げた男達の物語を描いている。第80回アカデミー賞で主演男優賞を含む2部門を受賞した。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド あらすじネタバレ

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド あらすじ【起・承】

1902年のアメリカ西部。
金の採掘に成功したダニエルは、次は石油発掘をして金儲けをしようと企んでいた。
そして思惑通り石油発掘に成功した彼は、大金を手に入れ事業拡大をもくろむ。
しかしその途中仲間を石油の事故で亡くす。
そして彼の息子を引きとり、息子として育てることを決めた。

約10年後。
ダニエルは自他共に認める石油のプロとなる。
石油が発掘できそうな土地を見つけると早めに購入し、見事に掘り当てる山師だった。
周りから見ても彼の才能は凄かった。
ダニエルには息子が1人。
土地売買の交渉の場にHWという名前の息子を連れて行っていた。

お互い不器用ながらもそれなりに仲良く暮らしていた。
そこにヘンリーというダニエルの腹違いの弟だという男が現れる。
いかにも怪しい男だったが、ダニエルは家族として迎え仕事仲間にした。

ある日、ダニエルの元に新たな石油発掘が期待出来そうな土地情報が入る。
すぐさま向かうことにしたダニエル。
そこはカリフォルニアのサンデー牧場だった。
期待を込めてダニエルは、その土地をすぐに手に入れ掘り起こす。
すると今回もやはり石油が発掘された。
味をしめたダニエルは牧場周辺を買い取り、再び大金を手に入れることになる。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド あらすじ【転・結】

ある日その石油発掘の地で大爆発が起こる。
そこにいたHWはその事故のせいで耳が聞こえなくなってしまった。
可愛がっていたダニエルだったが、耳の聞こえない息子には用が無いと急に冷たく当たり出す。
HWは傷つき、ダニエルを憎むようになった。
そして思い詰めたHWは、ダニエルの家に放火をする。
この事実を知ったダニエルは、HWを家から追放した。

その後、ダニエルはヘンリーの行動に不審な点があることに気がつく。
その疑心は確信に変わりだし、ダニエルはヘンリーを殺すことに。
自分の信用を裏切られた気持ちでいっぱいのダニエルは、銃の引き金を引いた。

ダニエルが買い取った土地の持ち主は、イーライ牧師と言った。
彼は売買契約で手にした金で教会を改装。
そのおかげで教会に通う信者は断然増えた。
事件の後、ダニエルはイーライ牧師の教会を訪れる。
息子を追放したことで評判の悪いダニエルだった。
イーライ牧師の計らいにより村人の仲間入りは出来たが、皆の前で「実の息子を捨てた」と叫ばされるという侮辱を受けた。

その後、仲が復活した親子。
HWはダニエルの元に帰った。
縁がありイーライの娘と結婚したHW。
そこで彼は父にこういう。
「自分で会社を作りたいのだ」と。
これには今までの恩をあだで返されたと激怒するダニエル。
実はHWは養子であり、拾った子供だったと告げる。
「仕事の場に子供がいると有利になることもあるからだ」と。
HWの突拍子も無い願いに呆れて怒ったダニエルは、今度こそ家から追放した。

その後、経営困難で金の無心に来たイーライにダニエルは過去のことを思い出す。
自分が教会で叫ばされた侮辱のことだ。
ダニエルはイーライに「自分は偽預言者だ」と同じように叫ばせ、撲殺する。
ダニエルは「終わった」とぼそっと呟くのだった。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2007年
  • 上映時間:158分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
  • 監督:ポール・トーマス・アンダーソン
  • キャスト:ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、ケヴィン・J・オコナー、キアラン・ハインズ etc

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 批評・レビュー

映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

本当は家族思いの男

ダニエルは金儲け主義で利己的。
自分と金のことしか考えていないように思える。
実際そうなのだが、実は家族や友人思いの男なのである。

まず仲間が死んだことで、ためらいも無く息子を引き取ってあげる。
それには確かに土地の交渉に子供がいると有利だという計算もあっただろう。
しかしきっとそれだけでは無い。
だからこそ急遽弟だと名乗る怪しい男がやって来ても、話を信じ交渉の場に同行させたわけである。
どこかで家族の絆を求め、誰より人と繋がっていたい、そんな寂しい心の声が映画の中で良く表現されており感動さえする。

ラストシーンが見物

隠居生活をしていたダニエルの元に牧師がやってくる。
金の無心をしにきた牧師に長年の恨みが爆発。
そのくらい許せない屈辱を受けたのだ。
映画を実際に見ていない人は、この文字だけ見ると何故殺したのか?と疑問に思うかもしれないが、作品を見ればわかる。
上手く言葉に出来ない男の心理と情景が、非常に胸にくるものがある。

セットやロケ地の美しさ

石油発掘がメインなので、そんなに背景は華々しくは無い。
しかしこの時代の背景を見事に再現した映像は、美しい。
特に石油発掘時の様子はリアリティーがあり、周囲の環境はノスタルジックなものを感じさせ見事という他ない。
場面があまり変わらないため飽きが来るのも事実ではあるが、そこがより現実的であり説得力がある。
まるでここを知っているかのような臨場感を楽しむ事が出来た。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 感想まとめ

タイトルからは想像出来ないが、全編に渡り「石油」のことを描いている。
それもそのはず。
原作が「石油!」なのだから。
この前知識が無いと、びっくりするほど地味だと感じることだろう。

また知っている人は、思っていたよりも堅苦しくない作品であると思うかもしれない。
俳優を見てもいかにも男臭く歴史を描いている印象が強い映画だが、実際に見てみると女性でも見やすくオススメだ。
アカデミー賞主演男優賞を受賞したその演技にも大注目である。

Amazon 映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の商品を見てみる