映画『テルマエ・ロマエ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「テルマエ・ロマエ」のネタバレあらすじ結末

テルマエ・ロマエの概要:現代日本と古代ローマを行き来する、「風呂」がメインのタイムスリップもの。古代ローマ人という事で、出演者は阿部寛や市村正親、北村一輝など顔の濃いメンバーで統一されている。

テルマエ・ロマエの作品概要

テルマエ・ロマエ

公開日:2012年
上映時間:108分
ジャンル:コメディ、SF
監督:武内英樹
キャスト:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力 etc

テルマエ・ロマエの登場人物(キャスト)

ルシウス(阿部寛)
テルマエの設計技師。その堅物さ故に時代の流れについていけずにいたが、現代日本へタイムスリップし現代の公衆浴場を見た事で大きく変化を遂げる。
山越真実(上戸彩)
温泉旅館の娘で、漫画家希望の女性。ルシウスのタイムスリップする先に運命か偶然か必ず居合せる。
ハドリアヌス皇帝(市村正親)
暴君と名高い14代ローマ帝国皇帝。テルマエを愛し、テルマエの作成に力を入れている。

テルマエ・ロマエのネタバレあらすじ

映画『テルマエ・ロマエ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

テルマエ・ロマエのあらすじ【起】

紀元128年、当時のローマは後に暴君と称される事になるローマ帝国第14代皇帝ハドリアヌスによって統治されていました。反対勢力の多いハドリアヌスでしたが、彼が国のトップに君臨し続けた理由があります。それら彼がテルマエ、今でいう公衆浴場の建築に力を入れていた為です。

民衆はテルマエを楽しみ、日々の嫌なことも全てその場で洗い流すのです。テルマエの人気は消える事なく、時代の変遷と共に様々な嗜好を凝らしたテルマエが誕生します。しかし、その流れに乗ることができない男が一人いました。テルマエの設計技師、ルシウスです。彼はよく言えば真面目、悪く言えば堅物だった為、正統派のテルマエから抜け出せずにいました。

行き詰まるルシウスを見た友人は、彼をテルマエへと誘います。しかしそのテルマエの中で、ルシウスが溺れてしまいます。そしてやっと水面へと這い上がったルシウスはとんでもない光景を目にします。そこは自分がいたテルマエ、自分がいた世界とは違う人種の人々が暮らす世界でした。何と、ルシウスは現代の日本にタイムスリップしていたのでした。

テルマエ・ロマエのあらすじ【承】

そしてルシウスが目を覚ましたのは、日本の中でも公衆浴場の中だったのです。ルシウスは自分が今まで見たことのないテルマエに入るこの「平たい顔族」に驚きますが、女湯に入ってしまったルシウスは顔に物を投げつけられ気絶してしまいます。意識を戻したルシウスは、再びローマへ帰ってきていました。

そこでルシウスは自分が先ほど見てきた風呂上がりに飲むフルーツ牛乳や壁に描かれた富士山を自身の新しいテルマエに取り入れます。そしてそれは民衆に大受け、ルシウスは再び設計技師として名を上げる事になります。その後も、ルシウスは現代日本とローマを行き来します。その度にあかすりやシャワーなど、新しい知識を持ち帰ってくるルシウスの評判は先進的、とうなぎのぼりです。

そんなルシウスのもとに、一件の信じられない依頼が舞い込みます。ルシウスの評判を聞いたハドリアヌス皇帝その人が、自室の風呂を設計して欲しいとルシウスに依頼してきたのでした。あまりに名誉な事態にルシウスは歓喜に沸き、これもまた現代日本を参考にした洗浄機付き便座を作成し、皇帝を満足させるのでした。

テルマエ・ロマエのあらすじ【転】

その頃、ローマでは次の皇帝の候補者を選抜していました。一方、偶然か運命か、ルシウスがタイムスリップする先には真実という女性の姿がありました。彼女は田舎町の温泉旅館の娘で、現在は漫画家志望のため一人で東京で生活しています。次に現実世界へとタイムスリップしたルシウスは、なんと真実を巻き込んでローマ時代に戻ってしまうのです。

真実はそこで、アントニヌスという人物が属州に派遣される事になっていることを耳にします。しかし、真実の知っている歴史上ではアントニヌスではなくケイオニウスが属州へ派遣され、そしてそこで疫病にかかって亡くなるためにアントニヌスが皇帝の座に就くはずでした。このままアントニヌスが属州で亡くなれば歴史が変わってしまう事を危惧した真実は、ルシウスにある提案をします。

そこでルシウスは、アントニヌスの命令、という事でハドリアヌス皇帝軍が傷を癒せるテルマエ作りに着手します。しかし、戦場でのテルマエ作りは困難を極めました。そんな時、何故か真実の父親達、現代の公衆浴場のプロがこの世界にタイムスリップしてきます。

テルマエ・ロマエのあらすじ【結】

こうして、ローマのテルマエのプロ、そして現代の公衆浴場のプロが肩を並べる事となりました。そしてお湯に浸かるのではなく地熱を利用して体を癒す、オンドル小屋の知識が採用されました。負傷した兵隊達はオンドル小屋でその傷を癒し、皇帝軍の士気はますます高まり、そして戦争に無事に勝利を収めます。

そしてルシウスがこの提案者をアントニヌスとしていた事で、アントニヌスの手柄が認められ、属州に派遣されるのは歴史通りケイオニウスとなりました。無事に歴史を元どおりにした真実とルシウスでしたが、とうとう二人にも別れの瞬間がやってきます。真実がルシウスに出会えた喜びに涙を浮かべた時、真実の姿が透け始めたのです。そんな真実を見て、現実世界に戻るスイッチは「涙を流すこと」であった事に気がつきます。ルシウスが現代日本からローマへと戻ってくる時、いつも何らかの形で涙を流していたのでした。

そして現代日本へと帰還した真実は、ルシウスと今まで自分が体験してきた不思議な体験を漫画に起こし、漫画「テルマエ・ロマエ」を発表するのでした。

テルマエ・ロマエの解説・レビュー

阿部寛扮する「ルシウス」が面白い!

この作品の面白さは、「ルシウス」のリアクションに尽きると言っても過言ではありません。古代ローマ人としても違和感のないルックスと肉体美にも驚きですが、現代日本にタイムスリップした先で目にする物一つ一つへの衝撃の受け方が笑えます!現代日本人を「平たい顔族」として誤解し、その下級とみなした民族が想像を超えた技術を持っていることに恐怖を覚える様は笑いが込み上げてきます。今では当たり前なウォッシュレットで絶叫し、フルーツ牛乳の味わいに涙を流し、シャンプーハットに圧倒的な敗北感さえ感じる姿も、滑稽であり、可愛らしくもあり、その存在を新しい視点で見ることの新鮮さを感じられました。阿部寛の才能の豊かさに感心します!

徹底的に「ギャグ映画」として楽しもう!

随所に監督の遊び心が感じられます。日本人たちが古代ローマにタイムスリップする時、明らかに「人形」が渦巻きに飲み込まれていくシーンがあります(笑)その中に、「ミナミの帝王」で有名な竹内力が出演している(別人役)のですが、古代ローマ人に捕まっていて、一人だけ檻の中に猛獣のような扱いで閉じ込められているのには爆笑しました!ラストでは、真実は漫画家ですが、本作での出来事を漫画に書いて出版することになり、それが漫画版「テルマエ・ロマエ」であるという設定で終わっていくのです。つまり、この映画は生真面目に観るものではありません!

テルマエ・ロマエの感想まとめ

何も考えずにとにかく笑いたい方にお勧めします。ですが、真面目な方には合わないでしょう。終始、「ふざけてるの?」と思えるシーンの連続であり、その「おふざけ」を阿部寛が真剣に演じているところに本作の最大の魅力があるのです・・・が、見所もそこしかありません。上戸彩もいまいち存在感が弱く、ヒロインを張るには不十分な印象。歴史モノとして鑑賞しようにも、ギャグ要素が強すぎて、「古代ローマと現代日本を行き来する」という舞台設定しか活きておらず、「風呂」をテーマにした非常に狭い世界観で話が進んでいきます。熱いストーリーを期待すると「火傷」をしますので要注意!阿部寛の肉体美は一見の価値ありかと思いますが、観る人を選ぶのは間違いありません。

Amazon 映画『テルマエ・ロマエ』の商品を見てみる

関連作品