映画『サード・パーソン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「サード・パーソン」のネタバレあらすじ結末

サード・パーソンの概要:3組のカップルが織りなす群像劇。作家のマイケルは、若い作家のアンナと愛人関係だった。ホテルで情事を重ね言葉を交わすが、アンナにはマイケルとは別に、秘密の関係を続けている男性の存在があった。

サード・パーソンの作品概要

サード・パーソン

公開日:2013年
上映時間:137分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、ミステリー
監督:ポール・ハギス
キャスト:リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、オリヴィア・ワイルド etc

サード・パーソンの登場人物(キャスト)

マイケル(リーアム・ニーソン)
作家。アンナとは愛人関係。アンナと電話中に目を離してしまい、息子を亡くしている。スランプに陥っている。日常で起こったことなどを全て小説にしている。
ジュリア(ミラ・クニス)
客室係。かつて息子の殺害未遂で罪に問われており、精神鑑定を受けている。女優として働いていたが、息子を産むために辞めている。
リック(ジェームズ・フランコ)
画家。ジュリアの元夫。現在は息子のジェシーを引き取り、恋人のリサと育てている。だが、ジェシーに懐かれておらず、手を余している。
スコット(エイドリアン・ブロディ)
不正にデザイン画を入手して販売している。仕事の電話中に目を離している隙に娘を亡くしている。現在もそのことが忘れられず、苦しんでいる。
アンナ(オリヴィア・ワイルド)
作家。恋人関係になって傷つくことを恐れており、既婚者のマイケルと付き合うようになる。父親のダニエルともセックス関係にある。
モニカ(モラン・アティアス)
ロマ族の女性。娘を密航船から降ろすお金を用意するため、バーで出会ったスコットを利用する。
テレサ(マリア・ベロ)
スコットの元妻。ジュリアの担当弁護士。娘を死なせたスコットのことを許していない。
エレイン(キム・ベイシンガー)
マイケルの元妻。水恐怖症でプールに入れない。2週間前にマイケルと離婚している。
サム(ローン・シャバノル)
リックの恋人。ジェシーに懐かれており、実の親子のような関係。

サード・パーソンのネタバレあらすじ

映画『サード・パーソン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

サード・パーソンのあらすじ【起】

ジュリアは過去に子供の殺害未遂で罪に問われており、1年たった今でも息子のジェシーに面会ができない状態だった。弁護士のテレサに相談しているが、無実を信じてくれてはいなかった。ジュリアは自分を助けてくれないテレサに対して、腹立たしさを覚える。

リックは息子のジェシーを引き取って育てていた。ジェシーはリックの恋人のサムに懐いているが、自分に対しては我儘な態度を取るため、手を余していた。アメリカ人のスコットはイタリアに飛び、不正にデザイン画を入手して売り捌いていた。とあるバーで飲んでいると、美しい女性(モニカ)が入店してきた。スコットはモニカに目を奪われる。

作家のマイケルは、若い作家のアンナと愛人関係にあった。自身がスランプのため、アンナが新作を読んで欲しいと頼んできたとき、憮然とした態度を取って追い返してしまう。だが、マイケルはすぐに部屋を飛び出し、アンナを呼び戻した。

スコットはモニカと言葉を交わし、一杯のお酒を奢り合った。スコットは徐に携帯を取り出すと、娘がいることを話しモニカに写真を見せた。モニカも娘がいることを話すが、2年も会えていないのだと淋しそうに呟いた。だが、明日会う予定なのだと嬉しそうに微笑んだ。その時、バーにモニカ宛の電話が掛かってきた。モニカは電話で少し話した後、慌ただしく店を出ていった。

アンナには秘密の恋人(ダニエル)がいた。ダニエルからラインのメッセージが届くが、マイケルがシャワーから出てきたため慌てて携帯を隠した。

サード・パーソンのあらすじ【承】

スコットはモニカが座っていた椅子の傍に、鞄が落ちていることに気づく。店員に託して店を出た。次の日、スコットが同じバーに行くと、モニカと店員が揉めていた。鞄の中に入っていた5000ユーロが無くなっていたのだ。店員は無実だと叫び、モニカを店から追い出した。スコットはモニカを心配して後を追いかけた。

マイケルは週末アンナと一緒に過ごす約束をしていた。だが、アンナは別のフロアに部屋を取っていた。マイケルが責めると、関係が噂されるのは嫌だと怒って去っていってしまう。

モニカが持っていた5000ユーロは、娘を密航船から降ろすのに必要なお金だった。スコットはモニカを心配するが、モニカはそれ以上詳しいことをスコットに話そうとはしなかった。暗くなったのでホテルを取ろうとするが、ロマ族のモニカを見て、客室が一杯だと断られてしまう。モニカは怒り、駅のベンチに向かった。スコットもモニカについて行き、モニカの隣に座った。

アンナは借りていたバスローブを着て、マイケルの部屋を訪ねた。マイケルはバスローブだけを受け取ると、ドアを閉めてしまう。アンナは裸のまま締め出されてしまい、急いで自分の借りている部屋に戻った。何だか可笑しくて、アンナは布団にくるまりながら笑い転げた。

ジュリアは客室係として働いていた。客室を掃除中にテレサから電話がかかってきて、医師との面談場所が変更になったことを教えられる。ジュリアは慌ててその場にあった紙にメモを取るが、お客様が戻ってきてしまったため、慌てて部屋を出ていった。その時、メモを置き忘れてしまう。

サード・パーソンのあらすじ【転】

マイケルはアンナに原稿を読んだ感想を伝えた。アンナらしさが出ていないと批判をしていると、元妻のエレインから電話が掛かってくる。携帯の番号が変わったと言われたので、メモの裏側に番号を書き留めた。そのメモは、ジュリアが客室に置き忘れた紙だった。アンナはマイケルが寝室で電話をしている最中に、メモをポケットに入れた。電話終了後、マイケルから2週間前に妻と別れたと聞き、アンナは激しく動揺する。

マイケルは出版社に勤める友人と会った。その時、マイケルの書いた小説は出版できないと断られてしまう。処女作は素晴らしかったが、2作目以降は自分の人生の言い訳を書いているだけだと批判され、マイケルは絶句した。

ジュリアはメモを置き忘れたことに気づき客室へと戻るが、自分が書いたメモが見つからなかった。テレサに何度も電話を掛け、住所を聞くと慌ててタクシーに飛び乗った。テレサはジュリアが来たので医師に鑑定をしてくれと頼むが、45分遅刻しており、無理だと断られてしまう。テレサはジュリアを無責任だと責め、会わないのが息子のためだと叱ってその場を去った。ジュリアは涙を流し、トイレに向かった。リサも偶々その場におり、リックの元妻だと知らないまま、ティッシュを渡し言葉を交わした。

スコットは5000ユーロを持ってモニカと共に交渉人の男(カルロ)の元に向かった。だが、スコットの身なりを見て、更なる金額を要求され、交渉が決裂してしまう。モニカは激しく怒り、スコットにお金を返せと迫り、持っていたお金を奪った。そこには、モニカがカルロの電話番号をメモお札があった。

アンナはダニエルと会うことを決める。マイケルからご飯を食べようと電話で誘われるが、アンナはそれを断った。すると、マイケルが追いかけてきて、行くなと引き止められる。アンナは既婚者ではなくなったマイケルと関係を続ける気はなく、新しい人を探せばいいと罵り、マイケルの手を振り切ってその場を立ち去った。

サード・パーソンのあらすじ【結】

スコットはお金を用意してカルロの元に向かった。その場にはモニカの姿もあった。スコットはカルロにお金を渡し娘を返せと迫るが、更なるお金を要求される。スコットはモニカと共にその場を離れた。モニカは自分の家から拳銃を持ち出そうとしていたため、スコットが慌ててそれを止めた。そして、お金を置いて行ったのはわざとだろうとモニカに迫った。モニカはそれを認め、カルロが自分を憎んでおり、大金を要求されることが分かっていたことを打ち明けた。その後、スコットはモニカを連れてホテルへと戻った。フロントマンから止められるが、妻だと偽り平然と入っていった。2人はベッドの上で他愛のない話をした後、キスをした。

アンナはダニエルとセックスをした後、泣きながら服に着替えた。酷い顔色のままホテルに戻ると、たくさんの白い薔薇が部屋に飾られていた。マイケルの部屋に行き、プライドはないのかと責めた後、マイケルの腕の中で泣き喚いた。その後、アンナはダニエルに電話で別れを告げ、最後に父さんと呟いた。

スコットはお金を持ってカルロに会いに行った。カルロが乗っているバイクを見て、モニカのお金を追って尾行されていたことを知る。その後、スコットはモニカを呼び出し、カルロとの関係を問いただした。モニカは頑なに話そうとはしなかったが、娘のことは本当だと断言した。スコットは用意したお金をモニカに渡し、モニカが立ち去る様子を見ていた。

ジュリアはリックの家に行き、ジェシーに会わせて欲しいと頼んだ。リックは会わせる代わりに、息子を殺そうとしたことを自白しろと強要した。ジュリアは嫌がるが、息子に会うために自白をした。だが、リックは会わせようとせず、泣き叫ぶジュリアの足を引き摺ってエレベーターに乗せようとした。その時、別の部屋からリサとジェシーが現れる。ジェシーはエレベーターに飛び移り、ジュリアに抱きついた。ジュリアはジェシーにぬいぐるみを渡すと、家から出ていった。リックはジェシーを抱きしめ、どこにも行くなと懇願した。

スコットは元妻のテレサに久しぶりに電話を掛けた。自分の不注意で亡くしてしまった娘を忘れられず、苦しんでいる胸の内を吐露した。だが、テレサはスコットのことを許せず、早々に電話を切った。

マイケルは新たな小説を出版社の友人に見せた。友人から彼女がゴシップに追いかけられるぞと忠告されるが、マイケルは意に返さなかった。友人は小説の出版を決める。スコットのホテルにモニカが訪ねてきた。何も言わずに連れ去ってくれるか聞かれ、スコットはそれを了承した。ジュリアはジェシーにリックのことを託して立ち去っていた。リックはジュリアに電話を掛け、会わせることを約束した。

マイケルはエレインに電話を掛け、小説の感想を求めた。マイケルは自身の息子の死や、父親とアンナの関係を小説にしていた。エレインはひどい人だとマイケルを非難した。その時、マイケルの日記を見ていたアンナは、顔を強張らせながらマイケルの元を去った。マイケルはアンナを追いかけるが、アンナの姿は見つからなかった。後には、噴水の縁に座る男の子の姿があった。

Amazon 映画『サード・パーソン』の商品を見てみる