映画『タイガー・ハウス』あらすじネタバレ結末と感想

タイガー・ハウスの概要:2015年に製作されたサスペンスアクションムービー。主演は「メイズ・ランナー」シリーズに出演中の若手女優カヤ・スコデラーリオ、監督はトム・デイリー。原題は「Tiger House」。

タイガー・ハウス あらすじネタバレ

タイガー・ハウス
映画『タイガー・ハウス』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

タイガー・ハウス あらすじ【起・承】

裕福な家庭に暮らすマークは、神経質な母親リンから恋人ケリーとの交際を反対されている。
マークの18歳の誕生日の夜、ケリーはマークの部屋に忍び込んで、妊娠したと打ち明けていた。

その日の深夜、マークの家に4人の強盗が押し入ってきた。
とっさにベッドの下に隠れたケリーだったが、強盗の一人、シェーンが大怪我をしてベッドに運ばれてくる。
携帯電話で助けを呼ぼうとするが、バッテリーが切れてしまい、完全に身動きが取れなくなったケリー。
リンが医者だったため、彼女がシェーンの応急処置をする。

そのまま朝を迎え、強盗たちの本来の目的、マークの父を使って銀行から大金を盗むという計画が開始される。
そしてシェーンと情緒不安定な男が、マークたちの見張り役として残された。

新体操をしていて体が柔らかいケリーは、隙をついてベッドの下から廊下に移動、マークとリンを助けようとする。
しかしリンの不倫相手が家を訪問し、強盗に見つかって無残に殺されたことで、大きなショックを受ける。

タイガー・ハウス あらすじ【転・結】

窓から逃げることもできたが、ケリーは強盗を倒そうとする。
失敗し、マークの部屋の屋根裏に逃げ込むと、かつてふざけたマークがケリーに怪我を負わせたボウガンがあった。
しかし、矢がないので使うこともできず、逃げ場も無いケリー。

再び隙をついて強盗を屋根裏に閉じ込めるが、瀕死のシェーンに銃を向けられる。
しかしシェーンはケリーの事を気に入り、彼女を見逃す。

マークとリンを助け、家から逃げ出そうとした3人の前に、大金をせしめた強盗たちが戻ってくる。
再び囚われたマークとリンを救うため、ケリーは反撃に出る。
マークが自分に放った矢をバッグから取り出して、屋根裏にあったボウガンで強盗を倒していくケリー。
しかし、証拠隠滅のために強盗が放った火が、家中にまわろうとしていた。

車に閉じ込められていたマークの父も助け出したケリーだったが、黒幕だった彼と残った1人の強盗に殺されそうになる。
瀕死のシェーンに再び助けられたケリー。
黒幕だとわかった夫を殺害するリン。

残ったマーク、リン、ケリーは口裏を合わせ、ケリーの将来のために大金を持ち逃げする事にした。

タイガー・ハウス 評価

  • 点数:55点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★☆☆☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:85分
  • ジャンル:サスペンス、アクション
  • 監督:トーマス・デイリー
  • キャスト:カヤ・スコデラーリオ、ダグレイ・スコット、エド・スクライン、ブランドン・オーレ etc

タイガー・ハウス 批評・レビュー

映画『タイガー・ハウス』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

「サプライズ」と「ハンガーゲーム」カットニスの劣化版

アダム・ウィンガード監督、サイモン・バレット脚本の「サプライズ」を連想させるような作品。
パッケージに写る主人公ケリーは、「ハンガーゲーム」シリーズ主人公のカットニスを連想させるかのような、ボウガンを持った女の子。
しかし「サプライズ」の劣化版のようなストーリーであり、盛り上がりに欠ける。

ケリーがベッドの下から飛び出し、強盗に占拠された彼氏マークの家の中を動き回るまで30分以上かかるので飽きてしまう。
真の黒幕がマークの父親というどんでん返しも、簡単に予想がついてしまう展開のため、すべてにおいてイマイチな作品。

設定が生かされないヒロインにガッカリ

新体操の経験から体が柔らかい、という設定を全く生かせておらず、パッケージのボウガンも2回しか使っていない。
妊娠しているという設定だが、お腹を気にするシーンもほとんどなく、無理な動きや激しい動きが多いので説得力は皆無。

犯人グループのひとり、シェーンがケリーを守るなど良い面ばかりを見せるため、犯人グループは悪人だからやっつけるというストーリーに違和感ばかりが目立つ。
また、犯人グループをやっつけようとするケリーに、感情移入できなくなってしまう。
ケリーにケガを負わせ、捨てると約束したボウガンを隠し持ち、ドラッグはやるし妊娠の責任を取ろうともしないマークの方が悪人に見えてくる。

これからが楽しみな女優カヤ・スコデラーリオ

ケリーを演じた、主演カヤ・スコデラーリオのキュートな魅力と、演技力は素晴らしい。
「メイズ・ランナー」、「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」に出演し、「パイレーツ・オブ・カリビアン」次回作への出演も決まっている彼女。

ストーリーは盛り上がりに欠けるが、カヤ・スコデラーリオの様々な表情を楽しむだけなら十分な作品。

タイガー・ハウス 感想まとめ

「サプライズ」の予想外の展開や残酷描写が苦手だったり、ヒロインには脅えて泣き出すシーンも必要だと考える人にとっては、面白いであろう作品。
しかし「サプライズ」のテンポや意外性、ボウガンを使うたくましいヒロイン代表ともいえる「ハンガーゲーム」のカットニスが好きな場合は、全く楽しめない作品。

声優キャストの名前は大きく公表されていないが、吹き替え版のセリフが棒読みでガッカリしてしまうので、字幕版で見ることをオススメしたい。
ジョニー・デップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン」次回作にも出演する、カヤ・スコデラーリオの演技は見もの。

Amazon 映画『タイガー・ハウス』の商品を見てみる