映画『ちはやふる 下の句』あらすじネタバレ結末と感想

ちはやふる 下の句の概要:『ちはやふる 下の句』は、末次由紀による同名大人気コミックの実写映画。前後編の後編。前編ではかるた部を創設して都大会で優勝した千早たちは、今回いよいよ全国大会に挑む。

ちはやふる 下の句 あらすじネタバレ

ちはやふる 下の句
映画『ちはやふる 下の句』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ちはやふる 下の句 あらすじ【起・承】

千早と太一が作った瑞沢高校かるた部は、都大会で見事優勝を果たした。千早は全国に行って新とかるたができると喜ぶが、新はもうかるたをやらないという。
二人は福井の新の家まで訪ねていくが、そこで新の祖父の死を知る。新の祖父は、かるたの永世名人であり、新にとっての師匠、そしてかるたそのものだった。そんな祖父の死をきっかけに、新は「何のためにかるたをやるのか」を見失ってしまったのだ。
千早と太一は、悲しみに暮れる新に無理やりかるたをやらせることもできず、東京へ戻るのだった。

全国大会に向けて瑞沢かるた部は練習に力を入れるが、千早は新のことばかり考えてしまう。そんな時、かるたクイーン若宮詩暢の存在を知る。若宮詩暢は最年少でクイーンとなり、さらに千早たちと同い年。新とは幼いころからのライバル関係だったと聞き、千早はクイーンに勝つことばかりを考えるようになる。「新をかるたの世界に引き戻すにはどうすれば」「クイーンに勝って強くなれば新にもう一度かるたをやってもらえるかも」と、左利きであるクイーンと戦うため、みんなとの団体戦対策ではなく、個人戦の練習ばかりに力を入れる。
太一はそんな千早を、チームのことを考えられないのならもう練習に来るな、と追い出してしまう。

ちはやふる 下の句 あらすじ【転・結】

一人になった千早は、強豪校である北央学園の練習に混ぜてもらうなど、練習を重ねるが、強くなるどころか空回りしてばかりだった。北央の部長・須藤は、そんな千早を見かねて、今まで北央が積み重ねてきた対戦校の情報をまとめたノートを渡す。代々チームとしてやってきたからこそ、チームを大切にしたからこそ強豪校になった。千早は今何を大事にするべきか気付く。

千早がかるた部に戻り、全国大会の日を迎える。
かるた部全員で近江神宮に参拝し、チーム一丸となって団体戦に臨むが、なんと千早は体調を崩して倒れてしまう。千早不在のまま団体戦を終えた。
翌日の個人戦。千早は早い段階でクイーン・若宮詩暢と当たる。クイーンを相手に全く歯がたたずに焦る千早を平常心にさせたのは、太一だった。太一に肩をたたかれ、周りを見渡すと昨日一緒に戦ったチームがいる。「一人じゃない」と気付いた千早は、気持ちを切り替えて再び試合に集中する。

試合には参加しなかったが、その場に新もいた。仲間を大切にしてかるたを楽しむ千早や太一の姿を見て、昔三人で楽しくかるたをやったことを思い出す。新もようやく前を向き始める。

結果は大差で負けてしまったが、晴れやかだった。帰ろうとする詩暢に、「クイーン戦でかるたをやろう」と告げるのだった。

ちはやふる 下の句 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2016年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:青春、コメディ、ラブストーリー
  • 監督:小泉徳宏
  • キャスト:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音 etc

ちはやふる 下の句 批評・レビュー

映画『ちはやふる 下の句』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

原作との違いから

劇場版は「上の句」からかなり原作と違うところがあった。何よりも、原作でははじめの方にあった新のストーリーを、映画ではこの後編に持ってきている。原作でもこの全国大会で本当に「かるたが好き」だと気づき、祖父がいるからではなく自分のためにかるたをやろうと決心するのは同じだが、そこに至るまでが結構長くて、映画ではそれが「下の句」にギュッと凝縮されている。
「上の句」が、太一のように「かるたの神様に見放された」、机くんのようにかるたの才能はないけどそれでも努力する人たちのストーリーだとすると、「下の句」はかるたの才能を持った人たちが「自分はなんのためにかるたをやるのか」を考え、もがくストーリーになっている。
このストーリー構成の入れ替えが、劇場版では前後編に分かれているぶん、よく機能していると感じた。

クイーンとの試合

「下の句」でいよいよ登場したクイーン・若宮詩暢。彼女の存在を意識するようになって、今まで「みんなで楽しくかるたをする」ことだけを考えていた千早がはじめて上を目指すことを考え始める。
今の千早では到底勝つことができないほど実力に差はあるけれど、これ以降ライバルになり、そして友達になっていく大事な人物である。
満を持しての登場で、その存在感がものすごい。松岡茉優が演じているのだが、もう若宮詩暢そのもの。クイーンとしての圧倒的なオーラがあり、熱血バカの千早とは対照的に冷ややかでかるたの取り方も静か。
「上の句」では千早の得意札「ちはやぶる」の歌にも象徴され、千早本人のテーマカラーでもあろう赤が鮮やかだったのが、「下の句」ではほとんど目立たない。千早が影の存在になってしまった印象である。意識してみると随所に千早と詩暢の対比が見られるので、注目してみると面白い。

ちはやふる 下の句 感想まとめ

今回は劇場版二部作の後編ではあったが、原作でいえばまだまだ序盤。「上の句」はかるた部を作って、太一の葛藤や机くんの成長など、さわやかな青春ものという感じでおさまりが良かった。かるたを知らない人にもかるたの面白さを知ってもらえる導入部だった。「下の句」はそこからやっと物語が動き出し始めるストーリーでしかないので、物足りなさを感じる。映画続編制作は決定しているので、今後どこまで描かれるのか注目したい。

Amazon 映画『ちはやふる 下の句』の商品を見てみる

関連作品