『築城せよ!』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

築城せよ!の概要:「築城せよ!」は、2009年の日本映画で愛知工業大学開学50周年記念映画。本作の監督である古波津陽が自主制作し、2006年のサンフェルナンドバレー国際映画祭最優秀外国語映画賞を受賞した「築城せよ。」のリメイク作品。長編映画化にあたって脚本を書き直し、2008年3月に製作開始、同年9月25日に撮影が開始された。監督は古波津陽。主演は歌舞伎役者の六代目 片岡愛之助。「釣りバカ日誌17」の海老瀬はな。共演には阿藤快、江守徹、藤田朋子、津村鷹志、ふせえりなど。

築城せよ! あらすじ

築城せよ!
映画『築城せよ!』のあらすじを紹介します。

愛知工業大学で建築構造学を学ぶ大学生の井原ナツキ(海老瀬はな)は、授業を抜け出し地元の公園にある戦国時代の城の遺跡へと向かった。そこは過疎化が進む愛知県の”猿投”(さなげ)という田舎町であり、町長の馬場虎兵衛(江守徹)は、地元の活性化と雇用対策のために、その土地にペットボトル工場を建設する計画を立てていた。住民たちに工場建設の説明会をするための集会が行われようとしていたある日、その土地に突然3人の戦国武将が現れる。彼らは400年前に自分の城を完成できずに無念の死を遂げた武士の霊だった。かつての領主「恩大寺隼人将(おんだいじ はやとのしょう)」が、町役場職員の石崎祐一(片岡愛之助)に憑依し、「猿渡勘鉄斎(さわたり かんてつさい)」が、ナツキの父・勘助(阿藤快)に憑依し、ホームレスのゴン(木津誠之)も何者かに憑依される。城を建てる事なく死んでしまった無念を晴らそうとする殿様は、「築城せよ!」の号令のもと、町民たちを城造りに動員しようとする。一方、住民たちの側も町おこしを期待して殿様に協力する事になり、無謀なプロジェクトが始まる事となった。憑依されたホームレスのゴンはすぐ元に戻ったが、自分の段ボールハウスに訪れた殿様に素材の説明をすると、殿様は段ボールで城を建てる事を思いつく。そこにやってきたナツキは城の建設に力を貸すために、ゴンと共に段ボール集めに町中を奔走する。そして築城現場に大量の段ボールが持ち込まれるが、殿様はロクな図面も用意しておらずナツキに図面を引くように命令する始末。やがてナツキの大学から生徒たちがボランティアで駆けつけ、人手も日増しに多くなって行き築城は順調に進み始める。しかしその陰で築城現場に工場を建てようとしていた町長は、段ボール城を撤去しようと秘策を練っていた。完成まであと一歩と迫った夜、宴会で盛り上がる段ボール城を、町長の指示を受けた一団が静かに包囲する。

築城せよ! 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:120分
  • ジャンル:SF、時代劇、コメディ、ヒューマンドラマ
  • 監督:古波津陽
  • キャスト:片岡愛之助、海老瀬はな、江守徹、阿藤快 etc

築城せよ! 批評 ※ネタバレ

映画『築城せよ!』について、感想批評です。※ネタバレあり

手作り感満載の楽しさ溢れる作品

愛知工業大学開学50周年記念映画という私的な内容ながら、段ボールという材料を使いボランティアという人海戦術で城を建てるという、何とも実験的な内容のユニークな映画である。物語がタイムスリップで現れた戦国武将の話ではなく、現在の人物に憑依したという設定もユニークである。特殊効果などは使っておらず、実際の石垣の上に段ボールの原寸大の城が建っているシーンには正直驚いてしまった。柱や梁も全て段ボール製で造り、瓦屋根も紙管で作っているところなどは、さすがに工業大学がアイデアを出して作ったシロモノであると感心させられる。40畳の広間で実際に宴会をしている場面や、襖に描かれた絵などもサマになっており、段ボール製のしゃちほこも見事である。俳優では江守徹や阿藤快といった演技派の面々が出演しているが、戦国武将役である歌舞伎役者の片岡愛之助がいい味を出しており、ヒロインの海老瀬はなも瑞々しい演技で映画の中に華を添えている。しかしながら一気に城が崩れて行くシーンは何とも勿体ない気がするが、雨や風であっけなく崩れてしまうだろうからそれも考慮したクライマックスだろう。アイデアとエンターテインメントに溢れた、手作り感満載の楽しい作品である。

自主制作的ながら大いに楽しめるアイデア

段ボールで原寸大の城を建てるというアイデアが、このユニークなシナリオを産んだのだろう。タイムスリップものではなく400年前の武士が現在の人間に憑依するという設定ながら、周囲の人間が大して驚いてなく、普通に接しているというところが何とも微笑ましい。というか多くの人間が気がついていないような感じなのであるが、シナリオの細かい部分などは気にせずに、段ボールの城造りを中心に観られるところが本作の見せどころである。仕事ではなく大勢の人間が集まって、どれほどのことを成し遂げられることが出来るかというプロセスが見られるのはそうあるものではない。自主制作から始まった大学の周年記念映画というものが、一般公開されるまでに及んだ貴重な作品なのではないだろうか。

築城せよ! 感想まとめ

アイデア次第で、どこでも町おこしができるという見本のような映画である。かつて「ふるさと創生」などで国から予算が下りる中、様々なアイデアが見聞きできたが、それも一時のブームみたいなもので、やがて「ゆるキャラ」に移項していったりと近年は低予算でアイデア勝負の方向性が見られるようになった。地方での客寄せというのは一過性に終わってしまう部分があるが、このような手作り感に溢れた参加型の大きなイベントというものは、考えれば意外と足下にネタが転がっているのではないだうか。そういった発想のヒントとしても、また地方が何かのムーブメントを起こすという自己啓発のためにも、いい刺激になるような作品であると感じた。

Amazon 映画『築城せよ!』の商品を見てみる