映画『地球に落ちて来た男』のネタバレあらすじ結末

地球に落ちて来た男の概要:「20世紀でもっとも影響力のあるミュージシャン」にも選ばれた伝説のロック・スター、デヴィッド・ボウイ主演で描く名作SF映画。地球にやってきた宇宙人の姿を、悲哀を交えて描く。

地球に落ちて来た男の作品概要

地球に落ちて来た男

公開日:1976年
上映時間:119分
ジャンル:SF
監督:ニコラス・ローグ
キャスト:デヴィッド・ボウイ、リップ・トーン、キャンディ・クラーク、バック・ヘンリー etc

地球に落ちて来た男の登場人物(キャスト)

トーマス・ジェローム・ニュートン(デヴィッド・ボウイ)
枯れ果てた遠い惑星から、水を求めて地球にやってきた宇宙人。故郷の妻子の元に帰るため、イギリス人のふりをして進んだ技術で会社を興し、宇宙船を開発しようとする。
ネイサン・ブライス(リップ・トーン)
科学が専門の大学教授。トーマスに見いだされ、宇宙船開発の仕事に雇われる。
メリー・ルー(キャンディ・クラーク)
トーマスが泊まったホテルの従業員。次第にトーマスと恋人関係に発展する。
オリバー・ファーンズワース(バック・ヘンリー)
特許法専門の弁護士。トーマスに雇われ、トーマスの会社「ワールド・エンタープライズ」を実質経営する立場に就く。

地球に落ちて来た男のネタバレあらすじ

映画『地球に落ちて来た男』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

地球に落ちて来た男のあらすじ【起】

ニューメキシコ州のとある湖。突如光が走り、謎の物体が湖に落ちてきた。そこからやってきた男は、街にたどり着き、「イギリス人のトーマス・ジェローム・ニュートン」と名乗る。彼はのどがひどく乾く様子で、水を何杯も飲んでいる。

特許法を専門とする弁護士、オリバー・ファーンズワースのもとにトーマスがやってきた。ファーンズワースはトーマスの持ってきた書類を見て驚愕する。そこに書かれた技術があれば9つの特許をとり、カメラ産業を手中に収めることができる。利益は3億ドルを超えるだろう。トーマスは莫大な金を必要としており、オリバーを通して新会社「ワールド・エンタープライズ」を興す。

大学に勤める科学者ネイサン・ブライスは、女生徒が持っていたワールド・エンタープライズ社製のカメラを見て、その技術に驚く。以来そこで働きたいと思うようになる。

トーマスはニューメキシコを訪れていた。ホテルの部屋に案内してもらう途中、エレベーターの揺れに失神してしまう。介抱してくれた従業員のメリー・ルーと、次第に恋人関係になっていく。

地球に落ちて来た男のあらすじ【承】

トーマスの会社は莫大な利益を得るようになっていた。トーマスは何台ものテレビを一度に見ながら、ファーンズワースに指示を出し続けていた。ネイサンはワールド・エンタープライズ社での研究の仕事を手に入れた。メリー・ルーは毎日のようにトーマスの住まいに足を運ぶようになっていた。メリー・ルーに聞かれ、トーマスは自分に妻がいることを明かす。

トーマスはメリー・ルーを連れてニューメキシコの郊外へ向かう。そこは以前彼が乗った謎の物体(宇宙船)が墜落した湖だった。トーマスは白昼夢のようなものを見る。それは砂漠化した惑星で、1人の宇宙人が妻子を残して宇宙船に乗り込む姿だった。トーマスはワールド・エンタープライズ社の財源を使って、宇宙計画に乗り出すことをファーンズワースに指示する。ネイサンも宇宙計画の技術面を任されることになり、例の湖のそばに住むことになった。

トーマスは次第に酒におぼれ、メリー・ルーとの中にも亀裂が生じ始めていた。トーマスはネイサンに会い、宇宙船を見せて仕事を指示する。一方、ワールド・エンタープライズ社だけが一人勝ちの状況をよく思わない者達も現れて、不穏な空気が流れ始める。

地球に落ちて来た男のあらすじ【転】

ネイサンはトーマスの家にX線カメラをしかけ、トーマスの正体に気づく。メリー・ルーもトーマスの本当の姿を見てしまう。トーマスは宇宙人だった。彼は砂漠化した星から水を求め、地球にやってきたのだ。故郷の星で、残された妻子の命の灯は尽きようとしている。

ついにトーマスの宇宙船が完成し、世間でも話題となる。メリー・ルーはファーンズワースを通じて手切れ金を渡され、泣き崩れる。ファーンズワースの家に男が押し入り、彼は高層階の窓から投げ落とされてしまった。会社の一人勝ちをよく思わない者達の仕業だった。トーマスにも魔の手が忍び寄る。

目覚めると、トーマスは医者たちに取り囲まれていた。ネイサンの密告により宇宙人であることがばれ、監禁され研究材料にされてしまっていたのだ。医者たちはトーマスの人格を無視し研究をすすめる。

月日がたち、ネイサンはメリー・ルーにトーマスが監禁されていることを教える。すでに中年になったメリー・ルーはトーマスの居所を探し当てた。まったく年をとった様子のないトーマスとつかの間の時間をすごすが、結局はケンカ別れしてしまう。

地球に落ちて来た男のあらすじ【結】

トーマスの宇宙船は破壊された。どれほどの月日が経っただろうか。ある日、トーマスは部屋の扉のカギが外され、監禁が解かれている事に気づく。トーマスは誰に見とがめられることもなく、建物から静かに逃げ出した。

さらに月日がたった。初老となったネイサンは、メリー・ルーと結婚していた。ワールド・エンタープライズ社での高給は今や過去のもの。今はサンタクロース姿の売り子をし、ささやかな生活を送っている。ネイサンは偶然店で見つけたレコードから、トーマスの行方を探し出すことに成功する。トーマスはカフェでひとり、酒を飲んでいた。研究材料にされていた時にX線を目に当てられたせいで、トーマスの目はほとんど見えなくなっていた。故郷の星に残してきた妻子はすでに亡くなっている。もう宇宙船を開発できるだけの金もない。それでもトーマスはいつか故郷に帰る夢を捨てられずにいるのだ。酒に酔ったトーマスは、静かに、そして悲しげにうなだれるのだった。

Amazon 映画『地球に落ちて来た男』の商品を見てみる