映画『タイムマシン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『タイムマシン』のネタバレあらすじ結末

タイムマシンの概要:H.G.ウェルズの名作『タイム・マシン』を原作としたSFファンタジー。恋人の死を防ぐためにタイムマシンを発明した主人公。何度過去に戻っても恋人の死を防げない理由を知るため、彼は80万年後の未来へたどりつくが……。

タイムマシンの作品概要

タイムマシン

公開日:2002年
上映時間:96分
ジャンル:SF、アクション、ファンタジー
監督:サイモン・ウェルズ、ゴア・ヴァービンスキー
キャスト:ガイ・ピアース、ジェレミー・アイアンズ、オーランド・ジョーンズ、シエンナ・ギロリー etc

タイムマシンの登場人物(キャスト)

アレクサンダー・ハーデゲン教授(ガイ・ピアース)
アメリカの大学教授。恋人を強盗に殺され、彼女の死を防ぐためにタイムマシンを発明する。
エマ(シエンナ・ギロリー)
アレクサンダーの恋人。アレクサンダーとのデート中に強盗に襲われ、死んでしまう。
マーラ(サマンサ・ムンバ)
80万年後の未来に住むエロイ族の女性。学校の教師で、エロイ族の大人の中で唯一、アレクサンダーと言葉が通じる。
ウーバー(ジェレミー・アイアンズ)
80万年後の未来の支配者。きわめて知能が高く、思考をコントロールする力がある。
ボックス(オーランド・ジョーンズ)
2030年の科学博物館で、来館者の質問に答えるA.I.〈人工知能〉。スクリーンに映し出される映像のみで実体はない。
カレン(オメロ・ムンバ)
エロイ族の少年。マーラの弟で、アレクサンダーと仲良くなる。
フィルビー(マーク・アディ)
アレクサンダーの数少ない友人。1890年のアメリカに暮らす。

タイムマシンのネタバレあらすじ

映画『タイムマシン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

タイムマシンのあらすじ【起】

1899年のニューヨーク。科学者のアレクサンダー・ハーデゲン教授は、スケート場で恋人のエマにプロポーズする。しかしその直後、強盗に襲われ、目の前でエマが殺されてしまった。アレクサンダーは、彼女の死の運命を変えるため、タイムトラベルを決意する。友人のフィルビーが止めるのも聞かず、アレクサンダーは家に閉じこもって研究にのめり込んだ。4年の歳月をかけて、ついに彼はタイムマシンの発明に成功する。

アレクサンダーはタイムマシンで、エマにプロポーズをした日に戻る。彼は強盗に襲われたスケート場を避け、急いでエマを街中に連れ出した。しかし、アレクサンダーが彼女のために花を買っているあいだに、馬車がエマに衝突し、またもや彼女は亡くなってしまった。何度過去に戻ってみても、どうやってもエマは亡くなってしまうだろうとアレクサンダーは気付く。アレクサンダーは、過去を変えられない理由、そしてエマを救う方法を未来の世界に求め、タイムマシンで未来に旅立った。

タイムマシンのあらすじ【承】

アレクサンダーは2030年のニューヨークに到着した。月への移住が現実味を帯びてきた時代のようだ。アレクサンダーは科学博物館に立ち寄った。そこには来館者の質問に答えるA.I.(人工知能)のボックスがいた。アレクサンダーはボックスにタイムトラベルについて質問する。しかし彼から返ってきた答えは「タイムトラベルは不可能」。この時代にも答えがないと知ったアレクサンダーは、さらに未来を目指す。

2037年まで進んだ時、周りの様子が一変した。まさにその時、月面爆破で月が崩壊、地球に隕石が降り注いでいたのだ。アレクサンダーは隕石の1つに当たり、気を失ってしまう。その間もタイムマシンは未来へ進み続ける。アレクサンダーが再び目を覚ました時、タイムマシンには80万年後の年号が表示されていた。

80万年後の未来。そこにはかつての文明はなく、エロイ族と言う原始的な種族が木の上を住み家に暮らしていた。英語は学校で教えられてはいるが、すでに死んだ言語で、大人になると皆忘れてしまうのだと言う。アレクサンダーは英語を話せる教師のマーラと、その弟カレンが住む家に身を寄せる。

タイムマシンのあらすじ【転】

エロイ族に老人がいないのを不思議に思うアレクサンダーだったが、ある日その謎が解ける。エロイ族たちが地下に住むもう1つの種族、モーロック族に襲われたのだ。長い間、モーロック族は定期的にエロイ族を狩り、食料にしていた。襲撃により、マーラがさらわれてしまう。アレクサンダーはマーラを助けようとエロイ族にかけあうが、エロイ族には戦う意思も、モーロック族の支配を覆す気もなかった。アレクサンダーは、1人でモーロック族の住む地下帝国と向かう。

アレクサンダーはマーラを助けようとするが、モーロック族につかまってしまった。連行されたアレクサンダーは、モーロック族の支配者ウーバーの前に引き出される。ウーバーはすぐれた知能を持ち、モーロック族とエロイ族の思考をコントロールしていた。ウーバーはアレクサンダーにタイムマシンを返し、過去を変えることはできない、このまま元いた時代に戻るようにと勧める。「なぜ過去を変えられないのか」という答えを探していたアレクサンダーに、ウーバーは「恋人が死んだから、君はタイムマシンを作った。恋人が死ぬ運命が変われば、君は過去に戻ることはなく彼女を助けられない」と諭す。過去を変えることは不可能なのだ。

タイムマシンのあらすじ【結】

アレクサンダーはウーバーの与えた答えを胸に抱き、タイムマシンに乗り込んだ。しかし、アレクサンダーはエロイ族を救うため、ウーバーともみ合いになる。格闘の末、ウーバーは時間移動のはざまに挟まれ、跡かたもなく朽ち果ててしまった。アレクサンダーはタイムマシンに懐中時計をかませ、マーラを助け出してモーロック族の地下帝国から脱出した。その直後、懐中時計がはさまったタイムマシンはオーバーヒートして暴走、急速な時の流れが地下帝国を包み、モーロック族は全滅した。

アレクサンダーはマーラとともにエロイ族たちの元に戻った。一同は喜んで2人を迎えた。タイムマシンがなくなった今、アレクサンダーは、マーラとともに80万年後のこの世界で一生を終えることを決意するのだった。アレクサンダーはマーラをタイムマシンがあった場所、すなわち1899年に自分の家があった場所に案内する。1899年のニューヨークでは、突然行方不明になったアレクサンダーの気配を、友人フィルビーが感じ取っていた。彼はどこか別の時代で幸せに暮らしているのだと悟るのだった。

Amazon 映画『タイムマシン』の商品を見てみる