『タイタンズを忘れない』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

タイタンズを忘れないの概要:2000年製作のアメリカ映画(原題:Remember The Taitans)。実話を基にした作品で、人種差別が強い1971年代に奇跡を起こすスポーツ物語である。

タイタンズを忘れない

タイタンズを忘れない あらすじ

映画『タイタンズを忘れない』のあらすじを紹介します。

時代は1971年。
人種差別問題が激化する中で、ヴァージニア州アレクサンドリア白人学校「TCW高校」は黒人高校「GW高校」と合併することが決まった。
そこで合併された高校のフットボール部「タイタンズ」のヘッドコーチに就任したのが黒人ブーン(デンゼル・ワシントン)だった。
TCW高校のヘッドコーチを勤めていた白人のビル・ヨーストは降格させられた。
元々通っていた白人学校の生徒や保護者はこの自体に納得がいかず講義するも、タイタンズではブーンの努力により部内の差別は減っていっていた。

1つにまとまっていくタイタンズとは裏腹に、実は教育委員会はブーンをコーチから解雇したがっていた。
そのため1試合でも負けたらコーチ解任だという案を告げられる。
しかし初戦は見事タイタンズの勝利で終わった。
次の試合は最強の敵、グローヴトン高校。
この試合で黒人の「牧師」は負傷し退場させられる、そこで選手チェンジで入ったロニーが挽回し無事勝利を手にすることができた。

この試合中の牧師の怪我は、白人選手レイによる仕業によるものであった。
白人選手ゲリーはけじめのため、レイを退部させる。
その後タイタンズの勢いはとどまる事を知らず、ついに州大会の決勝にこぎつける。

しかし決勝を控えた晩、レイは交通事故にあい半身不随となってしまう悲劇に見舞われた。
しかしこの悲劇に打ち勝つように試合に挑んだタイタンズは無事に勝利し、全米に2位という記録をだすことが出来たのだった。

タイタンズを忘れない 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2000年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ボアズ・イェーキン
  • キャスト:デンゼル・ワシントン、ライアン・ハースト、ウィル・パットン、ウッド・ハリス etc

タイタンズを忘れない 批評 ※ネタバレ

映画『タイタンズを忘れない』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

若者の心の形成に必要であるNHK的教育映画

公民権運動の激化によりどんなに小さな田舎町でも、黒人学校と白人学校は吸収合併するという事態が起こり始めた。
このことで、当然のように校内でも生徒同士で差別が激しくなってしまうこともあったのだ。

しかしそれが意味を成さないことだと、勇気を持って立ち上がる人が必ずいる。
それがタイタンズのヘッドコーチ・ブーンなのであつた。
チームをまとめるべく南北戦争で多くの若者が命を奪われた場所に生徒を連れて行くなど、教育者としてあるべき姿がそこにあった。
根強い差別が簡単に消えるわけではないが、1人1人の意識の改革がチームを1つにまとめ感動に導いている作品であり、すっと物語に溶け込む事が出来る。

アメリカのような目に見えた大きな人種差別問題こそなくとも、どこの国でも、どんなに小さな社会の中でも差別は生まれてしまう。
本作を観ることでその意識が少し変わっていくことを期待して作られたのではないだろうか。
非常に心を豊かにする道徳的映画であり、若者の心に届きやすい映画に仕上がっていると思う。

本格的なフットボールシーンは圧巻

アメリカの伝統的なスポーツと言えば「アメフト」である。
アメリカ映画では度々、ポップコーンなど食べ物を持ちながらTVを囲み、試合で盛り上がっているシーンに遭遇する。

そのくらい重要なスポーツであるアメフトだからこそ、描き方にも力を入れる。
特に本作のアメフトシーンは実際観たことが無人でも、その迫力を感じることができリアルな描き方がポイントである。

スポーツの面白さを描いたヒューマンドラマとしてのアメフトシーンは抜群であり、このシーンをしっかり見せることで社会派ドラマの重すぎる進行が和らいでいるように感じる。

タイタンズを忘れない 感想まとめ

アメリカ映画には数多くの人種問題を扱った映画がある。
しかし法廷ドラマや社会派ドラマなどは最初から最後まで緊迫し、多くの人が娯楽作品として見ることができるかというと少々厳しい。

しかし本作のようにスポーツをベースにした人種問題はどの世代にも見やすく、さらに心にすっと入ってくる。
勝利という同じ目標に向かって切磋琢磨していくうちに、人種問題の壁は非常に低く無意味なものであるということに気づかされていく若者たちの姿は輝いている。
自分もそうでありたいと願うし、世の中全体もこうであってほしいと心から思うのだ。
普段は意識しない問題でも、映画を観ることで考えさせられ自分の意識を改革してくれることも多々ある。

これだから映画はメッセージ性が強く、作る側の責任も大きいと痛感させられてしまう。
事実であるかどうかは関係なく、心に影響を与える映画はいつの時代も素晴らしい。
名作として残っているのも頷ける。

Amazon 映画『タイタンズを忘れない』の商品を見てみる