映画『トカレフ(2014)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トカレフ(2014)」のネタバレあらすじ結末

トカレフ(2014)の概要:ポールは美しい妻と可愛い娘に囲まれ、幸せに暮らしていた。そんなある日、娘が誘拐される事件が起こる。ポールはギャングに所属していた過去があり、復讐かと思われていたが、犯人からの身代金の連絡はなかった。そんな時、娘が遺体となって発見される。

トカレフの作品概要

トカレフ

公開日:2014年
上映時間:98分
ジャンル:アクション、サスペンス、ミステリー
監督:パコ・カベサス
キャスト:ニコラス・ケイジ、レイチェル・ニコルズ、マックス・ライアン、マイケル・マグレイディ etc

トカレフの登場人物(キャスト)

ポール・マグワイア(大人:ニコラス・ケイジ / 若い頃:ウェストン・ケイジ)
かつてはマフィアに所属し、様々な悪事に手を染めていた。現在は普通のビジネスマンとして、家族と幸せな日常を送っている。妻のメアリーが乳がんで亡くなった後、ヴァネッサと再婚した。ナイフでの戦いが得意。
ヴァネッサ・マグワイア(レイチェル・ニコルズ)
ポールの妻。ポールがかつて罪を犯していたことを知りながらも、深く愛している。
ケイン(マックス・ライアン)
ポールの友人。バーを経営している。若い頃からポールと一緒に犯罪に手を染めていた。
ダニー・ドハーティ(マイケル・マグレイディ)
ポールの友人。ケインと同じく、若い頃からポールと一緒に犯罪に手を染めていた。現在もマフィアのボスであるオコネルと繋がりがある。
フランシス・オコネル(ピーター・ストーメア)
ポールがかつて所属していたマフィアのボス。ポールがカタギに戻るのを手助けした。現在は車椅子で生活を送っている。
チェルノフ(パシャ・D・リチニコフ)
ロシア・マフィアのボス。19年前に麻薬の売人だった兄をポール達が殺したことを知り、オコネルに復讐する。
マイケル(マックス・ファウラー)
事件当夜、ケイトリンと共にポールの家にいた。ケイトリンのことを愛している。ケイトリンが誘拐されたことを証言するが、本当はマイケルが握っていた銃が、運悪くケイトリンの頭を撃ち抜いてしまう事故だった。
ケイトリン・マグワイア(オーブリー・ピープルズ)
ポールの1人娘。15歳。血は繋がっていないが、ヴァネッサと良好な関係を気づいている。事件に巻き込まれ、頭を撃ち抜かれた姿で発見される。
エヴァン(ジャック・ファラヒー)
マイケルとケイトリンの友人。事件当夜、ケイトリンと共にポールの家にいた。ケイトリンの遺体を隠すことを手伝う。
ピーター・セント・ジョン(ダニー・グローヴァー)
刑事。ポールがマフィアに所属していた頃からの知り合い。ポールの身を案じており、再び犯罪に手を染めることを何とか阻止しようと奮闘する。

トカレフのネタバレあらすじ

映画『トカレフ(2014)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トカレフのあらすじ【起】

ポールは娘のケイトリンことが心配で、学校まで送り迎えをしていた。ケイトリンはもうすぐ16歳の誕生日を迎えようとしており、ポールの友人のケインのバーを貸し切って祝うことになっていた。

ポールは妻のヴァネッサと共に、仕事関係の人から夕食会に招かれていた。出かける前に家に遊びに来ていたケイトリンの友人のマイケルに声を掛け、娘とデートに行きたいのか尋ねた。マイケルの表情から、ケイトリンのことを思っているのは明らかだった。マイケルが突然の話に戸惑っていると、ポールは麻薬などの犯罪に手を染めていないか確認した。マイケルが何もしていないと分かると、ポールはマイケルのことを励まし、出かけていった。

ポールの夕食会にピート警部が訪ねてきて、ケイトリンの危機を知らされる。1時間前に通報があり、ケイトリンと共に家にいたマイケルは負傷し、エヴァンは強いショックを受けて病院で鎮静剤を打たれている状態だった。黒ずくめの人達が家を押し入り、ケイトリンを連れ去っていったのだ。

誘拐犯からの身代金の要求はなかった。ピート警部はポールの過去の悪行を知っており、犯人に心当たりがないか尋ねた。だが、ポールは取り乱しながら、無いときっぱりと言い切った。その後、ヴァネッサは2人きりになった時に、ポールに本当に心当たりはないのか尋ねた。ポールはある1人の人物を思い浮かべていた。ヴァネッサはどんなことをしてでも連れ戻してくれと頼んだ。

トカレフのあらすじ【承】

ポールはマイケルに会いに行った。亡くなった妻のメアリーを守って侮辱してきた男の足を折った話をして、マイケルの恐怖を煽った。ポールは犯人の言葉に訛りはなかったのか、コロンなどの匂いはなかったのか尋ねるが、マイケルは何も覚えていなかった。マイケルはただ泣きながら、謝罪をした。

ポールは警察に見張られていて身動きが取れないため、友人のダニーとケインに助けを求めた。ダニー達は麻薬の売人を脅すなど、手荒な方法を使って誘拐犯の行方を探すが、一晩探しても何の手がかりも得られなかった。そんな時、ケイトリンが亡くなったと言う知らせが、警察からもたらされる。ポールはケイトリンの遺体の前で泣き崩れた。

ポールはかつて所属していたマフィアのボスであるオコネルから、復讐に手を染めるなと忠告を受ける。オコネルはポールがマフィアから抜けることを助けてくれた人物でもあった。ポールはただオコネルの言葉に頷いた。

ピート警部は犯人について何も手がかりを得られていなかった。ポールのやつれた様子から見ても、犯人を知っているとは思えなかった。ケイトリンの殺害に使用された銃はソ連製のトカレフで、ロシア・マフィアであるチェルノフ・ファミリーの事件に関連があることは分かった。

トカレフのあらすじ【転】

ダニー達は秘密裏に警察から情報を得て、トカレフが殺害に使用されたことを知る。そのことをポールに伝えると、ロシア人が関わっていることに激しく動揺を示した。ポールはダニー達を連れて、ロシアのマフィアが出入りしている賭博場を襲撃した。情報を得るために、自らが標的になったのだ。

ポール達はチェルノフの部下を捕まえるため、クラブを訪れた。だが、逃げられてしまったため、ダニーが咄嗟に発砲してしまう。チェルノフの部下は撃たれてもなお走って逃げたが、途中で腹を抑えて座り込んだ。追いついたポールがチェルノフの部下に、顔を知っているか尋ねた。19年前チェルノフの金を車から奪うため、目の前の男を車中から放り投げたことがあったのだ。だが、チェルノフの部下はポールの顔を知らなかった。マスクをしていて顔が見えなかったのだ。しかも、チェルノフは部下が金を奪ったと誤解していた。ポールは娘のことを聞こうとするが、その前にチェルノフの部下は亡くなってしまう。

ピート警部はポールの元を訪ね、犯罪に手を染めるなと忠告した。だが、ポールの悲しみはとても深く、ピート警部の話に耳を傾けようとはしなかった。その後も、ポール達はチェルノフの部下を襲撃した。

トカレフのあらすじ【結】

ケインの店にロシア人のグループが訪ねてきた。ケインは襲撃される前にポールに電話を掛けて助けを求めるが、ロシア人に見つかってしまい捕まってしまう。ポールはダニーに電話を掛けるが、繋がらなかった。その時、ポールはバイクに乗った不審な男を見つけ追跡するが、パトカーに阻まれてしまう。ピート警部はポールに事件に関わるなと忠告し、解放した。

ポールがダニーの元に行くと、ストリッパーと楽しんでいる最中だった。その頃、ケインはチェルノフから激しい拷問を受けていた。ポールの娘を襲ったことを尋ねるが、何も知らない様子だった。チェルノフからなぜポールの娘を襲う必要があるのか尋ねられ、ケインは19年前にヤクの売人を殺して金を奪ったことを話した。チェルノフはその話を聞き、激しく動揺した。その売人はチェルノフの兄だった。

ポールはダニーとの口論の最中、咄嗟にナイフで腹を刺してしまう。ダニーはそのまま息を引き取った。その頃、チェルノフはケインの亡骸を持って、オコネルに会っていた。そして、戦争を仕掛けてきたポールの代わりだと言って、オコネルの胸を銃で撃ち抜いた。

ポールは今までのことを全て考え直し、自分の家のクローゼットの中を確認した。そこには、1丁のトカレフが入った箱が収められていた。ポールはエヴァンにマイケルを呼び出してもらった。マイケルは銃でポールに脅され、事件の経緯を話した。ケイトリンはポールがマフィアに所属していたことを話し、証拠としてクローゼットの中の銃を見せた。マイケル達は初めての銃に興奮し、銃を持って雨の降る中遊んでいた。ケイトリンはマイケル達の遊びを止めさそうと近づくが、マイケルはそれに気づかずに発砲してしまったのだ。マイケルは謝罪しながら殺してくれと懇願するが、ポールは銃から手を放し、呆然としながらその場を立ち去った。

ポールは家に帰り、ヴァネッサに全てが終わったことを告げた。そして泣きながら、17歳の頃に初めて人を殺してから、犯罪に手を染めて生きた人生を悔いていることを話した。だが、その家にはポールの命を狙う刺客が近づいていた。そして、ポールの家から銃声が鳴り響いた。ヴァネッサは家から警察が遺体を運び出すのを、泣きながら見ていた。

Amazon 映画『トカレフ(2014)』の商品を見てみる