映画『東京家族』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「東京家族」のネタバレあらすじ結末

東京家族の概要:小津安二郎監督の名作「東京物語」(53)をモチーフにして、山田洋次監督が現代の家族像を描く。東京で忙しく暮らす子供たちと、子供たちに会うため田舎から上京してきた老夫婦の姿を通して、家族とは何かを静かだが厳しい視点で見つめる。

東京家族の作品概要

東京家族

公開日:2012年
上映時間:146分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:山田洋次
キャスト:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣 etc

東京家族の登場人物(キャスト)

平山周吉(橋爪功)
72歳。瀬戸内海に浮かぶ島で妻のとみこと暮らしている。定年退職前は教師をしていた。酒好きで、酔うと酒乱気味になる。現在は健康のため禁酒中。無口で頑固な昔気質の父親で、子供たちからは煙たがられている。
平山とみこ(吉行和子)
68歳。周吉の妻。温厚でのんびりとした優しい女性。頑固な夫と子供たちの緩和剤となり、家族の空気を和ませている。
平山幸一(西村雅彦)
周吉の長男。東京のつくし野で開業医をしている。冷静沈着で、喜怒哀楽を表に出さない。町医者として地元の患者さんを大事にしている。
平山文子(夏川結衣)
幸一の妻。長男の嫁として申し分のない賢い女性。中学生の長男・実と小学生の次男・勇の子育てに奮闘中。
金井滋子(中嶋朋子)
周吉の長女。都内の下町で小さな美容室を経営しており、従業員から“先生”と呼ばれている。現実的で気が強く、言いにくいこともはっきり口にする。子供はいない。
金井庫造(林家正蔵)
滋子の夫。いかにも髪結いの亭主といった風情の男で、温厚だが頼りない。
平山昌次(妻夫木聡)
周吉の次男。周吉夫婦にとって心配のタネで、特に周吉は昌次の良さが理解できない。母親似のマイペースな性格で、今は舞台美術の仕事をしている。愛車はボロボロのイタリア車。
間宮紀子(蒼井優)
昌次の彼女。東日本大震災のボランティアをしていて、昌次と知り合った。本屋で働く感じのいい娘で、とみこにも気に入られる。昌次とは結婚を前提に付き合っている。

東京家族のネタバレあらすじ

映画『東京家族』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

東京家族のあらすじ【起】

東京のはずれにある平山医院では、文子が義父母を迎える準備に追われていた。夫の幸一は開業医をしており、医院と床続きの自宅は狭かった。長男の実に文句を言われつつも、文子は家を片付け、周吉ととみこが寝られるスペースを確保する。

周吉夫婦は、東京で暮らす息子や娘に会うため、わざわざ瀬戸内海の島から上京してきた。品川駅には次男の昌次が迎えに来るはずだったが、昌次は間違えて東京駅のホームにいた。幸一宅に到着していた長女の滋子は頼りない弟を叱り、そのまま待つよう母親に電話をかける。しかし短気な周吉はタクシーに乗り、高い運賃を払って幸一宅へ来る。

周吉ととみこは、久しぶりに会った孫の成長ぶりに驚く。昌次もようやく到着し、一家は文子の用意したスキヤキを食べる。周吉は昌次が何の仕事をしているのか聞きたがったが、昌次ははっきり答えなかった。

日曜日。幸一は次男の勇を連れ、両親を東京観光へ連れて行く予定にしていた。ところが急患の電話が入り、往診へ出てしまう。お出かけが中止になっていじけている勇を、とみこは外へ連れ出してやる。

東京家族のあらすじ【承】

忙しい幸一や文子に気を使い、周吉夫婦は滋子の家へ移動する。滋子は都内の下町で小さな美容院を営んでおり、夫の庫造は外へ働きに出ていた。滋子も店舗兼自宅の狭い家で暮らしており、夫婦は遠慮して薄暗い2階でじっとしていた。庫造は義父母に同情し、周吉を近所の大型銭湯へ連れ出してやる。

滋子は一番暇そうな昌次に連絡して、まだどこにも行っていない両親を、東京観光へ連れて行くよう頼む。昌次もそれなりに忙しかったが、気の優しい昌次は両親の都内観光に付き合う。昼食時、改めて周吉は昌次の仕事について詰問する。昌次は煩わしそうに舞台美術の仕事をしていると話すが、周吉には認めてもらえない。とみこはそんな2人の間に入り、何かと気を使っていた。

両親を持て余していた滋子は、幸一とお金を出し合って、2人に横浜の豪華ホテルへ行ってもらう。周吉もとみこも慣れないホテルに居心地の悪い思いをし、その夜はよく眠れなかった。翌日、疲れが出たのか、とみこは少しフラつく。周吉は同郷の服部のお参りを済ませたら、島へ帰ることにする。そして2泊の予定を1泊で切り上げ、滋子の家へ帰る。

突然帰って来た両親を見て、滋子は露骨に嫌な顔をする。今日は自宅で町内会の飲み会があるので、ホテルに泊まって欲しかったらしい。迷惑そうな滋子の様子を見て、周吉ととみこは滋子の家を出る。

東京家族のあらすじ【転】

周吉は同郷の沼田を頼り、とみこは昌次のところへ行ってみることにする。

沼田に案内してもらい、周吉は服部のお参りへ行く。仏壇には服部とともに、奥さんの母親の遺影が並んでいた。奥さんの故郷は陸前高田で、母親は先の東日本大震災で津波の被害にあい、遺体は発見されないままだという。周吉は改めて仏壇に手を合わせる。

一方、とみこは昌次の狭いアパートを訪れ、息子に手料理を食べさせていた。昌次は密かに彼女の紀子を呼んでおり、とみこと対面させる。とみこは感じのいい紀子をすぐに気に入り、2人は打ち解ける。その夜、昌次ととみこは水入らずの幸せな時間を過ごす。

沼田と居酒屋へ来た周吉は、断りきれずに杯を重ね、そのうち酔っ払ってしまう。妻に先立たれた沼田は、息子夫婦の家で肩身の狭い思いをしており、周吉を羨ましがる。しかし周吉にも不満はあり、2人は泥酔して店で眠り込んでしまう。

東京家族のあらすじ【結】

翌朝、昌次が仕事へ出た後、紀子がとみこを訪ねてくる。とみこは昌次に渡すつもりだったお金を紀子に託し、再会を約束して紀子と別れる。

周吉はひどい二日酔いで、幸一の家にいた。昨晩、泥酔した周吉は夜中に滋子の家へ帰り、大迷惑をかけていた。朝から滋子と喧嘩をした周吉は、早々と幸一の家に来ていた。

昌次のところから帰って来たとみこは、とても嬉しそうだった。とみこは“東京に出てきて本当によかった、ありがとう”と告げ、その直後に倒れる。

幸一は、とみこが朝までもたないと判断する。それを聞いた周吉は茫然自失となり、滋子は泣き出す。遅れてやってきた昌次は、紀子を連れて病室へ入る。家族が見守る中、とみこは明け方前に永眠する。

とみこは東京で荼毘に付され、お骨になって島へ帰る。周吉には昌次と紀子がつきそう。最愛の妻を亡くし、周吉はほとんど何も喋らなくなっていた。紀子は自分が無視されているような気がして、ここへ来たことを後悔する。

お葬式には幸一夫婦と滋子も帰ってきた。滋子は葬式直後に形見分けの話を始め、昌次を不快にさせる。子供たちは父親のことを心配していたが、周吉は“子供の世話にはならん”と言い張って、今後の話をしたがらない。幸一夫婦と滋子は昌次たちに父親のことを任せ、その日のうちに東京へ帰ってしまう。

昌次と紀子は周吉の寂しさを思い、しばらく島に滞在する。しかしそれにも限界があり、東京へ帰る日がくる。別れの挨拶へ来た紀子に、周吉はとみこが大事にしていた腕時計を形見分けする。そして“息子をよろしくお願いします”と手をついて深々と頭を下げる。紀子はそんな周吉を見て、思わず泣き出してしまう。周吉は、昌次と紀子の優しさに心から感謝していた。昌次はフェリーでその話を聞き、意外そうな顔をする。

東京で暮らす子供たちは日常へ帰り、周吉はとみこのいない寂しさを改めて感じていた。孤独な周吉を隣家の娘が優しく気遣ってくれる。

Amazon 映画『東京家族』の商品を見てみる