映画『東京無国籍少女(2015)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「東京無国籍少女(2015)」のネタバレあらすじ結末

東京無国籍少女(2015)の概要:天才芸術家と持て囃されていた主人公。とある事件により後遺症に苦しむ羽目になった。そのせいで、スランプに陥り苦悩する。酷い幻聴に悩まされ不眠症を患う主人公は、日増しに心を病んでいく。終盤15分前、予想だにしない意外な事実が明らかになる。

東京無国籍少女(2015)の作品概要

東京無国籍少女(2015)

公開日:2015年
上映時間:85分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:押井守
キャスト:清野菜名、金子ノブアキ、りりィ、本田博太郎 etc

東京無国籍少女(2015)の登場人物(キャスト)

藍(清野菜名)
天才芸術家と持て囃された少女。とある事件により心身に傷を負い、心を病んでいる。ほとんど無表情で、口を開けば気が強そうな言動が多い。
担任教師(金子ノブアキ)
何かと藍へ、目の敵のように当たる。無表情で酷薄。長身で言語が粗野。
保健医(りりィ)
藍の心身を心配し体調に気遣う。思いやりの深い人物。壮年の女性。
校長(本田博太郎)
藍の才能を信じ、専門病院へは入院させないと言い張る。どこか包み込むような雰囲気を持つ、懐の大きな存在。
沙羅(田中日奈子)
同級生の少女。藍の才能に嫉妬していじめる。主犯者。ロングヘアー。

東京無国籍少女(2015)のネタバレあらすじ

映画『東京無国籍少女(2015)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

東京無国籍少女(2015)のあらすじ【起】

芸術女子学生の藍は、かつて天才芸術家と持て囃され、その才能を遺憾なく発揮していたが、とある事件により心身に傷を負ってしまい、後遺症によってスランプに陥っていた。

クラスでデッサンの補講中に突然、席を立って教室から出て行ってしまう藍。彼女は講堂に向かい大掛かりなオブジェの制作を続ける。周囲からの心無い声が煩くて仕方なかった。加えて、耳の奥から聞こえる騒音が酷く耐え難い。

その様子を保健医と担任教師が見守る。担任教師は自由過ぎる藍に呆れ果てている様子だ。校長は飽くまでも藍の才能を信じ、回復を祈っている。彼女を再び学校の広告塔とするためだった。

近頃、小さな地震が多発している。藍の症状も良くなかった。保健医から鎮静剤を貰って服用するが、あまり効果はない。幻聴による頭痛が酷く、不眠症だった。保健医はどうしても眠れないときのためにと、薬を瓶ごと渡す。

デッサンの補講中、藍は居眠りしてしまった。クラスメイトの沙羅と取り巻きの2名は、彼女に水をかけて目覚めを促す。沙羅達は藍の才能に嫉妬しており、手を出さずにはいられないのだった。彼女らのいじめを知りつつも、黙認する担任教師。
その時、少し大きめな地震が起こる。酷い耳鳴りによって絶叫する藍。騒音はヘリのプロペラのような音だった。

藍が作るオブジェには目的がない。彼女は心のままに、工具を操って制作していた。担任教師は校長に言う。藍のような者は前例が無い。いますぐ専門の病院へ入れるべきだと。しかし、校長は頑として聞き入れないのだった。

東京無国籍少女(2015)のあらすじ【承】

耐え難い頭痛は不眠症のせいだと言う藍。彼女は保健医へ更に薬を要求したが、保健医はこれ以上、出せないと断った。精神を落ち着かせるため、保健医は呼吸法を試みる。それは戦闘呼吸法というものだった。

辛うじて落ち着きを取り戻した藍だったが、沙羅達にトイレで詰め寄られる。何もしていないからこそ、腹が立つと言う沙羅。藍はやり返した。今回の件はどうやら担任教師によって、指示されたことだったらしい。

授業が終わった頃を見計らって、教室へ戻った藍はデッサンの続きを描き始める。担任教師は藍に向かって、病気は嘘なのではないかと呟く。そして、背後から彼女の肩に手を置く。藍はパレットナイフを手に取り、担任教師の首筋に当てた。いつでも殺せるという脅迫のつもりだった。

講堂ではオブジェの制作が続いている。寮住まいの藍は部屋へ戻らず、講堂で寝泊まりしていた。一旦、横になったものの、どうしても眠れない。彼女は保健医から貰った薬を大量に服用したが、耳の奥から聞こえる騒音は一向に止まなかった。

デッサン対象が石膏像から人物のヌードへと移行。藍は授業開始から、大分遅れて教室へ入った。ヌードモデルに視線を向けた藍は、モデルの左足にあるアンクレットに注目。その足に足長のクモが這っているのを見る。幻覚だ。恐ろしくなって思わずイスごと横へ向いた。
担任教師はそんな藍をやはり敵視し、彼女が描いているデッサンに手を加え耳元で囁く。お前は何と戦っているのだと。その言葉にクラスメイト達が、さざめいているような気がした藍。彼女は急に暴れ出して手がつけられなくなった。

東京無国籍少女(2015)のあらすじ【転】

藍の幻覚や幻聴は日を増して酷くなる。担任教師はしきりに専門病院へと言う。藍の両親は学生寮に娘を預けたきり、何度連絡してもお任せしますの一点張りであった。
老朽化した講堂の取り壊しが、翌週から始まることになっている。教師達は彼女のオブジェが、いつ完成するのかを心配していた。

良く眠っている藍を見た担任教師に、保健医はいつもの薬を渡しただけだと言う。いつも渡している薬は、ただのビタミン剤だった。

日が暮れてから講堂へ戻った藍は、無心にオブジェの制作を続ける。
翌朝、目覚めた藍の前に保健医が立っていた。保健医は藍にオブジェの制作を続けさせる代わりに、きちんとした食事を摂るよう交渉。健康な体に戻さないと死んでしまう。だが、藍は死んでもいいと言う。しかし、保健医は自分の患者は死なせないと断言した。

薄汚れて顔色の悪い藍は、見知らぬ少女に擦れ違いざま、言葉を呟かれる。ロシア語だった。お前はなぜ此処にいる。たった一言だったが、なぜか心に響いた。

オブジェの完成が近付いている。ある日、藍の元に保健医が食事を持って来た。軍の携帯食だ。彼女はそれらを貪りつつ、オブジェを完成させた。

静か過ぎる校内を1人歩く藍。様々な言葉が脳裏を過る。
身体が戻らなければ、心も戻らない。お前は一体、何と戦っているのか。お前は、なぜ此処にいる。

東京無国籍少女(2015)のあらすじ【結】

テスト中、クラスの誰かが音を鳴らす。モールス信号のような音だった。その音をただちに帰還せよと解読した藍。そこへ突如、大きな地揺れが発生。藍は何かを思い出したように、廊下へ出た。

悲鳴がする方へ向かう。兵隊が誰かにのしかかって乱暴していた。藍は武器を手に取る。見張りの1人を刺殺。のしかかられていた少女が、上に乗る兵士を銃殺。襲われていたのは自分だった。彼女は無表情に兵士を殺し、奴らの銃剣を奪う。

校内に侵入した兵士を次々に倒していく藍。ありとあらゆる方法を駆使して奴らを倒した。学校の廊下はたちまち、血の海と化す。教室へ入り生徒を捕縛した兵士を倒した後、窓の向こうに飛んで来たヘリをランチャーで撃ち落とした。
息も絶え絶えの兵士へ、静かに歩み寄る藍。手には銃を持っていた。兵士は問う。お前は何者だ。彼女は答えた。私は兵士だと。そう、藍は選り抜きの兵士だったのだ。

藍は美しいクラッシック音楽と共に目覚めた。見慣れた講堂内には無数のベッドが並び、傍らには保健医、もとい軍医がいた。
隣のベッドにはデッサンモデルの女性。左足首にクモのタトゥーが入っていた。1時間前に死んだらしい。

校長は長官、担任教師は中尉。藍は負傷して意識を失っている間、束の間の平和な夢を見ていたのだった。ここは前線。この国は戦争中なのだ。
役立たずはいらないと言われ、藍は立ち上がる。
無心に作っていたオブジェは、撃ち落としたヘリだった。

校内には無数の兵士が隊を組んで走って行く。装甲車に乗り込んだ藍を待っていたのは、仲間である沙羅達だ。
彼女らは隊列を組んで、前線へ向かう。藍は束の間の夢を思い出し、微かに笑った。

Amazon 映画『東京無国籍少女(2015)』の商品を見てみる