映画『富江 BEGINNING』のネタバレあらすじ結末

富江 BEGINNINGの概要:シリーズ1作目「富江」の前日譚にあたる作品。1作目で富江を育てていた眼帯の男の正体と、彼が遭遇した富江事件を描いた。監督は1作目と同じ及川中。富江シリーズの5作品目になる。

富江 BEGINNINGの作品概要

富江 BEGINNING

公開日:2005年
上映時間:74分
ジャンル:ホラー
監督:及川中
キャスト:松本莉緒、今宿麻美、水橋研二、菜葉菜 etc

富江 BEGINNINGの登場人物(キャスト)

松原礼子(今宿麻美)
サバサバした性格の女子高生。富江の友人になり、彼女の正体を早い段階で知ることになる。理由は不明だが、母親のようにだけはなりたくないと思っている。同窓会に来た時には、すでに富江になっていた。
山本健一(水橋研二)
礼子のクラスメイト。転校生の富江に夢中になり、異様な執着をみせるようになる。富江を殺害後、戻ってきた富江の姿を見て精神病院に入院していた。入院中に片目を潰してしまい、眼帯が手放せなくなった。
川上富江(松本莉緒)
左目の下にホクロがある美少女。礼子たちのクラスに転校してくる。すべての男を魅了し操るが、最終的には殺されてしまう。プラナリアのように、細胞の一部さえあれば何度でも蘇る。写真を撮られるのと、怪物と呼ばれることを嫌う。何百年も生き続けている。

富江 BEGINNINGのネタバレあらすじ

映画『富江 BEGINNING』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

富江 BEGINNINGのあらすじ【起】

同窓会の知らせを受け、廃校になった高校にやって来た松原礼子。
出席者は、礼子と山本健一だけだった。
2人は高校時代の話を始める。

ある日、礼子たちのクラスに川上富江という転校生がやってくる。
美少女の富江に、男子たちは夢中になっていく。
写真部の井上は富江を盗撮したが、その写真には、化け物のような富江が写っていた。
盗撮されたことを知った富江は、その写真を燃やした。

男子の視線を独占するようになった富江。
女子からいじめを受けるようになる。

帰宅途中、礼子は富江に、友達になってほしいと言われる。
嫉妬で恨んでくる女子や、外見しか見ない男子。
礼子は彼らと違うのだと言う。
転校するたびにいじめられてきたという富江。
いじめは人間の本能だから、仕方が無いのだと語る。

そのまま2人で話をしていると、富江をいじめている女生徒の高山たちが現れる。
男子が自分に夢中だから、ひがんでいるのだろうと挑発する富江。
その後、富江は礼子に、いじめの復讐をすることを告げた。

富江 BEGINNINGのあらすじ【承】

富江の指示で、好きな男子に殺されかける高山。
一緒にいじめていた他の2人も、富江の指示で男子たちに縛り上げられる。
そして、無理やり虫を食べさせられた。

富江に逆らう生徒はいなくなり、彼女はクラスの独裁者となった。
担任の高木も富江に夢中だった。
富江が転校してきてから、1ヶ月もかからなかった。

礼子と一緒に帰宅していた富江は、写真部の井上たちから命を狙われる。
彼らは富江を化け物と罵り、片耳を切り落とした。
富江の剣幕に驚いて逃げる井上たち。
礼子は、切り落とされた富江の耳が勝手に動くのを目撃した。

礼子は自宅で富江の看病をする。
病院には行きたくないと言い張ったのだ。
病院に行けば、医者から酷い扱いを受けるのだという。

血塗れの包帯を取ると、富江の耳は再生していた。
自らを化け物だと言い、何百年も前から1人で生きてきたと語る富江。

その夜、不気味な夢にうなされ目覚めた礼子。
彼女の目の前で、血塗れの包帯から新しい富江が生まれた。

富江 BEGINNINGのあらすじ【転】

やがて富江は、神社の裏山で山本に突き落とされて命を落とす。
礼子を含む他の生徒や、担任の高木もその場にいた。

富江が完全に息を引き取ると、高木指導の下で楽しげに富江の体を解剖しはじめる生徒たち。
礼子は、おかしくなったクラスメイトたちを見る事しか出来なかった。
山本は人を殺してしまった事に怯え、富江に執着し続けていた。

富江の体をクラスメイト全員分、38個に切り分け、それぞれが共犯者となって処分した。

その後、死んだはずの富江が登校してきた。
幽霊でも見るような顔で見ないで欲しい、と笑顔で言う富江。

クラスメイトの半数以上は精神病院に入院。
自殺した生徒もいた。
高木は、気が触れたまま行方をくらませた。
悪い噂が広がり、やがて高校は廃校になった。

礼子は、プラナリアに似た存在が進化したものが富江だと考えていた。
半分に切っても全く同じ形に再生する、絶対細胞を持つプラナリア。
富江の血がついた包帯から生まれた富江を見て、そう感じたのだと語る礼子。

富江 BEGINNINGのあらすじ【結】

富江の行方を問いただす山本。
ずっと眼帯を付けていた目の下には、病院で正気を保つために潰してしまったという片目があった。
富江に執着し、興奮して礼子を殺してしまう山本。

死ぬ間際、礼子はバッグの中に富江の心臓が入っていると教えた。
バラバラに切り分けた富江の心臓を持ち帰った礼子は、それを自宅の冷凍庫で保存していたのだという。
処分するつもりで持ってきたと言い、山本にそれを頼むと礼子は死んだ。
しかし山本は、嬉しそうに心臓を抱えて学校から出て行く。

礼子の姿は富江に変わり、山本の後姿を眺めていた。
礼子はずっと前に、富江に感染していたのだった。

突然、窓から入ってきた高木が富江に襲い掛かる。
高木は学校で、富江が戻ってくるのを何年も待ち続けていた。
自分には世界中に富江をばら撒く義務がある、と語る高木。
そして富江の心臓を奪うと逃げていった。

その後、山本は心臓から顔まで再生した富江をビニール袋に入れ、大切に持ち歩いていた。

Amazon 映画『富江 BEGINNING』の商品を見てみる

関連作品

次作 富江 REVENGE