映画『トゥモロー・ランド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トゥモロー・ランド」のネタバレあらすじ結末

トゥモロー・ランドの概要:ウォルト・ディズニーが夢見た未来を下敷きにした、ジョージ・クルーニー主演・2015年製作のSF実写映画。地球の滅亡を救うため、異次元にある未来都市「トゥモローランド」を目指す元住人と高校生の冒険を描く。

トゥモロー・ランドの作品概要

トゥモロー・ランド

公開日:2015年
上映時間:130分
ジャンル:SF、アクション、ファンタジー
監督:ブラッド・バード
キャスト:ジョージ・クルーニー、ブリット・ロバートソン、ヒュー・ローリー、ラフィー・キャシディ etc

トゥモロー・ランドの登場人物(キャスト)

フランク・ウォーカー(ジョージ・クルーニー)
少年の頃にアテナに導かれ、未来都市トゥモローランドにやってきた男性。子供の頃から発明好きな夢見る少年で、トゥモローランドで未来を予知する機械「モニター」を発明するが、追放されてしまった。ケイシーがトゥモローランドに行く手助けをする羽目になる。アテナに恋をしていたが、今は彼女に昔傷付けられたという思いが強い。
ケイシー・ニュートン(ブリット・ロバートソン)
NASAの元技術者を父に持つティーンエイジャー。いつか宇宙に行くことを夢見ており、皆が地球の悲観的な未来を語る中、1人だけ希望を捨てていない。アテナに選ばれてトゥモローランド勧誘の最後のバッジを手にする。機械に関して父親も顔負けの才能を発揮している。
アテナ(ラフィー・キャシディ)
ケイシーやフランクをトゥモローランドに勧誘した、人間の少女そっくりのロボット。今はトゥモローランドを追放されている。感情は無いはずだが、フランクに対し恋心のようなものを抱くようになっていた。
デイヴィッド・ニックス総督(ヒュー・ローリー)
トゥモローランドを支配する総督。「モニター」の地球滅亡の予知を信じ、フランク達を排除しようとする。昔フランク、そしてアテナを追放した人物でもある。トゥモローランドの科学力で若さを保ってきた。
エディ・ニュートン(ティム・マッグロウ)
ケイシーの父。NASAの技術者だったが、打ち上げ施設が取り壊されることになり職を失う。

トゥモロー・ランドのネタバレあらすじ

映画『トゥモロー・ランド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トゥモロー・ランドのあらすじ【起】

1964年、NY万博会場。発明好きな少年フランクは、発明コンテストに自作の飛行用バックパックを持ち込んだ。審査員のデイヴィッド・ニックスは、未完成であることや実用性が無いことから、フランクの発明品を落選させる。しかしニックスの隣にいた少女アテナはフランクの発想を気に入り、彼に小さなバッジを渡す。アテナの言うとおりニックスたちの後を追ったフランクは、「イッツ・ア・スモールワールド」のアトラクションに乗り込んだ。すると突然バッジが反応し、フランクは未来都市「トゥモローランド」に続く道へと運ばれて行ってしまう。ニックスの前で自分の発明品で空を飛べることを証明したフランクは、技術が飛躍的に進歩したこの場所で暮らすこととなる。

現代。別の星に行くことを夢見ていた女子高生ケイシーは、ロケット打ち上げ施設解体の妨害工作を行っていた。NASAの技術者だった父エディの仕事を奪わせないためだ。その姿をアテナがこっそりと観察していた。授業では悲観的な未来ばかりが語られ、地球をどうやったら救えるのか誰も答えてくれない。そんな中、ケイシーは妨害工作が見つかり補導されてしまう。ケイシーは釈放されたが、私物の中に見慣れないバッジが入っていた。ケイシーがバッジに手を触れると、目の前に突然広大な麦畑と、その先にそびえるトゥモローランドが広がっていた。これはバーチャル映像のようなもので、他の人が触っても映像は現れなかった。ケイシーは映像の中でロケットに乗るよう促されるが、そこで映像は途切れてしまった。ケイシーはバッジの謎を解くため、インターネットで同じバッジの買い取りを呼びかけているコレクターショップを見つけ、1人で向かう。

トゥモロー・ランドのあらすじ【承】

コレクターショップでバッジを見せたケイシーに、店主夫妻はトゥモローランドという場所について語ってくれた。そこは科学を進歩させるために、政治家たちの手の届かない場所に造られた秘密の未来都市なのだという。しかし店主夫妻はケイシーにバッジを渡したはずのアテナという少女について話せと、レーザー銃で脅してきた。そこへケイシーの弟から彼女の行方を聞き出したアテナが現れ、彼女を救う。店主夫妻は人間そっくりのロボットで、アテナもまた同じロボットだった。ケイシーはアテナを怖がるが、彼女がトゥモローランドに行く手がかりを知っていると知り、ついていくことにした。

2人はピッツフィールドにある、大人になったフランクの家に辿り着く。フランクはトゥモローワールドをずいぶん前に追放されていたのだ。フランクは希望を失った様子で扉をあけてくれない。実力行使で家に入り込んだケイシーは、そこで未来を予知する装置「モニター」の電波を受信している画面を発見する。この「モニター」はフランクがトゥモローランドで発明したもので、「モニター」は約60日後の世界滅亡の日をカウントダウンしていた。しかしケイシーが運命は自分で決めると主張した途端、滅亡の確率画面が100%から一瞬わずかに下がった。フランクはこれを見て驚くが、トゥモローランドから派遣されたロボット達が追ってきた。フランクはアテナとケイシーと共に家から逃げ出す。

トゥモロー・ランドのあらすじ【転】

アテナもフランクの追放後にトゥモローランドを追放されていたことが判明する。彼女は勧誘用バッジをいくつか盗み、その最後の一つがケイシーの持っているものだった。転送装置でパリに移動した3人は、エッフェル塔に隠された発射台から異次元にあるトゥモローワールドへと入り込む。

映像と違い、トゥモローランドは人気のない寂しい場所と化していた。フランクは1キロトン爆弾をアテナの体内に隠させる。そこへ総督となったニックスが現れ、3人を捕まえる。フランクはケイシーが地球を救えると主張し、ニックスは3人を「モニター」に案内する。「モニター」を操作したケイシーは、地球が滅亡する映像を目の当たりにし、ニックスが人類をトゥモローランドに避難させる気は無いことを知る。人類はトゥモローランドまでも滅亡させてしまうだろうと考えていたからだ。その時ケイシーの言葉に反応して、滅亡とは違った未来が一瞬映し出された。しかしニックスはそれを無視し、3人を拘束する。

ケイシーはフランクが地球で「モニター」の映像を傍受できていたことに目をつけた。「モニター」の映し出す未来が人々に滅亡の未来を刷り込み、洗脳していたのだ。そのせいで人類は自ら破滅への道をたどっていたのだと気付く。

トゥモロー・ランドのあらすじ【結】

ニックスは3人を地球の無人島へ転送しようとしていた。フランクはニックスと握手すると見せかけ攻撃を開始する。アテナの隠し持っていた爆弾で「モニター」を爆破しようという計画だったが、失敗してしまった。ニックスは爆風で倒れた柱に足を挟まれる。「モニター」に使われている粒子の影響でフランクが撃たれる未来を見たアテナは、自分の身を挺してフランクの命を救った。アテナは代わりに撃たれ、機能を停止しようとしていた。フランクに関するログが再生され、感情を持つはずのないアテナがフランクに愛のような感情を抱くようになっていたことを知る。彼女はフランクが去った後も彼のような“夢見る人”を探していた。フランクはアテナの望み通り、ジェットパックで上へ飛ぶ。アテナは機能停止し、自分の身体を爆弾代わりにし「モニター」を破壊した。建物が崩落し、ニックスはモニターの残骸の下敷きとなった。

その後。地球は滅亡を免れた。フランクとケイシーはトゥモローランドと地球をつなぐ扉を開き、ケイシーの父ら技術者達を招待した。勧誘バッジを再生産し、アテナと同じ子供型のロボット達にリクルーターの役目を任せる。彼らは世界中の“夢見る人”を見つけるため旅立っていった。

Amazon 映画『トゥモロー・ランド』の商品を見てみる