映画『友よ、さらばと言おう』あらすじネタバレ結末と感想

友よ、さらばと言おうの概要:ある事故によって全てを失った元刑事が、かつての相棒と共に息子の命を狙う悪の組織に立ち向かう。ヴァンサン・ランドンとジル・ルルーシュが激しいアクションを繰り広げる。2014年公開のフランス映画。

友よ、さらばと言おう あらすじネタバレ

友よ、さらばと言おう
映画『友よ、さらばと言おう』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

友よ、さらばと言おう あらすじ【起・承】

南フランスで刑事をしていたシモン(ヴァンサン・ランドン)は、飲酒運転で3名を死亡させる事故を起こし、懲戒免職となる。事故後2年の服役を経て出所したシモンは、待っていた妻のアリス(ナディーン・ラバキー)と息子のテオを残し、家を出る。

数年後。警備会社に就職したシモンは孤独な日々を送っていた。元同僚でシモンの相棒だったフランク(ジル・ルルーシュ)は、そんなシモンを親身になって心配し、助けてくれる。フランクは早くに妻を亡くし、一人娘を男手一つで育てていた。シモンとフランクは家族ぐるみの付き合いをしていた友人でもあった。

最近この辺りでは麻薬の売人が殺さる事件が頻発していた。アリスの彼氏と一緒に闘牛を見に来ていたテオは、殺人事件の現場を目撃し、組織から追われることになる。シモンはテオの護衛を申し出るが、アリスはそれを拒絶し、彼氏と3人で警察から帰ろうとする。そこへ2人のギャングが現れ、警察署前で銃撃戦となる。

ギャングに追われ逃げるテオの後をシモンが追い、さらにフランクも追いかける。シモンは身を挺してテオを守り、ギャングは瀕死の重傷を負う。アリスとテオはフランクの家に避難し、そこに警察の護衛とアリスの彼氏とシモンが同席する。アリスは彼氏に別れを告げ、帰ってもらう。シモンは組織に1人で立ち向かうつもりで、フランクの家を出る。

フランクはシモンが何を考えているか全て読んでおり、一緒に動こうとシモンを説得する。2人は入院中のギャングから組織のボスがミランであることを聞き出し、彼らが会合するクラブへ潜入する。2人は組織の連中と激しい銃撃戦を繰り広げ、その結果ミランの弟を撃ち殺す。ミランは弟の復讐を果たすため、シモンたちの行方を追う。

友よ、さらばと言おう あらすじ【転・結】

シモンとアリスとテオは、フランクの勧めでパリにいるフランクの姉のところへ向かう。シモンたちの乗った列車を見送ったフランクは、駅の駐車場でミランたちの車を発見する。フランクはすぐにシモンへ電話するが、携帯は圏外になっており通じない。次の停車駅に警察の動員を依頼し、フランクは車で列車を追う。

列車内にはミランと部下3人が乗り込んでおり、シモンたちを捜していた。フランクの電話が通じた直後、シモンたちは見つかってしまう。シモンは必死で2人を守りながら、列車内を移動していく。乗客の1人が非常ブレーキを作動させ、列車は緊急停車する。

フランクはシモンたちを助けるため停車した列車に乗り込む。シモンと格闘していた部下をフランクが射殺するが、フランクもミランに撃たれてしまう。ミランとシモンは列車の外で揉み合いとなり、最後はシモンが勝つ。ミランと部下3人を倒し、テオとアリスも無事だった。しかしフランクは、もはや助からない状態だった。

最後にフランクはあの事故の件でシモンに謝罪する。実はあの日車の運転をしていたのはフランクだった。酔って眠ったまま事故で重傷を負ったシモンをフランクは死んだと勘違いし、シモンを運転席に移動させた。しかしシモンは生きていた。それは娘を想ってのことだったが、親友を裏切った自分が許せず、ずっと苦しんできた。

シモンは友の名誉を守り、フランクは娘の前で信念を貫き殉職した刑事として賞賛される。葬儀の席で、アリスはシモンの手を握り、シモンもその手を握り返す。

友よ、さらばと言おう 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:90分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:フレッド・カヴァイエ
  • キャスト:ヴァンサン・ランドン、ジル・ルルーシュ、ナディーン・ラバキー、ジル・コーエン etc

友よ、さらばと言おう 批評・レビュー

映画『友よ、さらばと言おう』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

匂い立つ男臭さ

かつて相棒だったシモンとフランクを演じているのは、ヴァンサン・ランドンとジル・ルルーシュの2人だ。この2人の雰囲気がとにかく男臭くて渋い。

ヴァンサン・ランドンは「母の身終い」でも不器用で寡黙な男を演じており、この手の役がよく似合う。全身から暗い過去を背負っている感が漂いまくっており、彼が画面にいるだけで空気が重くなる。ジル・ルルーシュの方はもう少し全体にキャッチーな印象を受けるが、やはり彼も無精髭の似合う渋い男だ。

何しろこの2人がコンビで活躍する映画なので、いぶし銀の男臭さが全編にプンプンと匂い立つ。こういう渋い年の取り方をした役者は息が長いので、今後も2人の活躍が楽しみだ。

アクションはスリリング

追いかけっこ要素の強いアクションシーンはかなりスリリングな演出で、いやでもドキドキさせられる。迷路のような空間でのアクションシーンが多く、誰がどの位置にいるのかよくわからないのがまた怖い。

特に列車内では本当に位置関係がわからなくて、ちょっと混乱した。しかし狭い場所での鬼気迫る格闘シーンは見応え十分。自然と身体が緊張し、硬直している。さらにメインがアクションなので、結構なボリューム。見終わると、肩がキンキンだ。

話はイマイチ

キャスティングの渋さと見応えのあるアクション以外は、平凡といえば平凡。実はフランクがシモンに罪をなすりつけていたという結末にもそれほどの驚きはない。ここで真相を明かされても、シモンとその家族を守るために死んだフランクに対して“なんて最低のクソ野郎だ!”とも思わないわけで、それはシモンも同じだろう。だってフランクは死んでしまったわけだし。今さらシモンがフランクの罪を警察に告発するわけもなく…。

組織が子供のテオをあそこまで執拗に狙うというのも、ちょっと非現実的すぎて受け入れにくい。全体にストーリー展開は面白みが薄く、ドラマ部分の盛り上がりに欠ける。アクションがメインだと考えて話はこんなもんかなと思うか、やはり話に深みを求めるかで評価が分かれそうな作品ではある。

友よ、さらばと言おう 感想まとめ

全体の雰囲気は渋いし、アクションにはドキドキしたが、それ以上の何かはない。上映時間も90分で、話もがっかりするほどわかりやすので、これは売れ線を意識したのだろう。最初から話の内容にそれほど期待しないアクション・コメディなら許せるが、深そうに見せかけて浅いというのがどうもいただけない。

しかし骨太な大作でない分、多くの人に見やすい作品にはなっている。テレビドラマの刑事ものが好きな人は結構楽しめるかもしれない。日本の役者にはなかなかいない、ヴァンサン・ランドンのいかつさが大丈夫ならば、チャレンジしてみて欲しい。

Amazon 映画『友よ、さらばと言おう』の商品を見てみる