映画『トッツィー』あらすじとネタバレ感想

トッツィーの概要:「トッツィー」(原題:Tootsie)は、1982年のアメリカ映画。監督は「追憶」、「ザ・ヤクザ」などのオスカー監督シドニー・ポラック。監督は脇役としても出演。主演は「卒業」、「パピヨン」、そして前作「クレイマー、クレイマー」でアカデミー賞主演男優賞に輝いたダスティン・ホフマン。共演は「オール・ザット・ジャズ」、「郵便配達は二度ベルを鳴らす」、本作でアカデミー助演女優賞を受賞したジェシカ・ラング。他にテリー・ガー、ダブニー・コールマン、チャールズ・ダーニング、ビル・マーレイなど。音楽は1980年代のジャズ・フュージョン界を代表するピアノ・キーボード奏者としてグラミー賞の常連であり、数多くの映画音楽を手がけたオスカー作曲家のデイヴ・グルーシン。

トッツィー あらすじ

トッツィー
映画『トッツィー』のあらすじを紹介します。

駆け出しの役者たちに演技指導をしているマイケル(ダスティン・ホフマン)は、役者として演出家と意見が合わず失業する羽目になる。彼はルームメイトで脚本家志望のジェフ(ビル・マーレイ)たちと、日々演技の議論を熱く交わしていた。そんな中、生徒の一人であるサンディ(テリー・ガー)は、翌日に控えたドラマのオーディションに自信を持てず、マイケルが個人レッスンで指導し、テレビ局へ同行するも彼女は不合格だった。そこで自分が出演する筈だった役が違う者に取られた事を知ったマイケルは、テレビ局エージェントのジョージ(シドニー・ポラック)のところへ乗り込みクレームを付けるが、交渉決裂となり締め出されてしまう。翌日、テレビ局へ女装して向かい、人気ドラマのオーディションに乗り込んだ彼はドロシーと名乗ったが、ディレクターは彼女を見ただけでもっとタフな女性が欲しいとはねつけた。ドロシーがそれに反論すると、プロデューサーのリタが気に入りカメラテストで採用され契約にこぎ着けた。マイケルはそのままエージェントのジョージに会いに行き、見事に丸め込み女装のため衣装代を捻出する。そしてドラマの出演ギャラを遺産が入ったという理由にして、自らの芝居の公演資金にあてがい、オーディションに落ちてくすぶっていたサンディに役を与えひとまず安心させる。翌日、テレビ局に行ったマイケルは、病院理事の役を無事にこなしたが、医師役のジョン(ジョージ・ゲインズ)が彼女に恋心を抱き、マイケルが想いを寄せている女優のジュリー(ジェシカ・ラング)が、ディレクターのロン(ダブニー・コールマン)と恋仲だった事が気掛かりになった。ある日、ジュリーに台本の読み合わせを頼まれたマイケルは彼女の家へ向かうが、彼女が未婚の母であることを知る。女同士として会話をしているうちに、サンディと夕食の約束をしていた事を思い出し彼女のアパートに向かうが、サンディはマイケルの女装した姿を見かけ、マイケルがその女性と関係があるのではと疑いご機嫌斜めだった。やがてドロシーの人気は爆発的なものとなり、雑誌でも彼女の特集が組まれるようになった。ディレクターのロンも”トッツィー”(可愛い子ちゃん)などと機嫌を伺うようになる。やがてジュリーとの会話の途中に彼女にキスをしようとしてレスビアンと勘違いされ、アパートに立ち寄ったジュリーの父から口説かれる途中、友人のジョンが訪れ不穏な空気が流れる。そこへ日頃の鬱積を抱えたサンディがやってきて、別に好きな女性ができたと告げると彼女は激怒して帰ってしまう。私生活でパニックになったマイケルは女優であることに耐えられなくなり、ライヴ放送の途中でアドリブ演技を始め、その場でメイクを落としドロシーが男だったと暴露する。そしてマイケルは全てを精算し、ジュリーの心を射止め元の役者へ戻って行った。

トッツィー 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1982年
  • 上映時間:116分
  • ジャンル:コメディ
  • 監督:シドニー・ポラック
  • キャスト:ダスティン・ホフマン、ジェシカ・ラング、テリー・ガー、ダブニー・コールマン etc

トッツィー ネタバレ批評

映画『トッツィー』について、感想批評です。※ネタバレあり

トッツィーという不思議で完璧なキャラクター

売れない役者が女装して売り込みに行き、性格俳優として採用され大人気のヒロインになるまでの顛末を描いた一見何とも奇妙なシナリオである。ダスティン・ホフマンが演じたニューヨークの現代版”女形”というニュアンスであり、決して美女にはなり切れない中途半端な女装が何とも不思議な魅力を放っている。これはダスティン・ホフマンの体格が小さいがゆえに嵌ったというのもあるのだろうが、観ている内に違和感を感じなくなるのがどうにも不思議なのである。さすがに一流の役者は器が違うというところなのだろう。本物の女優だと勘違いしている業界関係者を始め、好きになった女優の父がプロポーズしたりするシーンも、全く自然の流れで違和感がないシナリオが観る度に不思議なのである。実は女装した男という設定ながら、”トッツィー”というリアルな女性キャラクターの完成度は見事としか言いようがない。

キャラクターの設定を活かした見事なシナリオ

役者が主役の映画というところに、女装というユニークな主人公を据えたアイデアは素晴らしいが、そのストーリーの展開が役者とプライベートの板挟みでパニックになるドタバタ加減がユニークだ。そしてクライマックスのアドリブ演技のシナリオでも、その帳尻合わせが何ともドラマチックであり、ライブ放送ならではのハプニング演出にも驚かされる。考え抜かれたストーリーと俳優の演技が見事に融合され、完成度の高いコメディとして映画そのものの質も高く、エンターテインメントとして本来の楽しさを満喫できる作品である。

トッツィー 感想まとめ

個性派俳優として名を馳せるダスティン・ホフマンの初コメディ作品。同じようなものとしてロビン・ウィリアムスの「ミセス・ダウト」があり、どちらも甲乙付けがたい作品であるが、それぞれの体格に合わせた変身ぶりは不思議な魅力であり、一度観たらその存在感が消えることはない。この2作が誰にでも楽しめるところは、女装する理由に必然性があるからであり、女になりたいという願望とはかけ離れているという部分だろう。「Mr.レディMr.マダム」や「プリシラ」という作品には、その業界の人たちが持つ独特の哀愁と毒気が漂い、非日常的な世界観に触れるという細かなディティールを観る部分に魅力はあるのだが、役者の個性とシナリオ中心で構成されるところでは、中身の濃さが全く違う希有な作品である。

Amazon 映画『トッツィー』の商品を見てみる