映画『トレーニング デイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トレーニング デイ」のネタバレあらすじ結末

トレーニング デイの概要:麻薬捜査課に配属された初日、ロス市警の新人刑事は相棒のベテラン刑事から「今日はお前のトレーニング・デイ(訓練日)だ」と告げられる。しかしそのトレーニングには、ある罠が仕掛けられていた。腹黒いベテラン刑事を演じたデンゼル・ワシントンが、迫真の演技を見せている。

トレーニング デイの作品概要

トレーニング デイ

公開日:2001年
上映時間:122分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:アントワーン・フークア
キャスト:デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、スコット・グレン、エヴァ・メンデス etc

トレーニング デイの登場人物(キャスト)

アロンゾ・ハリス(デンゼル・ワシントン)
ロス市警麻薬捜査課のベテラン捜査官。警官の立場を利用して麻薬密売人やギャングを威圧し、違法な行為で私腹を肥やしている。スラム街のアパートに愛人と息子を住まわせている。ロシア人マフィアとトラブルを起こし、命を狙われている。
ジェイク・ホイト(イーサン・ホーク)
ロス市警の新人刑事。交通課から麻薬捜査課に配属され、アロンゾの部下になる。正義感が強いので、「悪党を倒すためにはそれ以上の悪党になれ」というアロンゾの考えに疑問を持つ。妻と生後9ヶ月になる娘がいる。
ロジャー(スコット・グレン)
大物の麻薬密売人。アロンゾとは長い付き合いで、友人のような関係にある。金を貯めて1年後には引退し、外国でのんびり暮らしたいと思っている。

トレーニング デイのネタバレあらすじ

映画『トレーニング デイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トレーニング デイのあらすじ【起】

ロス市警でパトカー勤務をしているジェイクは、麻薬捜査課への配属が決まって張り切っていた。麻薬捜査課で結果を出せば、刑事になりたいという夢も叶うし、部長クラスへの出世も望める。麻薬捜査課での初仕事の日、ジェイクは直属の上司となるアロンゾに呼び出され、街中のカフェへ向かう。

アロンゾはやり手の刑事で、ジェイクはいきなり彼のペースに振り回される。アロンゾは今日1日をジェイクの訓練日(トレーニング・デイ)と決めており、「1日で自分の力を示せ」とハッパをかける。そしてジェイクに麻薬捜査官の心得を教え込んでいく。

アロンゾはジェイクを、自分が飼い慣らしている情報屋のいる麻薬密売現場へ連れていく。そこで客が麻薬を受け取ったのを確認し、彼らの車を追跡して、麻薬を押収する。

ジェイクはアロンゾに「麻薬を知り尽くすのも仕事のうちだ」と言われ、仕方なく押収した麻薬を吸う。それはただのマリファナではなく、かなり強力なウェットと呼ばれる麻薬だった。

アロンゾは、この界隈で最も大物の麻薬密売人であるロジャーの家を訪ね、親しげに話しをする。アロンゾとロジャーは、罪を見逃す代わりに情報を流すという蜜月関係にあった。2人の付き合いは長く、ジェイクには2人が仲の良い友人のように見えた。

車での移動中、ジェイクは路地裏でレイプされそうになっていた少女を見つけ、すぐ助けに行く。アロンゾはジェイクが殴られていても傍観しており、手錠をかけた犯人を逃してしまう。ジェイクはそこで、被害者の少女が落としていった学生証を拾う。

トレーニング デイのあらすじ【承】

正義感の強いジェイクは、卑劣なレイプ未遂犯を逃したアロンゾのやり方に納得がいかない。しかしアロンゾは「逮捕するのは大物だけでいい」ともっともらしいことを言って、ジェイクを黙らせる。

車椅子に乗った密売人を見かけたアロンゾは、彼を追うようジェイクに命令する。ジェイクが捕まえた密売人をアロンゾが尋問し、飲み込んでいた錠剤の麻薬を吐かせる。密売人は銃も所持しており、見逃してもらう代わりに、ボスが「サンドマン」という男であることを暴露する。

アロンゾはサンドマンの住所を調べ、偽の捜索令状を持って、強引にサンドマンの家を家宅捜索する。そこでアロンゾはサンドマンの隠し金を奪い、そのまま車で逃走する。サンドマンの妻が騒ぎ出したので、街のギャングたちが銃撃してくるが、アロンゾは平然と応戦する。

次にアロンゾが向かったのは「無法地帯」と呼ばれている危険なスラム街だった。アロンゾは警官という立場を利用して、この界隈のギャングたちを黙らせ、愛人まで囲っていた。アロンゾが愛人と寝室へ消えたので、ジェイクは仕方なく、幼い息子と時間を過ごす。

愛人との情事を楽しんだアロンゾは、高級レストランでロス市警の幹部と会う。アロンゾは週末にラスベガスで揉め事を起こし、ロシア人マフィアの大物を撃ち殺していた。幹部たちは「ロシア人に殺される前にロスから消えろ」とアロンゾに忠告するが、アロンゾは金でケリをつけるつもりだった。そのためにサンドマンの家から金を奪い、その金でロジャーの逮捕令状を買う段取りをつけていた。

トレーニング デイのあらすじ【転】

アロンゾは麻薬捜査課の同僚4人を集め、ジェイクも連れてロジャーの家へ向かう。突然逮捕令状を持って乗り込んで来たアロンゾたちを見て、ロジャーは何事かと驚く。アロンゾは「上納金をよこせば二度と刑務所には入れない」とロジャーに約束し、ロジャーがキッチンの床下に隠してあった400万ドルもの金を奪う。そのうちの100万ドルを自分たちで山分けしようとするが、ジェイクだけは金を受け取らない。

アロンゾはジェイクを仲間に引き入れるため、ロジャーを射殺するよう命じる。しかしジェイクはそれを拒み、結局アロンゾがロジャーを撃ち殺す。そしてこの行為を正当防衛にするため、防弾チョッキを着た同僚も本人同意のもとで撃つ。そして、ロジャーが銃を撃ってきたので、ジェイクがロジャーを射殺したという嘘の筋書きを立てる。ジェイクは「俺じゃない」と反論するが、アロンゾは聞く耳を持たない。ジェイクに無理やり麻薬を吸わせたのも、ジェイクを不利にするための罠だった。

ジェイクは、金のためにロジャーを殺したアロンゾを、心の底から軽蔑する。そして、平然と違法行為に手を染めるロス市警の警官たちにも失望する。アロンゾは「俺の後継ぎはお前だ」とジェイクを持ち上げるが、結局ロジャーを撃ったのはジェイクだということにしてしまう。

アロンゾは、服役中の情報屋の家を訪れ、ジェイクをギャングたちと引き合わせる。そしてトイレに行く振りをしてその場を離れ、自分は裏口から帰ってしまう。アロンゾはギャングに金を渡し、ジェイクを始末するよう頼んでいた。

自分が殺されるのだと気付いた時はもう遅く、ジェイクは体を拘束され、風呂場で銃殺されそうになる。しかしギャングのリーダーは、ジェイクが昼間助けた少女のいとこで、彼女の学生証を持っていたジェイクの話を聞く。いとこに電話をかけ、ジェイクの話が本当であることを知ったギャングは、ジェイクの命を助けてくれる。

トレーニング デイのあらすじ【結】

解放されたジェイクは、アロンゾの愛人宅へ向かう。そして息子にドアを開けてもらい、アロンゾが来ていることを確認する。アロンゾは今夜中にロシア人マフィアに100万ドルを支払わなければ、殺される運命にあった。ジェイクはアロンゾに銃を向け、金と銃を渡すよう迫る。ジェイクはその金を証拠として警察に提出し、自分の無実を証明するつもりだった。

アロンゾはベッドの下に隠していた銃で反撃し、金を持って窓から逃走する。ジェイクはアロンゾを追いかけ、2人はもみ合いになる。ジェイクはひどい怪我を負いながらも、アロンゾの車のボンネットにしがみつき、逃走を阻止しようとする。アロンゾはジェイクを振り落とそうとして事故を起こす。ジェイクはその隙に、アロンゾから金と銃を奪う。

2人の周囲には、騒ぎを聞きつけたこの街のギャングたちが集まっていた。アロンゾは彼らに「ジェイクを殺せ」と命じるが、誰もジェイクを撃とうとはしない。ギャングたちは、警官の立場を利用して好き放題やっているアロンゾに、ずっと反感を持っていた。ジェイクはアロンゾの尻を撃ち、警察バッジをむしり取る。ギャングはアロンゾに銃口を向け、ジェイクを行かせてやる。それでもアロンゾは強気な姿勢を崩さず、ギャングたちを威圧する。しかしパトカーのサイレンを聞き、現場を離れる。

車を走らせていたアロンゾは、赤信号で停車中にロシア人マフィアに取り囲まれ、蜂の巣にされる。ボロボロになって自宅へ戻ったジェイクは、アロンゾが殺されたというニュースをラジオで聞く。

Amazon 映画『トレーニング デイ』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    卓越した演技力と、着実な役作りで、主演のデンゼル・ワシントンは早くからオスカー候補に挙がっていた。
    『マルコムX』で、実在した黒人指導者を演じた時に初めて候補に挙がり、それから主演男優賞に5回ノミネートされている点では、ディカプリオを超えるのではないだろうか。

    受賞したのが、今までの役柄を覆す悪役であり、これを境にデンゼルの役は、白とも黒ともつかぬグレーという役に、磨きがかかってきたのが、素晴らしいともいえる。

  2. 匿名 より:

    監督のアントワーン・フークワにとって、デンゼルの作品は出世作とも言える。
    この作品の他にも、監督は有名アクション俳優を起用し映画を撮影しているが、作品によって出来不出来の差が激しいのは、脚本や制作陣だけの問題ではないと思う。

    デンゼル主演のこの作品や『イコライザー』は、確実にヒットを飛ばしているし、マーク・ウォルバーグ主演の『ザ・シューター/極大射撃』は、彼が監督と知れ渡る前から隠れた名作扱いを受けていた。

    その影にあるのは、主演俳優たちの役に対する入れ込みと努力の賜物だろうと思う。
    同じ監督で、相棒ものでも『エンド・オブ・ホワイトハウス』は予算をつぎ込んで宣伝したにも関わらず大コケした。それを考えると、映画は宣伝や予算でない事が判る。