映画『トランス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トランス」のネタバレあらすじ結末

トランスの概要:ジェームズ・マカヴォイ主演のサスペンス映画。盗んだ絵画の隠し場所の記憶をなくしてしまった男が、催眠療法で記憶を探ることとなるが…。現実と催眠状態とが入り混じり、やがて思わぬ真実が明らかになっていく。

トランスの作品概要

トランス

公開日:2013年
上映時間:102分
ジャンル:サスペンス
監督:ダニー・ボイル
キャスト:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・サパーニ etc

トランスの登場人物(キャスト)

サイモン(ジェームズ・マカヴォイ)
絵画オークションの競売人。ギャンブル依存症で多額の借金があった。フランクに借金を肩代わりしてもらう見返りに絵の強奪に協力するはずだったが、途中で裏切り頭を強打、絵の隠し場所を思い出せなくなってしまった。
フランク(ヴァンサン・カッセル)
絵画泥棒グループのリーダー。記憶喪失のサイモンに絵画の隠し場所を思い出させるため、エリザベスと協力関係となるが、次第にエリザベスに惹かれていく。
エリザベス(ロザリオ・ドーソン)
優秀な催眠療法士。サイモンの記憶を戻すためにフランクに協力する事になる。本心が見えないミステリアスな女性。過去に暴力的な彼氏がいたらしい。
ネイト(ダニー・スパーニ)
絵画泥棒グループの1人。エリザベスと恋愛関係に陥ったフランクに、不信感を強めていく。

トランスのネタバレあらすじ

映画『トランス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トランスのあらすじ【起】

サイモンは絵画オークションの競売人だ。今日の目玉はゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」。オークション会場は強盗に備え、会場が襲われたときにはサイモンがタイマー式金庫に絵画を移す手はずとなっていた。オークション会場に、フランク率いる4人組の絵画泥棒が入り込み、会場にガスを充満させる。サイモンは訓練どおり絵画をタイマー式金庫へと運ぶが、フランクに銃を突きつけられる。サイモンは絵の中身を見ようとするフランクを攻撃したが、殴り返され頭を強打してしまう。フランク達は盗みに成功するが、ケースを開けてみるとそこには額縁しか入っていなかった

サイモンが病院から退院するが、部屋は荒らされ、フランクの強盗仲間のネイトに呼び出されてしまう。サイモンはフランクと手を組んで「魔女達の飛翔」を盗み出すはずだったのだ。裏切ったサイモンに4人は拷問を課すが、サイモンは頭を打ったせいで絵画の隠し場所を忘れてしまっていた。

フランクは催眠療法士のエリザベスを使ってサイモンの記憶を取り戻させようとする。フランクは車のキーを失くしたとうそをついて催眠療法を受けるが、エリザベスはサイモンが「魔女たちの飛翔」盗難にかかわりがあることに気づいてしまう。エリザベスはフランクに直接交渉し、フランクたちと対等な立場である事を条件に、絵画の隠し場所探しへの協力を申し出る。

トランスのあらすじ【承】

エリザベスによるサイモンへの催眠療法が始まった。しかしサイモンは絵画の隠し場所を思い出せば殺されるという恐怖から、無意識のうちに記憶を取り戻すことを拒んでいた。それは催眠療法中のイメージにも反映され、サイモンは自力で催眠を解いてしまう。エリザベスはサイモンの恐怖を和らげるため、催眠を使えばフランクたちに恐怖体験を味わわせる事ができることを証明してみせる。

その夜、エリザベスの自宅にフランクがやってくる。エリザベスによると、サイモンのような少数の人間は、催眠状態を解いた後も、暗示の効力を持続させ思い通りにすることができるのだと言う。フランクとエリザベスは互いに惹かれあい始めていた。

次の日の催眠療法では、催眠状態のサイモンは女性と失われた絵画のある部屋へ行く幻想を見る。幻想の中でサイモンは絵画を盗んだときのことを思い出した。彼は絵画をケースに入れるふりをして絵画を切り取り、上着と背中の間に隠したのだ。その後フランクから殴られたが、意識を取り戻し外へ出ていた。しかし誰かからのメールに気を取られ、車にぶつかってしまう。その記憶の中で、車を運転していたのはエリザベスだった。サイモンはなぜ自分をだまし、忘れさせたのかとエリザベスにつかみかかった。現実世界でもサイモンは暴れ、エリザベスに攻撃しようとする。催眠療法は強制終了される。

トランスのあらすじ【転】

エリザベスの顔が浮かんだのは、単に記憶の穴に好意を寄せるエリザベスを投影しているだけなのだという。エリザベスはサイモンに記憶を取り戻させるため、現実世界で彼に自分を与えるつもりでいた。しかしフランクはそれに反対、こっそり彼女の部屋に盗聴器をつける。

サイモンはエリザベスをデートに誘うが、彼女に手を出すのをためらっていた。その足でエリザベスはフランクを訪ね、2人は一夜を共にする。しかし偶然その現場を仲間のネイトが目撃、サイモンに密告する。フランクはエリザベスを本気で好きになり始めていた。

嫉妬に駆られたサイモンは帰宅直後のエリザベスを問い詰める。エリザベスはサイモンに暗示をかけ、エリザベスと一夜を共にしているという幻想を見るようしむける。しかしその会話はフランクに盗聴されていた。

エリザベスの家から出たサイモンは、フランクの家へと連れて行かれる。絵画の場所を問い詰められ、サイモンは身の危険を感じエリザベスに電話、フランクの銃の隠し場所を教えられる。サイモンはエリザベスに絵画を隠した車の場所を教え、フランクたちを撃ち殺す…。

そこでサイモンは催眠状態から覚めた。フランクたちを撃ち殺したのは幻想だったのだ。エリザベスの姿は消えていた。フランクが現れ、全員エリザベスにだまされていたのだと話す。エリザベスはサイモンから絵画の隠し場所を聞きだし、1人でその場所に向かおうとしていた。しかしエリザベスもネイトたちに捕まる。サイモンは絵画の場所を思い出したから案内すると言ってエリザベスをかばう。ネイトは欲情に負けたフランクを見限り、サイモンとともに絵を取りに行かせる。

トランスのあらすじ【結】

サイモンはフランクを殴り倒し部屋へ戻る。そこではネイトがエリザベスを襲おうとしていた。サイモンはネイトたち3人を撃ち殺す。彼はフランクも撃ち殺そうとするが、エリザベスがそれを止めた。

3人は駐車場に向かい、絵画の隠された車を見つけ出す。サイモンはフランクを運転席に縛りつけて運転させ、海沿いの倉庫へ向かう。エリザベスはサイモンには隠された記憶があると告白する。2人は以前付き合っていたのだ。サイモンはギャンブル依存を直すためにエリザベスの催眠療法を受け始め、恋人となった。しかしサイモンの行き過ぎた独占欲から破局、サイモンはストーカー行為をするようになった。エリザベスは彼に殺されそうになり、催眠療法で自分を忘れさせたのだ。しかし頭をぶつけたショックで記憶が戻り、サイモンは自分にぶつかった車の女性をエリザベスだと思い込み殺したのだった。この車はその女性のものだった。

サイモンはエリザベスに絵画を渡し、車とフランクにガソリンをかけ火をつける。フランクは拘束を解くが、車を炎が包む。エリザベスは別の車でサイモンにひき殺し、フランクの乗った車ごと海へ突き落とした。フランクはなんとか生き延びた。

後日、エリザベスからタブレットが届く。「魔女たちの飛翔」と共に写ったエリザベスは、サイモンが自分のために絵を盗むよう催眠をかけたことを明かす。彼女は「いつか私を見つけてほしいが、もし忘れたいなら“催眠状態”のアプリを触って」と言い残す。フランクはアプリに触ろうとしたが、思い留まるのだった。

Amazon 映画『トランス』の商品を見てみる