映画『トランスポーター2』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トランスポーター2」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター2の概要:圧倒的なカーアクションで多くのアクションファンを魅了した前作『トランスポーター』。今回も、フランクのもとには強大な敵が立ちふさがる。女も男も、フランクの生き様に惚れること間違いなし。

トランスポーター2の作品概要

トランスポーター2

公開日:2005年
上映時間:88分
ジャンル:アクション
監督:ルイ・レテリエ
キャスト:ジェイソン・ステイサム、アレッサンドロ・ガスマン、アンバー・ヴァレッタ、ケイト・ノタ etc

トランスポーター2の登場人物(キャスト)

フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)
有能なトランスポーター。現在は足を洗っている。
ローラ(ケイト・ノタ)
ジャックを誘拐したテロリスト。美しい女性。
ジェファーソン(マシュー・モディーン)
連邦麻薬対策委員長。テロリストに命を狙われる。
ジャック(ハンター・クラリー)
とある計画のため、テロリストに誘拐されてしまった少年。
タルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)
フランクとは奇妙な縁で結ばれた警部。
ディミトリ(ジェイソン・フレイミング)
殺人ウイルスを作り出した科学者。
ジャンニ(アレッサンドロ・ガスマン)
テロリストの1人。凄腕。

トランスポーター2のネタバレあらすじ

映画『トランスポーター2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トランスポーター2のあらすじ【起】

常に冷静沈着だが、怒らせれば何よりも恐ろしい男。それがフランク・マーティンという男である。彼は今まで、トランスポーター(運び屋)を営んでいた。契約者との契約は必ず守る、契約者の名前は聞かない、依頼品についても聞かず中身も開けないというルールのもと、フランクは厳格に仕事をこなしてきた。

しかし、現在フランクはトランスポーターの仕事からは足を洗い、アメリカのマイアミで暮らしていた。トランスポーターだった頃とは違い、穏やかな毎日を過ごすフランク。そんな中、フランクの元に一件の依頼が舞い込んでくる。それは、連邦麻薬対策委員長であるジェファーソンからのものだった。

彼の正ドライバーがこの度休みを取ることとなり、その間、確かなドライビングスキルを持つフランクに白羽の矢が立ったのだ。彼は正ドライバーが復職するまでの間、息子、ジャックの通学の送迎を担当することとなった。フランクとジャックの仲は良好で、2人はその短い送迎の時間を楽しんでいた。また、かつては追いつ追われつの身であったタルコーニ警部との友情も続いていた。

トランスポーター2のあらすじ【承】

ある日、フランクはジャックの健康診断に付き添い病院を訪れていた。しかし、その病院にいる看護師と医師に違和感を覚えたのだ。長年危険に身を置いていたフランクは何かを察知し、その病院での診察を取りやめるべく病院を立ち去ろうとする。しかし、その看護師と医師が突如として発砲してきたのだった。

フランクはジャックを守りながら、病院を去り自宅へと戻る。しかし、すでに家の前に彼らが待ち受けていた。彼らはジャックに銃口を向け、フランクを脅した。そして、看護師に扮装していたローラという女性に言われるがままに、とある場所へと向かうのだった。

一方、この事件は警察の耳に入った。実際には脅されていただけであるが、車を運転していたのがフランクであったことから、警察はフランクも一味の1人であると考え捜査を開始した。そして、自宅には巨額の身代金を要求する連絡が入る。言われるがままに身代金を用意するものの、しかし、身代金は敵一味の真の狙いではなかったのだ。

トランスポーター2のあらすじ【転】

彼らの真の目的は、とある人物を殺害することにあった。そのために、彼らは、ジャックを利用したのである。彼らはジャックにとある薬を打ち込むと、そのまま彼を自宅へとわざと戻した。しかし、その後何故かジャックの両親、すなわちジェファーソンが謎の発熱に襲われる。それこそが、テロリスト達が仕掛けた恐ろしい罠だったのだ。

彼らがジャックに打ち込んだのは恐ろしい殺人ウイルスで、それに感染させることで邪魔なジェファーソンを消してしまおうと考えたのだ。しかし、彼らの狙いはそれだけに止まらなかった。

実は、ジェファーソンは近々大統領も参加する、麻薬撲滅サミットに立ち会うこととなっていた。そして、彼らの狙いはそのメンバー全員をそのウイルスによって殺害することだったのだ。その空気感染するウイルスは、4時間で発症し、24時間以内に感染者を死に追いやる。そして、この狙いを、タルコーニと連携をとったフランクが突き止めるのだった。

トランスポーター2のあらすじ【結】

フランクは、この殺人ウイルスの解毒薬を手に入れるため、ウイルスの製造者であるディミトリというロシア人科学者の元へと向かった。そして、その研究所にフランクは乗り込み、大暴れの末、見事解毒剤を手に入れるのだった。

しかし、2つあった解毒剤のうち一つは割れてしまう。対してテロリストはローラとジャンニの2人。フランクは解毒剤を持っているのはジャンニだと判断し、彼の後を追う。フランクの睨んだとおり、解毒剤を手にしていたのはジャンニだったが、なんとジャンニは解毒剤を奪われないために、解毒剤を自分の身体に打ち込んで脱走したのだ。

フランクは急いでジャンニの後を追う。そして、激しい戦いの末、見事フランクは解毒剤を手に入れたのだった。フランクが手に入れた解毒剤のおかげで、会場にいた人々の命は救われた。そして、ジャックの正ドライバーが復帰したため、フランクによる送迎も終わりを迎える。そして、フランクは元々のトランスポーターの仕事に戻っていったのだった。

Amazon 映画『トランスポーター2』の商品を見てみる

関連作品

次作 トランスポーター3 アンリミテッド
前作 トランスポーター

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ジェイソン・ステイサム主演のトランスポーターシリーズはかなり人気がある。
    それなりに格好良い主人公と、激しいのに冷静沈着な出来る男。
    男ならセガールよりもこちらに憧れるのではないだろうか?
    いかにも男臭くて強いドヤ顔より、スマートに悪党と戦っている男のほうが格好良いからだ。
    本作品もそういった理由でファンの人も多いのかもしれない。
    リュック・ベッソンが脚本ということで、はやり期待してしまうのがスタイリッシュさ。
    前作では南仏が舞台だったこともあり、美しい雰囲気も作り上げていた。
    今作はやはりアメリカということで若干半減したものの、アクションをするには最適な景色が見られたのではないだろうか。
    このような内容があまり複雑ではない映画は何も考えることなく楽しめるので、絶対的に人気が無くならないのだと思う。

  2. 匿名 より:

    ちょっとやりすぎではなかろうかと思ってしまったのがラストシーン。
    悪党を追い詰め自家用ジェット機での闘いも、なんなく水のなかに。
    リアリティー無さすぎでもはやギャグのようなシーンになっており、失笑してしまう。
    しかしこのくらいのアクションがないとつまらないのもまた事実。
    それなりに楽しめるのである。
    ビジュアルのおかしい女性悪党も、最後まで来るとおかしいとも思わず慣れてくるから不思議だ。

  3. 匿名 より:

    スタローンやセガールのように、どや顔でいかにもすぎるアクション展開ではないのがこの映画の見所である。
    ジェイソン・ステイサムのアクションシーンのポイントは何といっても冷静沈着なところ。
    あまり表情を変えず、大袈裟なリアクションをとらず淡々と進めていく無敵っぷりさが癖になるのだ。
    本作品でもそのアクションシーンはもちろん健在。
    激しいのにもの静かな感じが気持ち良く観ることが出来る映画である。

  4. 匿名 より:

    パート1の方がトランスポーターとしての活躍が描かれていた。
    本作品は既に運転手になってしまっているため、主人公が決めているトランスポーターとしての三原則さえ変わってしまっている。
    もはやトランスポーターとしてのシリーズ化の意味もこうなるとよくわからない。
    前作がトランスポーターとしてスタイリッシュに演出されていたからこその残念感がある。

    また前回はフランスを舞台に繰り広げられた展開だったため、背景の美しさや風景の彩など非常に映画として魅力的だったが本作品はアメリカのマイアミということでお洒落感も大分減っている。