映画『トランスポーター3 アンリミテッド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トランスポーター3 アンリミテッド」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター3 アンリミテッドの概要:大人気アクション俳優、ジェイソン・ステイサムが主演を務めた伝説のシリーズ、『トランスポーター』がここに完結!今回フランクに課せられた任務は、とある少女を運ぶこと。フランクの最後の活躍を見逃すな!

トランスポーター3 アンリミテッドの作品概要

トランスポーター3 アンリミテッド

製作年:2008年
上映時間:103分
ジャンル:アクション
監督:オリヴィエ・メガトン
キャスト:ジェイソン・ステイサム、ナタリア・ルダコーワ、フランソワ・ベルレアン、ロバート・ネッパー etc

トランスポーター3 アンリミテッドの登場人物(キャスト)

フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)
どんな依頼でもきっちりとこなす、超一流の運び屋。しかし、今回とある事件に巻き込まれ、絶体絶命の危機に陥ってしまう。
ジョナス・ジョンソン(ロバート・ネッパー)
ある日、フランクに依頼を持ってきたボディーガード請負人。しかし、彼の依頼には裏があった。
ヴァレンティーナ(ナタリア・ルダコーワ)
今回の事件の鍵となっている女性。レオニードの娘で、とある理由からフランクと行動を共にすることになる。
タルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)
シリーズの1作目からフランクと交流がある刑事。フランクの依頼を受け、彼を助けるために奔走する。
レオニード・ヴァシーレブ(ジェローン・クラッベ)
ヴァレンティーナの父親で、ウクライナ環境大臣。とある組織から恨みを買っている。

トランスポーター3 アンリミテッドのネタバレあらすじ

映画『トランスポーター3 アンリミテッド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ【起】

フランク・マーティンは、今までどんな不可能と思われる任務もこなしてきた、有能な運び屋(トランスポーター)である。義理堅く、仕事もできるフランクの元には、日々色々な仕事が舞い込んでくる。ある日、フランクの元にジョンソンというボディーガード請負人である男がやってくる。しかし、フランクはその任務は受けず、知り合いのマルコムという男を紹介するのだった。

そして、それから少し経った頃のことだった。なんと、フランクの家に一台の車が突如として突っ込んできたのだ。その車に乗っていたのは、フランクが仕事を紹介したマルコムだった。そして、マルコムは瀕死の重傷を負っていた。フランクは慌てて救急車を呼び、マルコムは病院へと運ばれていく。しかし、その救急車が走り出してすぐのことだった。なんと、その救急車が爆発し、中に乗っていたマルコムも救急車ごと爆破されてしまったのだ。そして、フランクはマルコムが乗ってきた車に一人の女性が座っていることに気がついた。彼女の名前は、ヴァレンティーナという。

トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ【承】

ヴァレンティーナは、マルコムの腕には車から20m離れると爆発する、特殊な装置がつけられていたことをフランクに明かす。そして、ヴァレンティーナに気を取られていたフランクは何者かに襲われ、そのまま気を失ってしまうのだった。

フランクが目を覚ますと、彼の腕には一つのブレスレットがつけられていた。それは、マルコムが嵌められたものと同じもので、フランクは車から20m以上離れられない身となってしまったのだった。そして、フランクに言い渡された依頼は一つ。ヴァレンティーナを連れ、とある人物に捕まらぬよう移動を続けることだった。

ヴァレンティーナは、レオニード・ヴァシレフというウクライナ環境大臣の娘だった。そして、そんなレオニードを疎ましく思う者がいた。国際廃棄物の管理を行う、エココープ社である。レオニードを自由に操るため、エココープ社が目をつけたのがヴァレンティーナだった。エココープ社は、ヴァレンティーナを誘拐すると、レオニードに奪還されないように彼女を常に移動させておこうと考えたのである。

トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ【転】

そして、彼女を誘拐した人物こそが、エココープ社に雇われたジョンソンだったのである。ジョンソンは最初からフランクに目をつけていたが、マルコムが死んだ今、晴れてフランクを巻き込むことに成功したのだ。つまり、フランクはたった今、少女誘拐の片棒を担がされそうになっているのである。

本来であればこんな依頼など断りたいフランクであるが、腕輪の効果はマルコムの時に証明されている。また、フランクだけでなくヴァレンティーナも同様の腕輪をはめられていた。仕方なく、二人は逃走劇に繰り出すこととなる。

しかし、側から見ればフランクはただの誘拐犯である。娘を取り返したいレオニードは、捜査官を送り込みフランクを捕らえようとする。また、ジョンソンも絶えずフランク達を監視していた。フランク達がどこに向かうかは、常にジョンソンが指示を出していた。つまり、フランク達は勝手な行動を一切取ることができないのである。しかし、一つ予定外のことが起こる。なんと、フランクとヴァレンティーナが恋に落ちたのだ。

トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ【結】

自分自身が生き残るため、そして、恋したヴァレンティーナを助けるため、フランクはジョンソンとエココープ社に一矢報いる計画を練り始める。フランクが頼ったのは、奇妙な縁から、刑事でありながらフランクと友人関係を築いているタルコーニだった。

一方、レオニードが娘を守るため、エココープ社との契約書にサインを交わそうとしていた。レオニードが書類にサインする条件は、ヴァレンティーナを無事に返すことである。そこで、ジョンソンはヴァレンティーナだけを連れ戻すと、用済みになったフランクを車ごと湖に沈めたのだ。

しかし、フランクは超一流のドライバーである。フランクは見事湖から生還を果たすと、ヴァレンティーナを取り戻すために彼らが契約を交わそうとしている列車を追いかけるのだった。そして、車ごと列車に突っ込んだフランクは、見事契約書にサインをする前にジョンソンを捕らえ、ヴァレンティーナを守ることに成功したのだ。それからしばらくした後、湖で共に釣りに興じるフランクとヴァレンティーナの姿があったのだった。

Amazon 映画『トランスポーター3 アンリミテッド』の商品を見てみる

関連作品

次作 トランスポーター4 イグニション
前作 トランスポーター2

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①シリーズらしい展開のアクション

    このシリーズは、何と言ってもカーアクションが見所の1つ。
    そしてフランクの攻撃力の凄さを見せつけるアクションシーンも見せ場だ。

    今作品もまた、シリーズ2作品に劣らないアクションを見せてくれる。
    元特殊舞台出身のフランクだからこそできる、激しいアクションシーンはリアルで爽快。
    リズムテンポも良く、見ていても詰まった感じがなく楽しめる。

    ②ルールをそんなに簡単に破るのか

    トランスポーターのフランクと言えば、毎回自分の掟があるのが有名。

    本作品も3つのルールがあった。
    しかし冒頭からこの1つがあっさり破られる。
    荷物を開けてしまうのだ。

    映画として成り立たないのは百も承知だが、パート1のフランクはもう少し締まりがありダメなものはダメだという強い姿勢があったものだ。

    しかしこの作品ではちょっとおバカな臭いさえする。

    流れがシリーズで1番不自然であり、どこかで事件を起こさねば展開しないという一生懸命さが伝わってしまった。

    ③アクションシーンの撮影の残念さ

    この映画の残念なところ。
    それはアクションシーンの撮影技法である。
    せっかく良いアクションが出来るのに安っぽい早送りとも言うべきコマ送りの映像が、この映画を1段階ランク下げてしまっているのだ。

    スタイリッシュでセンスある画が魅力のシリーズであるのに、この映画はスタイリッシユさが失われていっている。
    非常に残念なところである。

    ④ヒロインの魅力の薄さ

    全体的にリュック・ベッソンが絡んでいる映画はヒロインが付き物だ。
    本作のヒロイン・ライは魅力が薄くはまりこめない。
    完全にベッソンの好みであろう。

    どちらかというと雰囲気が暗めの女性の抜擢が多いベッソンだが、もう少し改善すると質の高い映画に変わる可能性も高い。
    明るく爽やかなヒロインを使うのも新しい魅力を発見出来るに違いない。

  2. 匿名 より:

    シリーズもここまで来ると、全部観ないと気がすまないなんて人も多いのでは無いだろうか。

    パート1は斬新でありながら、予想のつく馴染みやすい作風で人気を得た人気シリーズ。
    2では若干路線がずれたため、トランスポーターとしての役割がおかしいと思ったり。

    そして本作品。
    シリーズの醍醐味を取り戻したようなアクションシーンと、運び屋の面白さを再び観ることができる。

    ジェイソン・ステイサムはまさしく当たり役である。
    顔立ちは強面という感じではなく二枚目。
    それでいて冷静なのに強いという、女性も男性も憧れるクールさがぴったりなのだ。

    次の作品はさらに期待したいところである。