映画『トランスポーター4 イグニション』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トランスポーター4 イグニション」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター4 イグニションの概要:大ヒットアクション映画『トランスポーター』シリーズを、リュック・ベッソン自らの脚本でリブート。期待の若手俳優エド・スクラインを新主人公に迎え、ルールに厳格な凄腕の運び屋を描くアクション・ムービー。

トランスポーター4 イグニションの作品概要

トランスポーター4 イグニション

公開日:2015年
上映時間:96分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:カミーユ・ドゥラマーレ
キャスト:エド・スクレイン、レイ・スティーヴンソン、ロアン・シャバノル、ガブリエラ・ライト etc

トランスポーター4 イグニションの登場人物(キャスト)

フランク・マーティン(エド・スクライン)
自分に課したルールを厳格に守る、プロの運び屋。父親を人質に取られ、やむなくアンナの計画に加担する。軍の特殊部隊出身。『トランスポーター』前シリーズの主人公と同一人物だが、父親に迎えの遅れをたしなめられるなど若さが垣間見える。
フランクの父(レイ・スティーヴンソン)
フランクの父親。英国領事館を定年退職したばかり。フランクの良き理解者であり指導者でもある。美人に弱く、自分を捕えたはずのアンナ達犯人グループに自ら協力、そのうちの1人ジーナと恋仲となる。元スパイで、危険な事態にもひょうひょうとしている。
アンナ(ローン・シャバノル)
フランクに仕事を依頼する女性。12歳の時に親に売られ、マフィアのカラゾフのもとで働く売春婦となった。3人の売春婦と共に、カラゾフを陥れて金を奪う計画を練る。
ジーナ(ガブリエラ・ライト)
アンナの仲間。バスク地方の出身で、フランクの父と仲良くなる。
マリア(タティアナ・パイコヴィッチ)
アンナの仲間。金髪の美女で、フランクの父に色気仕掛けで近づき誘拐した。
キャオ(ウェンシア・ユー)
アンナの仲間。アジア系の女性。
カラゾフ(ラシャ・ブコヴィッチ)
コート・ダジュールの歓楽街を牛耳るマフィア。「ホステス」として警官にも売春婦を手配しており、多額の資産を手にしている。
ユーリ(ユーリ・コロコルニコフ)
カラゾフ率いる組織の幹部。カラゾフの売春婦であるアンナたちの手により殺されかけ、カラゾフの事を疑い始める。
イマソフ(レン・クドリアヴィッキ)
カラゾフ率いる組織の幹部。アンナたちによって資産を盗まれ、カラゾフが盗ませたのではと疑っている。

トランスポーター4 イグニションのネタバレあらすじ

映画『トランスポーター4 イグニション』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トランスポーター4 イグニションのあらすじ【起】

1995年、コート・ダジュールの歓楽街。ロシア系マフィアのカラゾフが、力づくでこの地域の裏社会の支配権を奪い取った。まだ若いアンナは、カラゾフのもとで売春婦として働くことになり怯えていた。

15年後。カラゾフの組織は夜の街を牛耳り、権力と多額の資金を手に入れていた。アンナはある計画を実行に移すことにする。そのころ、VIPを相手に運び屋業をしているフランク・マーティンは、定年退職した父を迎えに領事館に来ていた。

カラゾフのもとで働く売春婦・ジーナとキャオが、カラゾフの会計士を殺害、フリーの売春婦と共に焼死させ姿を消した。売春婦の首にはカラゾフ直属の印であるペンダントをつけ、カラゾフの売春婦だと偽装していた。そのため、警察はカラゾフから事情聴取する。カラゾフは自分に恨みをもつものにはめられたのではと勘繰っていた。

フランクに女性から依頼が入った。依頼人はアンナだ。2つの荷物を運べと言われ向かった銀行前で、変装したアンナと、彼女と同じ格好をしたジーナとキャオが乗り込んできた。契約が違うと依頼を断ろうとするフランクだったが、父親の動画を見せられて従うしかなくなってしまう。フランクの父はアンナのもう1人の仲間、マリアに誘拐されていたのだ。フランクはやむなく車を発車させ、警察の追跡を振り切った。

トランスポーター4 イグニションのあらすじ【承】

アンナ、ジーナ、キャオは、直前に銀行強盗をしていた。カラゾフの会計士の妻のふりをして、カラゾフの組織の宝石や帳簿などを盗み取ったのだ。これを知ったカラゾフは配下の売春婦を集める。4人足りず、1人は死亡した売春婦だと考えられる。銀行強盗が3人組だったことから、カラゾフは残る3人が犯人だと断定する。

アンナたちを隠れ家まで送ったが、アンナはフランクの父を解放してくれない。それどころか父親に毒を盛ったと話し、フランクにさらなる協力を強いてきた。フランクの父はこの状況にも動じず、美人に囲まれて楽しんでいるようだ。特にジーナとはいい雰囲気になっていた。計画の前準備として、フランクとアンナは病院で催眠ガスボンベを手に入れる。一方マリアはパイロットを色仕掛けでだまし、買収した不良たちに誘拐させた。

まずアンナ、ジーナ、キャオとフランクは、カラゾフの幹部の1人・イマソフの経営するクラブに忍び込む。フランクがスモーク用のガスボンベを催眠ガスボンベにすり替え、客もイマソフも眠ってしまった。その隙に、アンナたちは盗んだ帳簿のパスワードを使って、イマソフの資金をアンナの口座に送金してしまった。

一方マリアは、代理パイロットに扮したフランクの父と共に、もう1人のカラゾフの幹部・ユーリの乗る飛行機に乗り込んでいた。マリアがユーリに薬を盛り、フランクの父は飛行機を走らせたまま副操縦士を気絶させる。しかしユーリの部下に異常事態に気づかれ、マリアが撃たれてしまった。マリアとフランクの父は間一髪でフランクの車に助けられる。ユーリは飛行機衝突前に目覚め、何とか飛行機を止めた。

トランスポーター4 イグニションのあらすじ【転】

フランクの父に盛ったという毒の話は嘘だった。嘘に憤るフランクをよそに、フランクの父はマリアの治療を成し遂げる。フランクの父にとって、アンナたちに協力することが正義につながると思われたのだ。アンナの過去を知り一夜を共にしたフランクは、父親を連れて隠れ家から去るが、父は彼女たちを見捨てたことでフランクを責める。

一方、アンナたちに手ひどくやられたイマソフとユーリは、カラゾフが事件の背後にいるのではと疑っていた。主犯はカラゾフ配下の売春婦だし、運転手のフランクはカラゾフと以前仕事をしたことのある男だったからだ。カラゾフはすぐにこの事件に片をつけることを約束し、フランクの父を誘拐する。カラゾフはフランクに対し、父親と女3人を交換という条件をつきつけた。フランクは父が巻き込まれたのはアンナたちのせいだと、彼女たちに協力を要請する。

アンナたちはもしもの時を見越して、カラゾフに「犯人は(4人ではなく)3人組」と思わせるよう細工してきた。今回も、ジーナを別行動にさせ、アンナ、キャオ、マリアが「犯人グループ」としてフランクについていくことになった。

トランスポーター4 イグニションのあらすじ【結】

フランクがアンナたち3人をカラゾフの船に連れていく。そこにカラゾフのふりをした何者かから呼ばれたというユーリとイマソフが合流する。イマソフはカラゾフの事を強く疑い、今すぐカラゾフの口座残高を見たいと言い出した。仕方なくカラゾフは、タブレットで口座を確認する。その頃、別行動をとっていたジーナは船底から船に忍び込んでいた。ジーナはカラゾフが暗証番号を入力したのをハッキングし、アンナの口座に移していたイマソフの金を、カラゾフの口座に送金する。残高が増えているのを見たカラゾフは驚いて言い逃れをするが、船内では銃撃戦が始まってしまった。

ジーナはカラゾフの口座の金を、もういちどアンナの口座に送金する。しかしそれをカラゾフの女に見つかってしまった。激しい攻防の末、ジーナは相手を絞め殺すが、彼女自身も大きな傷を負ってしまった。ジーナは駆け付けたフランクの父の腕の中で息絶える。キャオとマリアも、銃撃戦の犠牲となっていた。

カラゾフはアンナを連れてボートで脱走する。フランクもそれについていき、3人は岸辺にたどり着く。フランクはカラゾフと戦うが、劣勢に追い込まれる。そこを救ったのは、アンナの撃った一発の銃弾だった。カラゾフが死に、アンナはフランクにも銃口を向ける。しかし彼女にはフランクを撃つことはできなかった。アンナは死んだ仲間を思い、フランクを前に泣き崩れる。

1ヶ月後。どこかの豪邸で、亡き仲間の家族とフランクたち親子に分け前を送金するアンナの姿があった。その顔は晴れやかなものだった。

Amazon 映画『トランスポーター4 イグニション』の商品を見てみる

関連作品

前作 トランスポーター3 アンリミテッド