映画『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』のネタバレあらすじ結末

トロピック・サンダー 史上最低の作戦の概要:俳優、ベン・スティラーが監督を務めた超ドタバタコメディ作品。プラトーンなど、様々な作品のオマージュも盛り込まれており、映画好きならばより楽しめる作品となっている。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦の作品概要

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

公開日:2008年
上映時間:107分
ジャンル:コメディ、アクション
監督:ベン・スティラー
キャスト:ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr、ブランドン・T・ジャクソン etc

トロピック・サンダー 史上最低の作戦の登場人物(キャスト)

タグ・スピードマン(ベン・スティラー)
近年やや落ち目になっているハリウッド俳優。今回の映画で再起を狙っている。
ジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)
コメディの帝王として名を馳せる俳優。実は麻薬中毒。
カーク・ラザラス(ロバート・ダウニー・Jr)
徹底した役作りで有名な俳優。黒人の役を演じる為、何と皮膚を全て移植した。
アルパ・チーノ(ブランドン・T・ジャクソン)
黒人ラッパー。白人であるにも関わらず黒人役を演じているカークを嫌っている。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦のネタバレあらすじ

映画『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦のあらすじ【起】

アクション映画、それは数ある映画のジャンルの中でも根強い人気を誇るジャンルの一つです。そして、超豪華俳優ばかりを起用した大作アクション映画の制作が決定したのです。ベトナム戦争をテーマに描いたその映画は、実際にベトナム戦争を経験した作家の自伝的小説が元になっていました。

上映されれば話題になること間違いなしのその映画ですが、その撮影は中々順調にはいきませんでした。というのも、豪華俳優ばかりを集めた結果、各俳優のわがままが凄まじく、撮影に支障をきたしているのでした。そんな役者陣の暴走に困り果てた監督に対し、原作者は「彼らを実際のジャングルへと連れていってはどうか」と提案します。困り切った監督は、藁にもすがる様な思いでその案に乗る事にしました。

そして、俳優陣をジャングルに連れていき、あらゆる場所に撮影用のカメラと爆薬をセットしました。すると、撮影を開始した直後、監督が地雷を踏み抜き死んでしまったのです。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦のあらすじ【承】

しかし、それも演出の一部と信じ切っている俳優陣は、そのあまりのリアリティに感動し撮影に対してやる気を見せ始めます。そして一行は、地図を手に深い森の中を突き進んで行くのでした。すると、道無き道を進んでいた一行に何者かが銃を乱射してきたのです。

しかしそれすらも撮影だと思っている一行は大盛り上がり、腰にぶら下げてあった手榴弾を投げ返します。勿論それは小道具なので、爆発する筈がありません。しかしなんと、手榴弾が投げ込まれるとともに巨大な爆発が起き、その音に驚いた襲撃者は逃げ帰ったのです。

勿論、その手榴弾自体が爆発したわけではありせん。先程の俳優陣を狙った銃撃が、元々監督と打ち合わせで決めていた合図だと勘違いした原作者と爆破担当のスタッフが、設置していた爆薬を起動させたのでした。しかし、成功の有無を確認しようとした監督と連絡が取れないことに気がついた原作者たちは、流石に違和感を覚え始めます。しかしその時、二人は突如現れた謎の人物達に捕らえられてしまうのでした。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦のあらすじ【転】

一方、俳優陣も少しずつこの撮影に違和感を覚えるようになっていました。なかでも、カークはこれが撮影ではなく、自分達が実は恐ろしい事件に巻き込まれていると察し始めています。しかし、これが演出だと信じてやまないタグはカークの意見を無視、一人このままの撮影続行を宣言します。

そんな意見の食い違う彼らの間には、見えない亀裂が走り始めます。そして、タグはカークらと別れ一人別行動をとることにしました。タグに反して、カークらは森を脱出しようと来た道を引き戻そうとします。

しかし、深いジャングルをそう簡単に抜け出せるわけがありません。一向に出口に辿り着かぬまま、広い森の中で数日が経過しました。すっかり道に迷った一行は、森の中にそびえ立つとある古い建物に辿り着きました。その建物の中を覗き込んだカーク達は、何と拷問を受けているタグを見つけるのでした。タグを見捨てる事が出来ず、一行はタグ救出の為の作戦を練り始めます。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦のあらすじ【結】

何とか敵に見つかる事なくその建物に潜入したカーク達でしたが、何とその場に捕らえられていたのはタグだけではありませんでした。映画撮影初日に、謎の集団に拉致された原作者と爆破担当のスタッフも同じくそこに拉致されていたのです。更に、ようやく見つけたタグの様子が何処かおかしいのです。敵に洗脳されたと判断したカークらは、何とかタグの洗脳を解きます。

そして追ってくる敵を打ち倒しながら、敵のアジトにあった車を奪いその場から逃げ去ります。しかし、敵もそう簡単にカークらを見逃してはくれません。何と、敵のボスがロケットランチャーまで持ち出してきたのです。それでも尚、激しい逃走劇を経てカークらは奇跡的に全員揃ってその地獄のような森から抜け出す事が出来たのでした。

…その後、この一部始終を映した映画は爆発的ヒットを誇ります。やや落ち目だったタグはオスカーを受賞し、再びハリウッドで脚光をあびることに成功したのでした。

Amazon 映画『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』の商品を見てみる