「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」のネタバレあらすじ結末

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらの概要:デイルとタッカーは友人同士で、アパラチア山脈の湖の近くに別荘を購入した。休暇を利用して修繕をするため、別荘を訪れた。その近くには大学生グループが遊びに来ており、デイル達のことを殺人鬼だと誤解して怖がっていた。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらの作品概要

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

製作年:2010年
上映時間:88分
ジャンル:コメディ、ホラー
監督:イーライ・クレイグ
キャスト:タイラー・ラビーン、アラン・テュディック、カトリーナ・ボウデン、ジェシー・モス etc

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらの登場人物(キャスト)

デイル(タイラー・ラビン)
便所工事業者。気弱で女性と話すことが苦手。自分に自信がない。しかし、心優しく友人思いの性格。大きい体格のせいで、人から怖がられてしまう。
タッカー(アラン・テュディック)
デイルの親友。口が悪く乱暴なところもあるが、気弱なデイルをいつもサポートしている優しい人物。
アリソン(カトリーナ・ボウデン)
大学生・心理学を専攻している。初めはデイルの風貌を見て恐怖心を抱いていたが、優しい内面に触れて仲良くなっていく。
チャド(ジェシー・モス)
アリソンのことが好きで、異常な執着心を持つ。殺人鬼によって父は殺され、母は虐待をされたと言われて育つが、実際は殺人鬼が大学生だった母を乱暴してできた子供だった。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらのネタバレあらすじ

映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらのあらすじ【起】

ウエストバージニア州・アパラチア山脈。3日前。仲の良い大学生グループが馬鹿騒ぎをしながら車を走らせていた。途中でビールを積み忘れたことに気づき商店を訪れるが、店員や客の不気味な雰囲気に恐怖を抱く。その客の1人であるデイルは可愛い女子大生(アリソン)に目を奪われていたが、大きい体格に見合わず小心者で、声を掛けることに尻込みをしていた。友人のタッカーはそんなデイルを励まし、話しかけるよう嗾けた。デイルは勇気を持ってアリソンに話しかけるが、やはり怖がられ逃げられてしまう。

タッカー達は湖の近くに買った別荘を訪れた。中は埃まみれで、“大虐殺”“生存者1名”と書かれた新聞の切り抜きが張られていた。不気味な雰囲気だったが、タッカー達は気にしていなかった。

チャド(大学生)は友人達に、20年前の森で起こった“大虐殺事件”の話をした。被害者は森に遊びに来た大学生グループだった。生存者は1人だけで、他は全員行方知れずになっており、遺体は森の下に埋まっていると言われていた。

大学生達は湖で遊ぶことにした。その一方で、アリソンはチャドから告白を受けていた。だが、好きではなかったため、話を誤魔化して皆の元に行くことにした。アリソンは崖の上で服を脱ぎ飛び込もうとしたが、タッカー達に見られていることに気づき、驚いて湖に落ちてしまう。タッカー達は湖で夜釣りを楽しんでいたのだ。アリソンが浮かび上がってこないため、タッカー達は急いで救出に向かった。助けた後、アリソンの友人達にそのことを教えようとするが、怖がられて逃げられてしまう。タッカー達はとりあえずアリソンを別荘に運ぶことにした。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらのあらすじ【承】

チャド達は恐ろしい風貌から、デイル達が殺人鬼ではないかと疑っていた。仲間の1人が保安官を呼びに行き、他の者達で別荘の様子を伺った。その頃、アリソンは頭を手当され、デイルから食事を提供されていた。アリソンはなぜここにいるのか分からず戸惑うが、デイルから昨夜のことを説明され納得した。初めはデイルに対して恐怖心を抱いていたが、心優しい性格であることを知り徐々に打ち解けていった。

タッカーは蜂の巣が中に入っていた丸太を切ってしまい、大量の蜂に襲われてしまう。チェーンソーを持ったまま森の中を逃げ惑った。それを見た大学生達は殺されると誤解して、散り散りに逃げて行った。しかし、1人の学生がタッカーに気を取られながら走っていたため、飛び出ていた木の枝に飛び込み腹を刺してしまう。

タッカーが蜂に顔を刺された状態で帰って来た。タッカーはアリソンの友人達が逃げたのは蜂アレルギーを持っているせいだと誤解していたが、アリソンはタッカーを恐れて逃げたことが分かっていた。アリソンは友人達を探しに行こうとするが、デイルにそれを止められ、自分とタッカーで探しに行くと言われる。デイルはアリソンの前で良い恰好がしたかったのだ。アリソンは仕方なくそれを受け入れ、友人は他人に批判的だから気をつけろと忠告した。

チャド達は木の枝に刺さった友人の遺体を見て、デイル達の仕業と誤解する。森から逃げようとするが、チャドがそれを止めた。チャドはタッカー達と戦うつもりだった。チャド達が揉めていると、タッカー達がやって来たので慌てて隠れた。タッカー達は大学生を呼びながら森を歩いていた。しかし、なかなか大学生達が現れなかったため、手斧で木を彫り伝言を残すことにした。木には、“おめえの友達預かってる”と彫られていた。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらのあらすじ【転】

アリソンは友人達を待っている間、屋上トイレを作っているデイルを手伝うことにした。牧場で育ったため、力仕事には慣れているのだ。仲良く作業をしていると、木の棒を持った男子学生が走って来た。アリソンはデイルを突き飛ばして窮地を救うが、男子学生は躓いてしまい、自分が持っていた棒に突き刺さってしまう。その一方で、男子学生がタッカーを襲おうとして、誤って粉砕機に突っ込んでいた。タッカーは学生の足を持って引っ張ろうとするが、助けることはできなかった。

タッカーとデイルは別荘で落ち合い、大学生が死んだことを話した。大学生が集団自殺を行っていると思い、刃物を全て家の中に隠すことにした。タッカー達は大学生に自殺の道連れにされることを恐れるが、警察に通報することはできなかった。現場の状況から見て、自分達が殺人犯だと疑われると思ったのだ。

生き残った大学生3人は恐怖に震えながら逃げようとするが、チャドは攻撃の手を止めようとはしなかった。チャド達が揉めていると、パトカーのサイレンの音が聞こえていた。3人の大学生達は保安官に助けを求めるが、チャドは保安官なんて当てにはならないと、パトカーに乗り込む友人達を馬鹿にしていた。

タッカー達が遺体の始末をしていると、保安官がやって来た。タッカーは保安官に事情を説明するが、やはり信じてはくれなかった。保安官は気絶したアリソンを見るため、別荘の中へと入った。しかし、別荘の中は柱の修理がまだ終わっておらず危険な状態だった。保安官が柱に持たれてしまい、壊れた柱から飛び出た釘が頭に刺さってしまう。保安官は無線機で助けを呼ぼうとしてパトカーに向かって行き、そのまま息絶えた。

チャドはデイルの犬を犬質に取り、アリソンを連れてくるように脅した。デイルがネイルガンを撃って気を逸らせている隙にタッカーが犬を逃がすが、チャド達に見つかってしまう。タッカーはそのまま捕まり、木に逆さまに宙吊りにされた。チャドは友人の敵としてタッカーの指を切り落とした。

目を覚ましたアリソンはデイルの話を聞いて驚愕した。誤解を解くためチャド達と話し合おうとするが、外に出ると変な包み紙が落ちていた。その包み紙はタッカーのシャツで、中には切られた指が入っていた。そして、一緒に入っていたメモには、友達を助けたければ来いと書かれていた。アリソンはタッカーを助けに行こうとしたデイルを引き留め、友人達は自分を守るために戦っていることを打ち明けた。タッカーはアリソンの話にショックを受けるが、タッカーを助けるために出て行った。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらのあらすじ【結】

チャドと生き残った女子学生が別荘の中に入り、アリソンを助け出そうとした。アリソンはデイル達がいい人だと話し誤解を解こうとするが、チャドはそれを信じなかった。デイル達を悪魔だと称し、報復するのは仕方がないことだと思っていた。チャドはデイルを庇うアリソンの態度が気に入らず、手斧で脅しながらデイルを好きになったのか質問した。アリソンがチャドの異様な雰囲気に恐怖を抱いていると、タッカーを連れてデイルが帰って来た。

アリソンは誤解を解くため、お茶を入れて皆で話し合うことにした。チャドは“大虐殺事件”のことを話し始めた。大学生だったチャドの母は、チャドの父である恋人の前で虐待をされた。何とか抵抗して犯人の元から逃げ出すが、チャドの父はそのまま殺されてしまう。チャドの父の遺体は今も見つかっていなかった。チャドの母は施設に入っていたため、チャドはこの話を祖母から聞かされていたのだ。

チャドの友人達が外から現れ、タッカー達は殺されそうになる、何とか攻撃を躱して逃げていると、チャドがランプを投げてきた。すると、チャドが別荘に撒いていたガソリンに引火し、男子学生に燃え移ってしまう。火はさらに広がり、燃料へと引火しそうだった。デイルはタッカーとアリソンと共に家の外に飛び出した。チャドは辛うじて生きていた友人に足を捕まれ、逃げ遅れてしまう。だが、チャドは酷い火傷を負っていても生きており、立ち上がると斧を持ってタッカー達を追ってきた。タッカー達はトラックに乗って逃げるが、木にぶつかって気絶してしまう。

デイルが目を覚ますと、アリソンがいなくなっており、タッカーは瀕死の状態で木に倒れていた。デイルはアリソンと関わったことを後悔するが、タッカーに自分を卑下するなと叱られる。デイルはタッカーに励まされ、アリソンを助けに行くことにした。

アリソンはチャドによって殺されそうになるが、デイルによって助け出される。デイルはアリソンを連れ、空き家の地下から逃げ出した。その空き家の二階には新聞が置いてあり、“大虐殺事件”の犯人が捕まったことが書かれていた。犯人の顔はチャドにそっくりだった。デイル達は追ってきたチャドにそのことを伝えた。チャドはショックを受け、半狂乱になりながら襲ってきた。デイルはチャドがアレルギーを持っている茶葉を投げつけた。チャドは窓から外に倒れてしまい、木に刺さって死んでしまう。

今回の事件は“大学生による集団自殺と、異常な殺人犯”として報道された。入院しているタッカーは、デイルがアリソンをデートに誘ったか心配するが、デイルはアリソンとボウリングに行く約束をしていた。その後、デートに出かけたデイルはアリソンに告白しようとするが、なかなか言えず口籠ってしまう。すると、アリソンがデイルにキスをして、同じ気持ちだと伝えた。

Amazon 映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』の商品を見てみる