映画『追憶の森』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『追憶の森』のネタバレあらすじ結末

追憶の森の概要:自殺の名所、青木ヶ原―樹海―。1人のアメリカ人が、自殺をしに樹海にやってきた。樹海で迷った日本人に出会い道案内をすることになるが、なぜか帰り道はなくなっていた…。マシュー・マコノヒー、渡辺謙共演の感動ミステリー。

追憶の森の作品概要

追憶の森

公開日:2015年
上映時間:111分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ミステリー
監督:ガス・ヴァン・サント
キャスト:マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ、ケイティ・アセルトン etc

追憶の森の登場人物(キャスト)

アーサー(マシュー・マコノヒー)
自殺をするため日本の樹海にやってきた、アメリカの大学教授。科学者ゆえに神や霊の存在は信じていない。夫婦仲は悪かったようだ。
タクミ・ナカムラ(渡辺謙)
樹海へ自殺しに来たが思いとどまり、かれこれ2か月も樹海を出ようとさ迷っている。霊魂について詳しく、水辺に楽しい思い出があるらしい。妻の名はキイロ、娘の名はフユ。
ジョーン(ナオミ・ワッツ)
アーサーの妻。アーサーの浮気以来、険悪な関係となっている。アルコール依存症で、脳腫瘍が発見される。

追憶の森のネタバレあらすじ

映画『追憶の森』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

追憶の森のあらすじ【起】

1人のアメリカ人が日本にやってきた。男の名はアーサー。アーサーが向かった先は、自殺の名所、青木ヶ原―樹海―だった。アーサーは樹海の奥深くに入り込み、1粒ずつ睡眠薬を飲む。するとそこに、男がふらふらと歩いてきて倒れた。アーサーはつい、自殺を中断して彼を助け起こしてしまう。どうも樹海で迷ってしまったようだ。帰り道を教えられ、男は去って行った。しかしその数分後、またその男が目の前に現れる。「まだ道に迷っている、家族のもとへ帰りたい」と懇願する男を見て、アーサーは一緒に帰り道を探すことにする。しかし、駐車場に通じているはずの道も、途中で行き止まりになっていた。

【アーサーの回想】アーサーは大学教授、妻のジョーンは営業の仕事をしていた。夫婦仲は険悪だ。

アーサーと男は帰り道を探して歩く。2か月も樹海をさまよっていたという男に、アーサーはコートを貸す。男もまた、自殺のため樹海へ来たが、思いとどまったのだと言う。アーサーは人の声のようなものを耳にする。人がいるのかと呼びかけるアーサーに、男は「あれは“タマシイ”=霊だ」と答える。科学者であるアーサーにはそれが信じられない。男は「あの世に誰も待っていないと思うなら、なぜ自殺を?」と尋ねる。かっとなったアーサーは1人で進みだし、急斜面を転がり落ちてしまう。腹部に木の枝が刺さり、男に助けられる。

追憶の森のあらすじ【承】

【アーサーの回想】帰宅すると、ジョーンがソファで眠ってしまっていた。アーサーは彼女に自分のコートをかけてやる。「私のあげたコート、気に入ってくれたのね」と2人は穏やかな雰囲気になるが、アーサーが火の止め忘れを非難したのを機にまたケンカが始まってしまう。

男の名はナカムラタクミ。妻のキイロと娘のフユがいるという。アーサーはタクミとともに夜の森をさまよい、川を発見する。タクミは一輪の花を見つけ、「花が咲くのは霊があの世へ行く時だ」と教える。2人は首吊り死体を発見する。

【アーサーの回想】ジョーンはCTスキャン室にいた。ジョーンは脳腫瘍と診断され、アーサーは彼女を優しく抱きしめる。切除手術は難しいものだった。アーサーはショックを隠せない。

意識がもうろうとするタクミを、アーサーが支える。タクミは、水辺は自分にとって楽園で、楽しいことを思い出すのだと言う。豪雨が降ってきた。とっさに洞窟に隠れた2人だったが、川があふれ水が流れ込んできた。洞窟の反対側が崩れ、2人は外に流し出される。近くに自殺者のテントを見つけたアーサーは、タクミを中に入れ暖を取る。

【アーサーの回想】
手術の12時間前。「病院で孤独に死ぬのが怖い」と、ジョーンは不安を口にする。ジョーンはアーサーに「あなたは病院で死なないで。理想の死に場所を見つけて」と約束させる。

追憶の森のあらすじ【転】

テントにあったライターで起こした火を囲み、2人は語り合う。タクミは、自分たちは何かの力で森に引き留められているといい、森に迷い込んでパンを目印におとした「ヘンゼルとグレーテル」の話をする。アーサーはジョーンとの結婚生活について語り始める。彼女がアルコール依存症だったこと、自分が浮気をし、彼女にばれたこと、それが原因で夫婦仲が悪くなったこと…。ジョーンを誰よりも愛していたのに、出来心で裏切ってしまった、お互い相手の前では気持ちも優しさも見せないようになったのだと。お互いに、相手にばれないように相手を気遣っていた。そして妻が病気になり、何が大切か気付いたときには遅すぎた。アーサーは罪の意識から樹海にやってきたのだ。タクミは「彼女の霊は君のそばにいる」と語る。アーサーは何度も何度も謝罪の言葉を口にするのだった。アーサーは残りの睡眠薬をたき火に投げ捨てた。

【アーサーの回想】ジョーン宛の郵便が届く。アーサーは失意の底にいた。理想の死に場所を探し始めた彼は、樹海の存在を知る。

翌朝、体を動かせず「1人で行け」と言うタクミに、アーサーは「助けを呼んで必ず戻る」と彼をテントのそばに残す。テントにあった無線の電波を探しながら、アーサーは1人帰り道を探す。樹海そばの監視センターに連絡が入り、レスキュー隊が出動する。

【アーサーの回想】手術後、アーサーとジョーンは病室にいた。昔の写真を見ながら、ジョーンは「水辺は私にとっての楽園よ」と語る。医師が腫瘍は良性だったと告げ、喜ぶ2人。ジョーンは別の病院へ移ることになった。彼女が乗った救急車の後を、アーサーは車でついていく。車越しに携帯で「思えばお互いの事をあまり知らなかった」と語り合う2人。しかし次の瞬間、救急車にトラックが追突。ジョーンは帰らぬ人となった。

追憶の森のあらすじ【結】

斜面を転げ落ち、満身創痍のアーサーの無線に、レスキュー隊から連絡が入る。アーサーは助けを求めるうちに、最初に見た立ち入り禁止のロープにたどり着く。倒れ込んだアーサーを、ついにレスキュー隊が見つけ出した。アーサーは朦朧とする意識の中で「彼を残してきたんだ、助けてやってくれ」とつぶやくが、そのまま担架で運ばれてしまう。

【アーサーの回想】ジョーンの告別式。アーサーは最後の会話を思い出し、彼女の好きな色も季節も、好きな本も知らなかったと嘆く。ジョーンの親族は、彼女の好きな本はある童話で、その本を最近ジョーン宛に送ったことを教える。

アーサーは病院にいた。怪我も回復し、アーサーはタクミを探すためもう一度樹海に入りたいと言う。しかし病院のスタッフは、レスキュー隊が捜索したが誰もいなかったこと、タクミが森に入ったと言う日の監視カメラには誰も映っておらず、テントには誰もいなかったことを告げる。アーサーは迷わぬようロープを使ってタクミを探しに行く。ロープも尽き、ノートの切れ端を目印に樹海の奥へ進むアーサー。ついに彼は、テントの場所にたどり着く。

彼がタクミにかけてやったコートをとると、そこにタクミの姿はなく、1輪の花が咲いていた。アーサーはジョーン宛に届いた郵便が「ヘンゼルとグレーテル」だったことを思い出す。ジョーンがタクミの姿で自分を助けてくれたのだと、アーサーは気付くのだった。

大学でアーサーは日本語のわかる学生と話をする。タクミの家族の名前のメモを目にし、学生は「それは人の名前じゃなくて、色と季節です」と教える。それを聞き、アーサーは胸が熱くなる。彼が最期まで知ることのなかったジョーンの好きな色と季節を、彼女は教えてくれていたのだ。

Amazon 映画『追憶の森』の商品を見てみる