映画『釣りバカ日誌3』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『釣りバカ日誌3』のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌3の概要:人気漫画「釣りバカ日誌」の実写版・映画シリーズ第3作目。ハマちゃんは奥さんとラブラブな日々を送っているが、子供が出来ない事に悩んでいる。釣り仲間のスーさんは、ハマちゃんを励まそうと釣りに出掛けるが、そこで初恋の人の娘に出会う。

釣りバカ日誌3の作品概要

釣りバカ日誌3

公開日:1990年
上映時間:96分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:栗山富夫
キャスト:西田敏行、三國連太郎、石田えり、谷啓 etc

釣りバカ日誌3の登場人物(キャスト)

浜崎伝助(西田敏行)
通称、ハマちゃん。鈴木建設の営業マンで、勤務態度は不真面目。鈴木建設の社長のスーさんと釣り仲間だが、そのことは周囲に知られていない。
浜崎ミチ子(石田えり)
ハマちゃんの奥さん。いつも笑顔でハマちゃんを支えている。ハマちゃんととても仲良く暮らしているが、子供が出来ないことを悩んでいる。

釣りバカ日誌3のネタバレあらすじ

映画『釣りバカ日誌3』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

釣りバカ日誌3のあらすじ【起】

愛妻家のハマちゃんは今日も、出勤前に妻のミチ子とラブラブな会話をしていた。そして、ハマちゃんはミチ子の顔を見ていたいから会社を休むと言い出す。ミチ子の顔写真を渡されて渋々と出勤した。ハマちゃんはその写真を、一日中会社で眺めて過ごす有様だった。社内でハマちゃんが愛妻ぶりを発揮していると、同僚の男性に子供が産まれたと知らせが入った。周囲が赤ちゃんの話で盛り上がる中、ハマちゃんは落ち込んでしまう。自分とミチ子との間に子供が出来ないことを悩んでいたのだ。

ペットショップでは子犬を見ていたハマちゃんを見かけたスーさんは、ハマちゃんの悩みを聞いてあげた。既に病院で見てもらったが異常はないと言う。どうしても子供が欲しいと思っているハマちゃんは、子供は育てるのが大変なのだと諭すスーさんに、いくら大変な子でもこの手で抱きしめたいと話した。そこで、ハマちゃんを励まそうと、スーさんはハマちゃんを星ヶ浦での釣りに誘った。そこはスーさんの思い出の地だった。

釣りバカ日誌3のあらすじ【承】

星ヶ浦の港で漁船を借りて出港しようとした所、船長がある女性も乗せてあげてくれと言ってきた。雪子と名乗るその女性は美しかった。雪子を見た途端、スーさんを何かに驚いたが、ハマちゃんはスーさんが見惚れているのだと勘違いし、さっそく出港した。雪子は釣りがとても上手く、大きな平目を釣り上げた。

星ヶ浦荘という旅館に泊まったハマちゃんとスーさんは、雪子と共に平目を食べながら食事をした。ハマちゃんが酔っぱらって眠ってしまった後、スーさんは雪子に母親のことを聞いた。すると、雪子の母は既に亡くなっていたが、思い出の土地である星ヶ浦で墓を建ててほしいと言い残したと言う。雪子の母の名を聞いた所、やはりスーさんが戦時中に星が浦で恋をした相手だった。雪子は母親から初恋の相手の話を聞いており、それがスーさんだと知って喜んだ。

二人は翌日、雪子の母のお墓参りに出掛けた。雪子は母の墓を立派な物に建て替えようと、お金を貯めていると話した。母の墓がある場所は、星ヶ浦でリゾート開発を進められている場所だそうで、立ち退きを要求されていた。雪子はそれをきっぱり断ったと聞き、スーさんもそれを賛成した。

釣りバカ日誌3のあらすじ【転】

後日、鈴木建設の会議室で社長のスーさんにリゾート開発についての報告があった。星ヶ浦を含む上伊豆町が対象だった。なんと、星ヶ浦の開発を進めていたのはスーさんの会社だったのだ。スーさんは自分が以前に承認した案件だったことを思い出し、戸惑った。重役の報告によると、この開発は町民の反対が全くなく進んでいるとのことだった。

一方で、ハマちゃんは雪子から個人的に呼び出されていた。雪子の父は酷い人間だったので、母からずっと話を聞いていたスーさんを、本当の父の様に感じていたと言う。更に、スーさんは雪子の母の新しい墓石をプレゼントしてくれた。そんな事をしてくれるなんて、もしかすると本当の父親なのではないかと言った。ハマちゃんもそう考え、親子としての再開を手伝うと言い出し、ハマちゃんは雪子とスーさんを自宅に招待した。そして、本当の父親なのではないかと詰め寄ったが、雪子の母とスーさんに体の関係はなく、勘違いだった。しかし、スーさんは雪子を実の娘の様に感じていると話し、雪子は喜んだ。

釣りバカ日誌3のあらすじ【結】

後日、スーさんはカリブ海で釣りをしようと休暇を取っていた。その間、星が浦のリゾート開発の反対運動が地元民達の間で起こっていた。反対運動の中には雪子とハマちゃんの姿もあった。ハマちゃんは綺麗な海を守りたいという思いだった。反対運動の様子はマスコミにも取り上げられていた。

反対運動の新聞記事をFAXで送られたスーさんは、パナマから急いで帰国した。幹部達は金を払って反対運動を抑えようと話すが、スーさんは自身の経営哲学に基づいて開発を中断すると決めた。決着がついたと思ったが、一人の幹部が新聞記事の写真にハマちゃんの姿が載っていると言い出した。幹部達は社長室にハマちゃんを呼び出し、詰め寄った。ハマちゃんは、リゾート開発を進めていたのが自分の会社だと知らされ驚く。さらに、社長のスーさんがリゾート開発を中断したことを聞いて喜んだ。

ハマちゃんは自分のした事の罪を認めたので、幹部達は罰として転勤先を決めることにした。しかし、どこに飛ばしても釣りを楽しみそうだと悩んでいた。ハマちゃんが帰宅し処罰の決定を待つ間、ミチ子はどこにでもついて行くと励ました。しかし、ハマちゃんの自宅に課長が訪れ、伝えた処罰は転勤なし・謹慎2週間というものだった。

後日、ハマちゃんは釣り船の上から電話をかけている。ミチ子が妊娠の可能性があったため、病院に行っていたのだ。検査の結果を聞いてガッカリしたハマちゃんは、船から電話を投げ捨ててしまった。しかし、実のところミチ子は妊娠しており、最初は冗談で検査の結果をダメだったと伝えていたのだ。海の中に沈んだ電話から、ミチ子の嬉しそうに本当のことを報告する声が響いていた。

Amazon 映画『釣りバカ日誌3』の商品を見てみる

関連作品

次作 釣りバカ日誌4
前作 釣りバカ日誌2