映画『釣りバカ日誌5』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「釣りバカ日誌5」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌5の概要:人気漫画「釣りバカ日誌」の実写版・映画シリーズ第5作目。鈴木建設の営業マンであるハマちゃんは、ある日息子を会社に連れてきてハプニングを起こしてしまう。そのせいで丹後半島に転勤となり、単身赴任で寂しい思いをするが、寂しいのは釣り仲間のスーさんも同じだった。

釣りバカ日誌5の作品概要

釣りバカ日誌5

公開日:1992年
上映時間:95分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:栗山富夫
キャスト:西田敏行、三國連太郎、石田えり、中本賢 etc

釣りバカ日誌5の登場人物(キャスト)

浜崎伝助(西田敏行)
通称、ハマちゃん。釣りが大好きで、鈴木建設の営業三課で営業マンをしている。妻のミチ子と幼い息子の鯉太郎と三人で暮らしている。
鈴木一之助(三國連太郎)
通称、スーさん。鈴木建設の社長だが、ハマちゃんの釣り仲間でもある。釣り仲間であることは会社の人達には知られていない。

釣りバカ日誌5のネタバレあらすじ

映画『釣りバカ日誌5』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

釣りバカ日誌5のあらすじ【起】

いつもの様にハマちゃんとスーさんは東京湾でハゼ釣りをしていた。スーさんは東京湾に飽きたと言い、泊りがけで釣りに行きたいと話す。しかし、子供が産まれたばかりのハマちゃんは息子と一緒に寝たいので、泊まりがけは無理だと答えた。釣りバカのハマちゃんが今や親バカになっていて、スーさんは驚いた。

家に帰って息子を可愛がるハマちゃんの横で、スーさんは携帯電話で部下を叱っていた。電話を終えたスーさんは、鯉太郎が大人になるまで会社があるか分からないと話した。更に、スーさんはハマちゃんが息子を猫かわいがりしている姿を見て、教育方針を説教した。ハマちゃんとスーさんは喧嘩になってしまい、ミチ子は鯉太郎が産まれてから二人の喧嘩が増えたと悲しんだ。

翌日、出社するとすぐに重役達を叱りつけイライラする社長のスーさん。同じ鈴木建設で営業マンをしているハマちゃんは、相変わらず欠伸をしながら呑気に過ごしていた。すると、ミチ子から会社に電話がかかってきた。ハマちゃんのお母さん・タキが東京に出てきたのだが、電話をしている途中に切れて、行方が分からないのだと言う。ミチ子の声を聞いて家に帰りたくなったハマちゃんは、会社を早退してしまった。

釣りバカ日誌5のあらすじ【承】

家に着いたハマちゃんだが、タキはまだ家に辿り着いていなかった。ハマちゃんはあまり心配をしていないでいると、馴染みの舟屋の八郎がタキを送ってきてくれた。皆で食事をし終えたところで、スーさんがハマちゃんの家に来た。タキは、スーさんがハマちゃんの釣り仲間だと聞いて、釣りは悪魔の様な道楽だと話す。ハマちゃんのお父さんが釣り好きで苦労した様だ。更に、オムツの話題で意見が割れ、スーさんは怒って帰ってしまった。

数日後、ミチ子が同窓会に行くことになり、タキが鯉太郎を面倒見ることとなった。しかし、ミチ子が出掛けた後にタキはギックリ腰になってしまう。課長からはすぐに会社に戻ってこいと言われ、急いで家に帰った。タキは無事に病院に行ったが、鯉太郎の預け先がなかったため、仕方なく会社に連れて戻った。

会社では取引先との会議が始まっており、ハマちゃんは鯉太郎を同僚の女性に預けて会議に参加した。すると、女性達が会話をしている内に鯉太郎は行方不明になってしまう。階段には外れたオムツが残されていて、同じ課の人達で必死に探し回る。会議から帰ってきたハマちゃんは、誘拐かと考え自ら非常ベルを押してしまった。皆が大騒ぎをしていると、鯉太郎を抱いたスーさんと出くわした。鯉太郎をエレベーターで偶然見つけたスーさんが、保護してくれていたのだ。

釣りバカ日誌5のあらすじ【転】

非常ベルを押して、会社全体の動きを1時間半ほど止めてしまったハマちゃん。罰として、会社がスッポンの養殖を手掛けている丹後半島へ転勤することとなった。今の担当者がノイローゼになってしまったので、担当を交代するため、明後日には出発しろと言われた。帰宅したハマちゃんがその話をすると、タキは責任を感じ泣いた。

さっそく丹後半島に着いたハマちゃんは、釣りをするポイントが沢山あることに喜んでいる傍らで、前任者が養殖場の案内をしてくれる。スッポンは臆病で、人影や物音だけで水の中に入ってしまうと言う。そして、スッポンと3日暮らせば、ここがどんな所か分かると言って帰って行った。

ハマちゃんが一人でスッポンの世話をする生活が始まった。家族の写真を眺めながら寂しい日が続く。ある日、岩場で寂しさのあまり泣きながら家族の写真を眺めていると、後ろから写真を奪う人がいた。ミチ子だった。鯉太郎をおぶったスーさんも一緒だった。スーさんはハマちゃんの最近の様子を聞くと、全く釣りをしていないと言う。釣った魚を持って帰っても、喜んでくれる家族がいないと楽しくないそうだ。

釣りバカ日誌5のあらすじ【結】

再開したハマちゃんとスーさんは、さっそく釣りに出掛けた。釣りをしながらスーさんは、交代要員を探すからもう少し頑張ってくれと言った。しかし、釣り仲間だからと贔屓するのはルール違反だと話し、ハマちゃんはスーさんの申し出を断った。更に、ミチ子と鯉太郎を呼び寄せて、丹後半島で釣りをしながら楽しく暮らす予定だと言った。それを聞いて、スーさんはハマちゃん一家と会えなくなることを寂しがった。丹後半島では、そう頻繁に遊びに行くわけには行かない。

ミチ子と鯉太郎も丹後半島へ引っ越す日がきた。ミチ子は鈴木建設に電話をかけ、スーさんに別れの挨拶をした。スーさんは鯉太郎にも別れを言いながら、涙した。ミチ子は近所の人達にも別れを言い終え、駅まで向かっているとハマちゃんの姿を見つけた。スッポンが共食いをして全滅したのだ。本社でその報告を聞いたスーさんは、プロジェクトから手を引くと宣言し、ハマちゃんを元の営業三課へ戻すことにした。

その夜、スーさんはご機嫌でハマちゃんの家を訪ねる。ハマちゃんは落ち込んでいた。可愛がっていたスッポン達を死なせてしまったことを悲しんでいた。スーさんはハマちゃんを励ますが、いっこうに元気を取り戻さない。スーさんは諦めて、魚釣りのオモチャを取りだし、鯉太郎と一緒に遊んだ。その様子を見て、ハマちゃんは釣りのこだわりを話し始め、ついにはオモチャで一緒に遊び始めた。

後日、東京湾で以前の様に釣りを楽しむハマちゃんとスーさんの姿があった。また一緒に釣りを楽しめるこが嬉しくて、スーさんはハマちゃんの頬にキスをした。

Amazon 映画『釣りバカ日誌5』の商品を見てみる

関連作品

次作 釣りバカ日誌6
前作 釣りバカ日誌4