映画『トスカーナの休日』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トスカーナの休日」のネタバレあらすじ結末

トスカーナの休日の概要:夫に捨てられ、家まで奪われ、仕事もスランプという最悪の日々を送っていたアメリカの女流作家は、親友の勧めでイタリアのトスカーナ地方へ旅行に行き、その地で新たな人生を模索し始める。イタリアの自然と街並みの映像が美しく、ちょっとした旅行気分を味わえる。

トスカーナの休日の作品概要

トスカーナの休日

公開日:2003年
上映時間:113分
ジャンル:ヒューマンドラマ、コメディ
監督:オードリー・ウェルズ
キャスト:ダイアン・レイン、サンドラ・オー、リンゼイ・ダンカン、ラウル・ボヴァ etc

トスカーナの休日の登場人物(キャスト)

フランシス(ダイアン・レイン)
女流作家。最近は小説が書けず、書評の執筆ばかりしている。離婚した夫に家まで奪われてしまい、旅行中のトスカーナで古い家を衝動買いする。いろいろとつらい経験をして、人生にも恋にも臆病になっている。
パティ(サンドラ・オー)
フランシスの親友。レズビアンで、女性のパートナーと暮らしている。人工授精で妊娠するが、臨月を迎える頃にパートナーに捨てられ、フランシスを頼ってトスカーナへやってくる。
キャサリン(リンゼイ・ダンカン)
フランシスが暮らすことになったコルトーナという町の名物女。昔は女優だったらしく、いつもきれいに着飾っている。子供のように無邪気に生きることが大事だと考えている。
マルチェロ(ラウル・ボヴァ)
フランシスがローマで出会ったイケメン男性。いかにもイタリア男といったプレイボーイで、フランシスと恋人同士になる。しかし遠距離恋愛だったため、すぐに別の恋人を作ってしまう。
マルティニ(ヴィンセント・リオッタ)
コルトーナの不動産業者。第一印象でフランシスのことを気に入り、何かと親切に彼女を助けてくれる。しかし妻と2人の子供を愛する良き夫で、フランシスに下心はない。

トスカーナの休日のネタバレあらすじ

映画『トスカーナの休日』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トスカーナの休日のあらすじ【起】

女流作家のフランシスは、ここ数年自分の作品が書けず、辛口の書評ばかり書いている。ある若手作家の出版記念パーティに出席したフランシスは、そこで自分の本を彼女に酷評された作家と出会い、夫のことで嫌味を言われる。どうやら夫は、誰かと浮気しているらしい。

その話は本当で、あっという間に離婚が決まる。夫は自分が浮気したにも関わらず、生活費を稼いでいたフランシスに、多額の慰謝料を請求してくる。妊娠した夫の恋人は、夫婦が暮らしていた家を気に入っており、夫は家の譲渡を望んでいた。フランシスは仕方なく、慰謝料の代わりに自宅を譲る。

フランシスはダンボール3箱分の荷物だけ持ち、短期滞在用のアパートに引っ越す。そこの居住者はほとんどが離婚経験者で、気の滅入る環境だった。

親友のパティはレズビアンのパートナーと共に、フランシスを元気づけるための食事会を開いてくれる。パティは人工授精で妊娠したことを打ち明け、パートナーと行くはずだったトスカーナ旅行を、フランシスにプレゼントしてくれる。パティは今のアパートを離婚者収容所と呼んでおり、再起不能になる前に行動するべきだと考えていた。

最初は乗り気でなかったフランシスも、パティの言葉が胸に響き、思いきってトスカーナへ行くことにする。パティが予約していたのは、ゲイカップル専用のツアーで、フランシスは浮いた存在だった。

コルトーナの町を観光している時、フランシスは『ブラマソーレ』と名付けられた古い家の不動産情報を見る。すると、派手ないでたちのキャサリンという女性に「買うの?」と声をかけられる。もちろん家を買うつもりなどなかったが、フランシスはなんとなくその家のことが気になる。

フランシスを乗せたツアーバスは、田舎道で羊の群れに行く手を阻まれて停車する。ふと窓の外を見ると、そこはあの『ブラマソーレ』の前だった。フランシスは運命を感じ、そこでバスを降りる。

トスカーナの休日のあらすじ【承】

『ブラマソーレ』は築300年の古い家で、前の住人は伯爵夫人だった。フランシスが勝手に中へ入ると、ちょうど若いカップルがこの物件を買ったところだった。しかし伯爵夫人が価格を倍にすると言い出し、カップルは怒って帰ってしまう。迷信深い伯爵夫人は、フランシスの顔にハトのフンが落ちてきたのを神のお告げと受け取り、彼女に家を売ることにする。フランシスは全財産をはたき、この古い家を購入する。

不動産業者のマルティニはとても親切な紳士で、フランシスのことを気に入っていた。彼のおかげで契約もスムーズに進み、フランシスはそのままトスカーナで暮らし始める。電話で報告を受けたパティは、思いがけない展開に驚く。

この家で暮らすには、どうしても改装工事が必要だった。フランシスは、マルティニに紹介してもらったニーノという大工に、改装工事を任せることにする。ニーノは、3人のポーランド人を職人として雇っていた。フランシスは4人の作業を手伝いながら、交流を深めていく。

近所でオリーブ園を営んでいる男性の誘いで、フランシスはオリーブの収穫を手伝う。職人の中のひとりの若いパヴェルは、男性の娘のキアラに一目惚れする。キアラの父親は、フランシスを自宅での夕食会に招待してくれる。

その夕食会には、あのキャサリンもいた。彼女は16歳の時にフェリーニ監督からスカウトされたことが自慢だった。キャサリンは、人生に臆病になっているフランシスに「多くの可能性に向かって生きろ、子供のような情熱があれば道は開ける」というフェリーニの言葉を贈る。

家の庭に大きなヘビが出たので、フランシスはマルティニに来てもらう。フランシスは急に心細くなり、彼の前で泣いてしまう。フランシスは「この家で結婚式がしたい、家族が欲しい」という自分の願いを打ち明ける。マルティニはフランシスを抱きしめたい衝動を抑え、彼女を慰める。誠実なマルティニは、妻を裏切るようなことはしたくなかった。

クリスマスの季節、フランシスは町の広場でマルティニ一家と出会う。マルティニは彼女にシェフの守り神だという聖ロレンツォの像をプレゼントしてくれる。フランシスとマルティニは、良き友人としての関係を築いていく。

トスカーナの休日のあらすじ【転】

フランシスは、改装工事をしてくれる4人の職人に手料理を振る舞い始める。4人は彼女の料理をとても喜んで食べてくれ、家族のようになっていく。フランシスは、若いパヴェルとキアラの恋も応援していた。

フランシスと同年代のキャサリンは、自由奔放に若い男性との恋愛を楽しんでいた。フランシスも心の底では新しい恋を望んでいたが、その一歩を踏み出す勇気が出ない。

ある日、古いシャンデリアの部品を探すため、フランシスはローマへ行く。そこで3人組の男にしつこくつきまとわれ、通りすがりの男性を捕まえて夫婦のふりをする。3人組は諦めて帰ったが、今度はその男性に口説かれる。男性はマルチェロという名のイケメンで、フランシスも彼に好意を持つ。

マルチェロのいとこが骨董屋をしているというので、フランシスは彼の車で海沿いの町へ移動する。砂浜でマルチェロに口説かれ、フランシスはついに彼と一線を越える決意をする。その日、フランシスは久しぶりに官能的な一夜を過ごす。

翌朝、フランシスはマルチェロと今週末にまた会う約束をして、コルトーナに帰る。フランシスは久しぶりに女としての幸せを感じ、有頂天になっていた。

週末、フランシスが胸をときめかせて家を出ると、なんとそこにはお腹の大きくなったパティがいた。パティはパートナーの女性に捨てられ、深く傷ついていた。フランシスは泣いているパティを放っておけず、マルチェロとの予定を断る。

臨月を迎えていたパティは、ここで出産するつもりで、フランシスの家に居候する。フランシスの家は、4人の職人とパティと砂浜で拾った子猫までいる大家族になっていた。しかし、パヴェルとキアラが勝手に寝室を使っていたのを見つけた時は、さすがのフランシスも怒る。2人は真剣に結婚を考えていたが、キアラの親は外国人労働者のパヴェルとの交際に大反対していた。フランシスには、「結婚できないと死んでしまう」と言い放つ2人の若さが眩しかった。

そんなある日、森でキノコ狩りをしていたフランシスは、家にマルチェロが来たのを目にする。マルチェロはパティと何か話し、車で帰り始める。フランシスは必死で走って車を追いかけるが、マルチェロは彼女の声に気づかず行ってしまう。その日、パティが無事に女の子を出産する。

トスカーナの休日のあらすじ【結】

パティが娘と退院してきてすぐ、家の改装工事が完了する。家の中も庭の塀もすっかりきれいになり、フランシスは満足だった。しかし毎日家にいた職人たちとの別れはつらい。庭で幸せそうに娘をあやすパティを見て、フランシスはそこはかとない孤独を感じる。

いろいろと落ち着いたので、フランシスは白いドレスを新調し、愛しのマルチェロに会いにいく。ちょうどマルチェロは家のベランダにいて、下から声をかけると驚いて外に出てくる。フランシスはマルチェロが喜んでくれると思っていたが、彼の態度はよそよそしい。すると、ベランダから女性が出てきてマルチェロに声をかける。マルチェロは、フランシスと会えなかった数ヶ月の間に、新しい恋人を作っていた。フランシスは涙をこらえ、そのままとんぼ帰りする。

コルトーナに戻った頃には、もう日が暮れていた。広場では、キャサリンがドレスのまま噴水に入り、『甘い生活』のヒロインになりきっていた。噴水の周りには人だかりができており、フランシスはマルティニに助けを求める。マルティニは仕方なく噴水に入り、マストロヤンニ役をしてキャサリンを連れ出す。キャサリンは若い恋人に捨てられ、ヤケになっていたようだ。

家に戻ったフランシスは寝室に閉じこもり、やるせない気持ちを爆発させる。パティが心配して声をかけてくるが、今は誰とも話したくなかった。しかし、庭でパヴェルとキアラが泣いているのを見て、フランシスは2人の相談に乗る。

フランシスは2人と一緒にキアラの家へ行き、結婚に反対する両親を説得する。キアラの両親は、家族もいない貧しいポーランド人の労働者に娘をやるつもりはなかった。しかしフランシスが「私が彼の家族よ」と言ったのを聞き、考えを改めてくれる。

パヴェルとキアラは教会で生涯の愛を誓い、フランシスの家の庭で賑やかな結婚式をあげる。マルティニはフランシスに「願いが叶ったね」と声をかける。確かに「この家で結婚式がしたい、家族が欲しい」というフランシスの願いは叶っていた。フランシスは幸福感に包まれ、庭の長椅子で横になる。

そんな彼女に、旅行中のエドという若い作家が声をかけてくる。彼はフランシスに本を辛口批評されたおかげで次回作が書けたと、彼女への感謝を述べる。ここにフランシスが住んでいると聞き、どうしても会いたくてわざわざ立ち寄ったらしい。

2人はすぐに惹かれ合い、恋人同士になる。いろいろなことがあったが、トスカーナへ来て生まれ変わったフランシスは、新しい家族とエドという恋人を手に入れ、幸福な人生をスタートさせる。

Amazon 映画『トスカーナの休日』の商品を見てみる