映画『着信アリ2』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『着信アリ2』のネタバレあらすじ結末

着信アリ2の概要:大ヒットJホラー「着信アリ」の続編。死の予告電話によるオカルトな事件と、謎を追っていた中村由美が殺人鬼と化した1年後。日本と台湾を舞台に、美々子とは別の呪いの連鎖を描いた。

着信アリ2の作品概要

着信アリ2

公開日:2005年
上映時間:106分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:塚本連平
キャスト:ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香、ピーター・ホー etc

着信アリ2の登場人物(キャスト)

奥寺杏子(ミムラ)
幼稚園の先生をしながら、チャイルドセラピストの資格を取るための勉強している女性。尚人の彼女。死の予告電話を受け、尚人、孝子と共に生き延びる道を探すことになる。
桜井尚人(吉沢悠)
杏子の彼氏。カメラマンのアシスタントをしながら、夜は中華料理屋で働いている。
野添孝子(瀬戸朝香)
死の予告電話の謎を追う女性記者。中国語を話すことができる。幼い頃に公衆電話にかかってきた電話を双子の妹に取らせたのが原因で、妹を失っている。台湾に別居中の夫、チェンユーティンがいる。
本宮(石橋蓮司)
刑事。1年前の死の予告電話の連鎖について、中村由美の訴えを聞き入れなかったことを引きずっている。単独で死の予告電話について探っている。孝子と情報交換をしながら杏子と尚人に協力する。

着信アリ2のネタバレあらすじ

映画『着信アリ2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

着信アリ2のあらすじ【起】

幼稚園の先生をしている杏子は、同僚のまどかに誘われて、杏子の彼氏の尚人がバイトしている中華料理屋へ行く。
そこの一人娘メイフォンが置き忘れた携帯電話に、電話がかかってくる。
父であり店長のワンは勝手に電話に出る。
その後、まどかの携帯に着信が。
知らない着メロに首をかしげていると、死の着メロにそっくりだという話になる。

ワンの姿が見当たらず、探していた尚人はワンの遺体を発見する。
本宮刑事は口の中に飴玉が無いか調べ、ワンが携帯電話を持っていなかった事を知る。

事情聴取を終え、警察署から出た尚人に野添孝子という女性が話しかけて来る。
死の着信の謎を追っている孝子は、これまでにあった事件と、原因となった水沼美々子の話をする。
次の犠牲者がまどかだとわかり、尚人は電話をかけるがつながらない。

その頃杏子は、自宅で休ませていたメイフォンの様子を、テレビ電話でまどかに報告していた。
まどかの背後に人影を見て、それが普通ではないと気付いた杏子は、急いでまどかの元へ向かう。

着信アリ2のあらすじ【承】

杏子はまどかの遺体を発見し、そこに尚人と孝子も駆けつける。
そして杏子の携帯に、死の着信と動画が。
杏子は口を縫われていた。

タイムリミットは3日後だった。

孝子は美々子の祖母に話を聞きに行く。
美々子は、レイプされてできた子供だった。
犯人は美々子の祖父チャン・ウェイに殺され、彼は出所後に地元の台湾に帰ったらしい。
孝子は、台湾にいる別居中の夫ユーティンに、チャン・ウェイの居場所を調べてほしいと頼む。

そして台湾では、美々子による死の予告電話事件が起こる前から、同様の事件が起こっていたとわかる。

ワンとまどかの死体の中からは、台湾の石炭が見つかっていた。
台湾に向かった孝子は、チャン・ウェイの遺体を発見する。
死の予告電話で殺されたチャンウェイの携帯のメモリーから選ばれたのが、美々子だった。

杏子と尚人は、助かる道を探すために台湾へ行く決意を固めた。
残された時間は1日。
孝子と合流し、遺体から検出された石炭の出所の炭鉱へ向かう3人。

着信アリ2のあらすじ【転】

途中、炭鉱があった廃村の生き残り、ガオに話を聞く孝子。

炭鉱の村にいた不気味な少女リー・リィは、死を予言した。
次々と死んでいく村人たち。
予言をさせないため、村人たちはリー・リィの口を縫い付け、坑道に閉じ込めたのだという。

ユーティンから孝子に、日本に帰ったのか確認する連絡が入る。
彼も死の予告電話を受けていて、タイムリミットは杏子の1時間前だった。

廃村につくが、坑道への入り口が見つからない。
孝子は、杏子と尚人と別れて入口を探す。

すると孝子に、死の予告電話が。
しかし相手は本宮刑事で、美々子の事件の犯人だった中村由美が遺体で発見されたという連絡だった。
美々子に憑依されたと思われていたが、自分から美々子に共鳴していた由美。
唐突に電話が切れ、少女の姿を目撃して気を失った孝子。
目覚めた孝子の腕時計は壊れていて、携帯で時間を確認するとユーティンのタイムリミットだった。

孝子の悲鳴を聞いた杏子と尚人。
別々に孝子を探し始めるが、杏子はリー・リィに襲われる。

着信アリ2のあらすじ【結】

自力で逃げ出した杏子は、尚人を探すうちに坑道への入り口を見つける。
そして杏子はリー・リィに捕まってしまう。

一方、ユーティンの部屋に行って無事を確認した孝子。

杏子を助け出した尚人。
坑道の上には電波塔があった。

しかしタイムリミットになり、杏子は再びリー・リィに捕まってしまう。
そこで杏子の携帯にかかってきた死の予告電話を取った尚人。
メイフォンの電話をワンが取って身代わりになったのを思い出し、尚人は杏子の身代わりになって死んだ。

病院に運ばれた杏子に付き添う孝子。
病院の外で本宮刑事に連絡しようとすると、留守電が入っていた。
1日前に本宮刑事が亡くなったという連絡で、最後に美々子が来ると言い残していた。

杏子の元に警察が来て、炭鉱で2人の遺体が発見されたのだという。

ユーティンの部屋に向かった孝子は、ユーティンの最期が記録されたビデオを見つける。
炭鉱で美々子の予告電話によって殺された孝子の霊が、ユーティンを殺していた。
孝子の口の中からは飴玉が出てきた。

Amazon 映画『着信アリ2』の商品を見てみる

関連作品

次作 着信アリFinal
前作 着信アリ