映画『茶の味』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「茶の味」のネタバレあらすじ結末

茶の味の概要:春野一には好きな女の子がいたのだが、話し掛ける前にその女の子が引っ越してしまう。一は自分の意気地のなさが情けなくなって落ち込んだ。だがそんなある日、一のクラスに転校生がやって来る。一はその転校生に一目惚れした。

茶の味の作品情報

茶の味

製作年:2003年
上映時間:143分
ジャンル:ファンタジー、コメディ、ヒューマンドラマ
監督:石井克人
キャスト:佐藤貴広、坂野真弥、浅野忠信、手塚理美 etc

茶の味の登場人物(キャスト)

春野幸子(坂野真弥)
一の妹。小学校低学年。巨大化した自分の姿が見えるのが悩み。誰にも相談できず、どうやったら巨大化した自分の姿が消えるのか常に考えている。
春野一(佐藤貴広)
話すことができないまま、片思いの相手が引っ越してしまい失恋する。内気な性格で、女の子と話すのが苦手。
春野アヤノ(浅野忠信)
幸子の叔父。幼い頃に幽霊を見たことがある。ミキサー(音楽)の仕事を行っている。
春野美子(手塚理美)
子育てがひと段落したため、アニメーターの仕事に復職する。祖父の轟木アキラが絵の師匠。
鈴石アオイ(土屋アンナ)
一のクラスにやって来た転校生。囲碁が好きで、囲碁部に入部する。前の学校でも囲碁部に入っていた。
春野ノブオ(三浦友和)
睡眠治療士。一の父親。妻の美子が復職することを応援しながらも、少しだけ寂しさを感じている。

茶の味のネタバレあらすじ

映画『茶の味』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

茶の味のあらすじ【起】

片思いの相手が転校してしまい、春野一は声すら掛けなかったことを後悔していた。どのみち一には告白する勇気はなかった。だが、自分でそんなことを思っていることも、一を落ち込ませる要因の一つだった。

一の妹の幸子は、ときどき巨大化した自分の姿が見えるのが悩みだった。一体いつになったら消えてくれるのか、幸子はそう考える度にアヤノ叔父さんの話を思い出していた。春野家の近くにある池は元々森で、呪いの森と呼ばれていた。そこには野生の鶏がおり、アヤノはよく卵を取りに行っていた。小学校5年生の頃、アヤノはトイレが我慢できなくなり、どこでしようか悩みながら森を彷徨い歩いていた。そんな時、土に隠された巨大な卵を発見する。アヤノは思わずその卵の上に、野グソをしてしまう。しばらくして、アヤノはなぜ卵を持って帰らなかったのか、自分で疑問に思い情けない気持ちが込み上げてきた。後日、その卵を探し歩いているとき、入れ墨だらけで血を流している男を発見する。それは、幽霊か何かのような感じだった。アヤノが学校で掃除していたり、家で勉強していたりすると、その男がじーっと見張ってくるようになった。しかも、その男の頭にはウンコが乗っていた。だがある日、逆上がりができるようになったときに、急に男が見えなくなった。

アヤノの小さい頃の話には、アヤノ自身が知らない話の続きがあった。アヤノが逆上がりをしていた頃、森の中で土に埋まった頭蓋骨が発見される。その頭蓋骨の上には、野グソがしてあった。刑事がその頭蓋骨のウンコを撤去したのと同じときに、アヤノが逆上がりに成功したのだ。そうして、アヤノを睨みつけていたヤクザの幽霊は成仏した。成仏するかどうか迷っていた幽霊を怒らせて、地上から離れる決意を持たせた点から見ると、アヤノの行いは評価されるべきものかもしれなかった。

茶の味のあらすじ【承】

片思いの相手が去ってから1か月後、一はとある2つの事件のせいで女性不審に陥りそうになっていた。1つ目「そば屋事件」。とあるカップルと相席になったのだが、彼氏が豊胸を勧め、彼女が渋っていた。彼女も乗り気になるが、手術を受ける前に母親を説得して欲しいと彼氏に頼んでいた。彼氏が嫌がると、彼女は鋭い目で睨みつけていた。2つ目「コンビニ事件」。彼女に殴られた男性客が、コンビニに現れる。一がその男性の顔を見ると、腫れ上がって酷い有り様だったのだ。だがその後、一はクラスに来た転校生(鈴石アオイ)に一目惚れしてしまう。

一はアオイが囲碁部に入る予定だと知り、喜びを爆発させた。一も家族と囲碁で遊んでいたのだ。だが、あまりにも嬉しすぎて、いつもは電車で帰る道を自転車で帰ってしまう。そのまま置いておくと明日の朝学校に行くとき大変なため、再び駅まで戻しに行った。すると、帰りが遅くなってしまい、電車の中で父とばったり会う。電車の中にはロボットの着ぐるみを着た2人組の男性が乗っていた。一がその男性達を見ていると、父に見るなと肩を押される。電車を降りると、ロボットの着ぐるみを着た2人組の男性は、別の男性に絡まれていた。だが、その絡んでいた男性(安田)は男達に捕まり、車に押し込められてどこかに連れ去られた。

アヤノは昔自分を振った、寺子アキラに会いに行った。アキラは突然のことに驚きを隠せなかった。アヤノは昔のことなど気にしてないだろうと自虐的に笑うが、アキラは振ったことをずっと気にしていた。何度もアヤノに連絡を取っていたが、繋がらなかったのだ。アヤノは何とか笑うと、唐突にアキラの結婚を祝福し握手を交わした。

茶の味のあらすじ【転】

ノブオの弟の轟木一騎がCDを出したいので、アヤノに頼んで欲しいと春野家に電話を掛けてきた。ノブオは漫画家である弟がなぜCDを出そうとしているのか意味が分からないのと、アヤノに迷惑をかけるのが嫌で、一騎に電話を掛けて叱り飛ばした。すると、一騎はふてくされ、兄貴には関係ないと反論した。一騎は自分の誕生日記念にCDを作ろうとしていた。一騎は兄と言い合いをしていても埒が明かないため、直接アヤノに電話を掛けて頼むことにした。しかし、アヤノに断られてしまう。一騎が拗ねていると、アシスタントからデモテープぐらいなら作れるので、それをアヤノに聞いてもらってミックスをしてもらうのはどうかと提案される。一騎は嬉しそうな声を上げた。

一は図書館で囲碁の本を借りることにした。すると、突然囲碁部に入らないかと誘われる。ちょうど今日担当の図書委員が、囲碁部の副部長だったのだ。一は戸惑うが、副部長から熱心に誘われる。その日の放課後、一は囲碁部に顔を出した。そこには、アオイの姿もあった。

幸子が1人で逆上がりの練習をしていると、土に埋まった人を発見する。幸子は急いでその場を離れた。2人組の男性が幸子の異変を察知し、土に埋まった人を確認しに行った。すると、安田が埋まっていた。安田は泣きながら助けてくれたお礼を言い、そのまま走ってどこかに行ってしまった。

アヤノは知り合いのディレクターと共にスタジオに入り、一騎から受け取ったデモテープをアレンジした。そして、歌詞とダンスをつけ、一騎とアシスタントと一の祖父のアキラの3人で歌いながら踊ってもらった。ディレクターはその曲をものすごく気に入り、自分に預けて欲しいと頼んだ。アヤノは思わず鼻で笑ってしまう。

茶の味のあらすじ【結】

一が部室に行くとアオイしかおらず、一局打とうと誘われる。一は緊張しながらアオイと対戦を行った。その時、アオイと打ちたかったことを話すと、アオイは嬉しそうに微笑んだ。その日の帰り、一はアオイを自分の傘に入れ、バス停まで送り届けた。そして、咄嗟にドアから傘を投げ入れ、アオイに渡した。一は雨に打たれてしまうが、アオイと話せたことが嬉しくて気にならなかった。幸せな気持ちで電車に乗っていると、父に声を掛けられる。一は浮かれすぎて、父がいつからいたのか全く分からなかった。

一の母の春野美子は、久しぶりにアニメーターとしての仕事を行った。監督の春日部達に見てもらうと好評で、次の仕事の依頼ももらう。美子はそのことを電話でノブオに報告した。ノブオは祝福するが、その表情は強張っていた。

アキラが亡くなってしまい、春野家は皆悲しみに暮れた。一達はアキラの部屋に入り、それぞれ物思いに耽った。すると、幸子が「美子」と書かれたスケッチブックを発見する。ページを捲ると、美子が自分に向かってくるときの様子を、パラパラ漫画にして描いてあった。他にも「ノブオ」と書かれたスケッチブックを発見する。ノブオが子供の頃かけっこをして転けている様子が、美子の物と同じようにパラパラ漫画で描いてあった。一の物は自転車で走っている様子で、幸子の物は逆上がりが成功しているところだった。一達は自分のパラパラ漫画を、何度も捲って眺めた。

幸子が逆上がりに成功すると、巨大な幸子は天に昇って消え、巨大なひまわりが咲き誇った。幸子はそのひまわりに飲み込まれてしまう。ひまわりは地球よりも大きく育つが、突然消滅し、幸子は無事に地上に着地した。

この記事をシェアする