映画『雨月物語』あらすじとネタバレ感想

雨月物語の概要:上田秋成原作の「雨月物語」から2作品のエッセンスを抽出して描いた時代劇ホラー。出演は、京マチ子、水戸光子、田中絹代、森雅之。「西鶴一代女」や「近松物語」の溝口健二監督作品。1953年日本映画。

雨月物語 あらすじ

雨月物語
映画『雨月物語』のあらすじを紹介します。

戦国時代。近江の国、琵琶湖の北岸の村。農民の源一郎(森雅之)は、農業と共に焼き物作りをしていた。町で焼き物を売っている間、客の1人から長浜が賑わっていると聞いた。
源十郎は、妻・宮木(田中絹代)と子供を残し、長浜へ向かう。侍になりたいという義弟の藤兵衛(小沢栄)も同行した。

源十郎の焼き物は、長浜で高く売れた。もっとお金が欲しいと懸命に働く。そんな様子を見て、妻・宮木は”家族3人で暮らせれば幸せなのに・・・”と呟く。
ある日、村を柴田勝家の残党が襲った。源十郎は、焼き物の窯に火を入れたところだった。このまま捕まれば、男は足軽として連行、女はどうなるのか?親子は長浜へ逃げるのだった。

逃げる途中で、源十郎は妻と子供と別れ、長浜へ向かう。長浜で焼き物を売っていると、若狭(京マチ子)という美しい女に声をかけられ、焼き物を持ってきてほしいと言われます。
若狭の住む、朽木屋敷で、豪華なもてなしを受けた源十郎は、若狭と恋仲になり、そのまま屋敷に居ついてしまう。

一方、妻・宮木と子供は柴田勝家の残党に見つかり、無残にも一撃で殺されてしまう。その頃、侍として手柄を立てた藤兵衛は、妻・阿浜(水戸光子)と再会。遊女となった妻を見て、懺悔するのだった。

源一郎は、ある日、町で会った神官から、”死相が見える”と告げられ驚く。朽木屋敷が、お化け屋敷と呼ばれ恐れられていることも知るのだった。若狭は幽霊らしい。神官のすすめで、呪文を体に書いてもらった。
若狭に会い、家に帰りたいと告げると、若狭の様子が変化した。そのうちに源十郎は気絶してしまう。

翌朝、源十郎が目覚めると、朽木屋敷はなく、ただ家の後が残っていた。全てを失い、やっとの思いで村に帰るが、妻・宮木の姿はなかった。しかし、源十郎は宮木の幻を見た。子供も無事であった。
妻・宮木の死を知り、過去を悔いて、源十郎は真面目に働きだした。

雨月物語 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1953年
  • 上映時間:97分
  • ジャンル:時代劇、ホラー、ラブストーリー
  • 監督:溝口健二
  • キャスト:京マチ子、水戸光子、田中絹代、森雅之 etc

雨月物語 ネタバレ批評

映画『雨月物語』について、感想批評です。※ネタバレあり

水墨画のように美しく、怖い映画!

誰もが幸せになりたい、お金持ちになりたいと考えます。だが、時にその欲が大きくなりすぎると大切なものを失うのです。男と女で、欲の捉え方が違うのも興味深い。初めて、この映画を観た時は子供だったので、京マチ子の顔が不気味で恐ろしかった。

幽霊が追いかけてくる!と思わず、叫んだことを記憶しています。大人になり再見して観ると、怖さもありますが、水墨画のように流れる美しさや戦国時代の混沌とした雰囲気に魅せられました。モノクロームだと、京マチ子の美しさと妖しい色気が際立ちます。

古い映画は嫌だと思っている方、ぜひ「雨月物語」をご覧下さい。前半の展開はやや冗長だが、主人公・源十郎が、若狭の亡霊に出会ってからが面白い!若狭の変貌も、メイクだけではなく音楽や美術で恐怖を足しているらしい。現代なら、3Dを使い、顔を浮かび上がらせるかもしれない。

後半の見どころは、源十郎が村に帰ってきたシーン。家に入るが妻の姿は見えない。少し、視線を広げると、妻が料理をしていた。という具合に、ワン・シーン、ワン・カットの長回しで撮られた場面に注目して下さい。源十郎は、妻・宮木の幻想を見ているのです!

日本はホラー映画大国だ!

日本のホラー映画ほど、ドキドキさせるものはない。「雨月物語」をはじめとして、たくさん作られてきた。最近では、「リング」(98)や「呪怨」(99)シリーズが大人気です。日本のホラーは、都市伝説や携帯電話、呪いなど身の回りにあるものを恐怖の入り口としています。

ホラーの魅力は、残酷なシーンではなく、呪いにあるような、人の奥底にある思いが歪んだ形として現れる瞬間にあるといえよう。

例えば、「リング」。呪いのビデオを1週間以内に見なければ死ぬと言う。ビデオには、井戸から這い上がってくる、黒髪の貞子の姿が!1つの都市伝説が伝染してゆくところに恐怖があった。
また観たいかと問われれば、もう観ないだろう。眠れなくなってしまうから。

雨月物語 感想まとめ

京都が好きで、よく旅行している友人が、曼殊院に行ったという。あの、有名な幽霊の掛け軸を見るためらしい。幽霊の掛け軸は2幅あって、1つは母親の幽霊と子供。もう1つは、幽霊がこちらをじっとみている絵だ。

見るだけなら、そんなに怖くないのだが、前に携帯電話に画像として残した人が数日経って気味が悪くなったという。それ以来、写真を撮ることは禁止されています。

恐怖がじんわりと襲う。そんな印象が「雨月物語」にもあります。1人は、男に憑りつこうとする女。もう1人は、優しく見守る女。欲を出しすぎず、身の丈にあった生活をしなさいと教えてくれます。

水墨画のように美しく怖い映画です。日本のホラー映画は素晴らしい!恐怖だけでなく、心に訴えかける美があります。ジャン=リュック・ゴダールも魅了した、「雨月物語」をご覧下さい。

Amazon 映画『雨月物語』の商品を見てみる