映画「海街diary」是枝裕和監督の最新作!美しい鎌倉を舞台にした家族の再生物語

海街diaryの概要:是枝裕和監督が、吉田秋生の原作を基に映画化した家族の再生物語。鎌倉の美しい自然と3姉妹の心の葛藤、異母妹すずの新しい生活を温かい家族の絆として描いた感動作。鎌倉の1年を追った撮影にも注目です。

海街diary みどころ

海街diary
映画『海街diary』の見どころを紹介します。

家族になる物語

吉田秋生原作の漫画を基に、是枝裕和監督が映画化した家族の物語です。前作「そして父になる」からの流れが途切れることなく続いています。原作のファンなので、欲をいえばもう少し俳優にこだわって欲しかったと思います。

気になったのは藤井朋章役なのですが、サァーフィンが趣味の男の子ですよ。「ラヴァーズ・キス」では、主人公の彼氏で、その物語ともリンク性があるのに全然違う印象になってしまいます。

さて、話の中心は香田家の3姉妹と、父親の葬儀で初めてあった異母妹・すずとの関係です。やがて、3姉妹の長女・幸の提案で一緒に鎌倉で住むことになります。3姉妹とすずがどう家族になっていくかが見どころです。

姉妹の感情の行方

長女・幸は看護師。勝手に家を出て、家族を捨てた父を許すことができないでいます。次女・佳乃は信用金庫に勤めているが、年下の彼氏に自分を偽って付き合っています。そして3女は父親の顔を覚えていないまま成長したという複雑な感情をそれぞれが持っています。

そのなかに異母妹・すずが突然入っていくわけですから大変です。この映画では、そんな姉妹の葛藤や仲良く食事をする日常が丁寧に描かれています。

是枝監督のドキュメンタリー的手法が生かされた作品といえるでしょう。

鎌倉という引力

吉田秋生原作の漫画「海街diary」は、鎌倉ではないと成立しない物語です。3姉妹の魅力はもちろんのこと、吉田秋生の鎌倉への熱い思いがあります。

江の島電鉄、長谷駅に極楽寺など鎌倉の名所を巡りながら、生活感や季節感を感じて下さい。また姉妹たちのセリフにも注目です。漫画を読みながら、セリフにじぃーんと熱くなり涙を流したこともあります。映画ではより心に迫る場面として記憶に残るでしょう。

なぜ、鎌倉にこんなにも惹かれるのだろう?自然が心を癒してくれるのかもしれません。

是枝監督の魅力

制作会社の社員から出発して、ドキュメンタリー的な手法が特徴です。前作の「そして父になる」よりも過去の作品がおすすめです。特に好きなのは、「ワンダフル・ライフ」(99)。

死者との対話がテーマで切なくも生への渇望が感じられる作品です。また社会問題を主題にした、「誰も知らない」(04)も人気があります。実際に起きた子供置き去り事件を基に、長い構想期間と1年をかけて子供たちを撮っています。

絶望的な話ですが、主演の子供たち、特に柳楽優弥の演技が素晴らしかったと思います。この映画でカンヌ国際映画主演男優賞をもらっています。

ラブストーリーとしての楽しみかた

家族の物語ではあるけれど、恋愛映画としても楽しめます。長女・幸の恋愛に注目して下さい。幸は、彼が結婚していることを知りながら、小児科医(堤真一)と付き合っています。

また後半で、幸の同僚のリハビリ医(鈴木亮平)ともいい雰囲気になります。どちらを選ぶのか?脇を固めている豪華な俳優にも注目ですよ。家族や恋愛の形は様々です。みんな幸せになってほしい。そう願わずにはおれません。

鎌倉が舞台ということで、音楽担当が誰になるのかいろいろ言われていたようです。音楽担当は菅野よう子です。アニメファンでなくても期待が膨らみます。

まとめ

吉田秋生の原作を基に描いた、家族の再生物語。父の葬式の日に初めて会った、異母妹・すず。勝手に出て行った父への確執を抱えながらも、3姉妹は異母妹・すずと鎌倉で暮らしはじめます。家族や恋に悩みながら、新しい家族になっていく過程や美しい鎌倉の自然描写など見どころが満載です。

脇を固める俳優たちにも注目して下さい。特に姉妹たちのセリフが素晴らしく、名言集を作りたいほどです。すずの言った言葉「かんたんに人のことかわいそうっていう人、すっごいムカっく!」や長女・幸の「どうしても途切れてしまう縁もあれば、思いがけず結ばれる縁もある。」などが強く残っています。

鎌倉の季節感や登場人物と共に生活感も感じて下さい。是枝裕和監督・脚本、綾瀬はるか、長澤まさみと人気女優が美人姉妹を演じる話題作を見逃さないで!

Amazon 映画『海街diary』の商品を見てみる