映画『海街diary』あらすじ・ネタバレ結末と感想

海街diaryの概要:2015年公開の日本映画。「そして父になる」の是枝監督の最新作で、キャスティングに綾瀬はるか、長澤まさみなど豪華所獣人が揃っていることでも話題。父が亡くなり異母姉妹4人、鎌倉で共同生活を送るヒューマンストーリー。

海街diary あらすじ

海街diary
映画『海街diary』のあらすじを紹介します。

その訃報は突然だった。
ある日他に女性を作り、三姉妹と妻を置いて家を出た父の死の知らせ。
看護師の仕事をしている長女の幸(綾瀬はるか)は夜勤のため、銀行勤めで男にのめり込む次女・佳(長澤まさみ)と地元のスポーツ用品店で働く三女のちかと山形で行われる葬儀まで出向くよう頼んだ。

山形に到着すると迎えに来てくれていた中学一年生の少女に会う。
彼女の名はスズと言い、三姉妹の父の2番目の妻の娘だった。
つまり三姉妹にとっては異母姉妹。
現在父には3番目の妻がいて、再婚の時義母に弟、父にスズという連れ子同士だった。
父が死んだ今、スズは血の繋がりも何も無い義母と義弟と暮らすことになる。
葬儀のあと見送ってくれたスズに幸は『自分達の住む鎌倉で一緒に暮らさないか』と言った。
三姉妹が乗った帰りの電車のドアが閉まりかけたそのとき、スズは『行く!』と言い電車を走って追いかけた。

スズが鎌倉に越してきた。
学校にも慣れ友人も出来、ドギマギしながらも姉たちとの暮らしを楽しめるようになってきた。
サッカークラブにも入り、自分の日常を取り戻し始める。

ある日、三姉妹の祖母の法要の日。
顔も見せず出ていった実母(大竹しのぶ)から連絡が入る。
北海道から法要に出席するというのだ。
久しぶりに再会した親子だったがしっかり者の幸と母は折り合いが悪かった。
さらにスズがそこにいるため、空気が悪くなる。
スズはこのことをきっかけとして、自分の居場所はここなのかと悩むようになった。

海街diary ネタバレ結末・ラスト

何となく過ごす日常の中、喧嘩をしたりもするが時に傷つけあいながらも幸はスズにここがあなたの居場所だと言う。
こうして季節が過ぎ、妻のいる男性と付き合っていた幸も別れを決め、姉妹4人はまた一緒に暮らしていこうと思っている。

近所の大好きな定食屋のおばさんも亡くなってしまった。
その葬儀の帰り道。
色々なことを巡らせながら穏やかに続いていくだろうこの日常の中で自分達の居場所や存在の意味に自信や不安をちらつかせながら鎌倉の海を四人で並んで眺めるのだった。

海街diary 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:128分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:是枝裕和
  • キャスト:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず etc

海街diary 批評・レビュー

映画『海街diary』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

是枝節全開の日常ドラマ

そして父になる』で一躍時の人となった是枝監督の最新作がこれだ。
異母姉妹を引き取った三姉妹と、その暮らしに慣れようとする妹のあくまでありそうな日常を感動的に綴ったストーリーである。
是枝監督の素晴らしいところは特別すぎる日常を描かないところにある。
あり得ない設定や無理な登場人物がいるわけではなく、ありそうな事件にありそうな家族とあくまで一般人が入り込みやすく、いつ自分がその立場に置かれてもおかしくないというような設定が多いのが特徴だ。
本作品はその代表作品ともいえるだろう。

女優の演技力が見事

出演女優を一言で語ると、「うますぎる」ということ。
誰をとってもナチュラルでわざとらしくなく、可愛くて人間臭い。
人は色々な側面があり、それが苦悩の原因でもあるしそれが人生の豊かさを築く秘密でもある。
映画から人の人生を立体的に見せるとは何と難しいことか。
この女優達だからここまでの奥行きを出せたに違いない。
まるで前から知っているような、これからもこの姉妹が本当に鎌倉で生きているようなそんな錯覚を覚える。

美しい鎌倉の四季

この映画の楽しみの一つに映像美が挙げられる。
鎌倉の四季を通した生活を撮っているため、紫陽花や桜、お寺など日本の美的センスのようなものを全面に押し出した画となっている。
穏やかながら、人の心は激しく流動的。
それなのに風景は変わらない、そんな対照的なものを撮影したのだろうか。

海街diary 感想まとめ

良い映画は2度と観たくないと思うことがある。
パワーを使い切ってしまうのだろうか、良すぎて疲れるのだ。
とりわけ是枝監督の作品はそう思うことが多い。
本作品も見終わったあと、深い感動と共に、もうみたくないと思った。
画面から鑑賞するだけではなく、人間の心を覗き見しているような気になる作品なのである。
どんな人でも色々な側面があり、捉え方や時期により見えかたは流動的なもの。
生や死、愛を通して描いた姉妹の生活は、決して自分達とかけ離れているわけではないのだ。
良すぎてお腹がいっぱいになった作品であった。

Amazon 映画『海街diary』の商品を見てみる